構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

The End of an Era

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/42470 ラジオ番組のまとめ。他にも興味深い記事が掲載されている、JBPress社のサイト。ご参考まで。

» 続きを読む

Kuroshio 127

真珠と硝石と富の源泉  フランシスコ・ザビエルが、真珠を求めて日本に来航したとの説について縷々書いたら、早速友人から貴重な情報提供があった。ザビエルの後継者らが大量のチリ硝石を持ち込み、戦国大名に火薬の原料として売りつけたのではないかという情報である。徳富蘇峰の「近世日本国民史」に色々書いてあり、硝石一樽と女三人が相場で取り引きされたことなど、とても正史には出てこない話があるとの情報だ。硫黄が火薬...

» 続きを読む

An Uprising

亀井静香先生が今回の総選挙で当選した。一揆だと、勝利の挨拶をした。 高橋清隆氏が選挙模様を現場から、ブログの記事にして報道した。新自由主義の政策と戦う希有な政治家の、選挙運動の山場における発言などを記録してブログにして、発信された優れたルポルタージュである。リンクをはるので、ご一読を勧める。 http://blog.livedoor.jp/donnjinngannbohnn/archives/18...

» 続きを読む

Book Review

亀井静香先生の新刊本の書評を高橋清隆氏が書いている。ご参考まで。 http://blog.livedoor.jp/donnjinngannbohnn/archives/1843807.html 05年に小泉政権が郵政民営化を打ち出して以来、グローバリズムとたった1人で全面交戦してきた男、亀井静香衆院議員。本書は、従米的政策によって自滅しつつある日本の惨状に我慢できず、「弟のようにかわいがってきた」...

» 続きを読む

Arrogance and Fury

越後の磐船近くに住む日頃は温厚篤実の畏友から、珍しい憤怒の便りが寄せられた。都会の親戚から新聞のコピーを送られ、それを読んで、「最近血圧の薬を飲むようになったので日ごろはあまり腹を立てないで暮らすように心がけているが、いささか腹の虫に障るところがありましたので文章にしておきました」とのことだ。郵政民営化の虚妄と奢りの本質を衝いている。ご参考まで。            「郵便局」  篠原三代平先生...

» 続きを読む

Kuroshio Culture and Tradition II

黒潮文明の旅をとぼとぼと続けている。67号から後をひとつのリストにしてみた。当方ブログのささやかな人生の探求である。ご一読を賜りたい。時々コメントなどを頂戴出来れば幸いである。90から96までは、タブノキにこだわりすぎたかも知れない。とうとうトルコのアンタルヤのタブノキまでを網羅することになった。いよいよ100号をこえて、南支那海を彷徨するはめになった。107回で与那国島を再訪して、いよいよスンダ...

» 続きを読む

Kuroshio 126

真珠と大航海時代  橋の欄干にかぶせた、両手を合わせたような形の部分を、擬(ぎ)宝(ぼ)珠(し)と言う。真珠の代用と思う。人柱を立てるまでもなく、祈りが籠もっていることを示して、大洪水にも橋桁が流れないようにとの意味だ。熊本市内の龍田山泰勝寺跡には細川氏初代藤孝とその妻麝香(じゃこう)、二代忠興とその妻玉子(たまこ)の霊廟があるが、玉子は明智光秀三女で、名前は明智珠。キリシタンとして有名であるが、...

» 続きを読む

Insider Transaction

評論家の副島隆彦氏の新刊書、「官製相場の暴落が始まる」(祥伝社、1600円+税)は、アベノミクスの株の高騰を、官製株バブルと呼んで、来年から崩れ始めると主張している。株価はいくらまで、いつまで上がり続けるのか、円・ドル相場、金価格、債券(金利)、不動産はこう動く、イエレンFRB議長「金融緩和をやめて金利を上げる」発言の真相、急激な円安は、「ゆうちょ」「かんぽ」の米国債買いから始まった、GPIFを使...

» 続きを読む

Kuroshio 125

「魏志倭人伝」には、倭国で真珠を産出したことが明記されている。邪馬台国の女王「卑弥呼」が使節を派遣して「親魏倭王」という称号をもらった際に、魏王は卑弥呼に対して朝貢の礼の品として、金印と紫綬の他に真珠五十斤等を下賜したと書いている。十一キロに相当するが、もともと大きな真珠は温かい海の産物であり、個数を数えないで重さで表現しているのは、川や湖沼の淡水に産する小粒のいわゆる芥子(けし)真珠だから、個数...

» 続きを読む

Gibrartar

大マスコミは、どうしたわけか報道もしないが、上場企業の株式が、外国人によ保有比率が、今年の3月末で、30.8%となり、従来持ち株比率が一番大きかった金融機関の26.7%を上回った。つまり、ニッポン株式会社の筆頭株主は、外国人となったのである。株主であるから、勿論経営に口を出してくることであるから、別の表現で言えば、少なくとも上場企業のなかには、外国人の資本家?によって支配されている会社が多数あるこ...

» 続きを読む

Unfair Tax

通信文化新報という週刊の専門紙に、春秋一話というコラムがある。今週は公正な税制とは何かと、議論をしている。郵政民営化が失政であったことは、明らかになりつつあるが、単なる税金の安易な取り立てや預金保険機構の赤字の穴埋めの魂胆があったりしたことが背景にあったのだとすると、それは醜い話になる。イコールフッティングなどと横文字を使っても、説得力はゼロである。徹底的に保護されていれば、外国でまともに研鑽を深...

» 続きを読む

Kuroshio 124

支那易姓革命と真珠争奪 易姓革命と真珠争奪  古事記の序文を書いた太安万侶の墓は昭和五四年の一月に発見されたが、木炭で囲われた檜の棺の中に、火葬された遺骨が入っていた。その中に真珠が四個混じっていて、しかもアコヤ貝真珠で、直径三ミリから、五・四ミリまでの丸い希少性が高いものであった。真珠に焼かれた痕はないので、火葬された遺骨に後で添えられたことが分かった。現在、橿原考古学研究所附属博物館に展示され...

» 続きを読む

Kuroshio 123

黒潮の力強さを体感した礼文島往還  礼文島を訪れた。羽田から飛行機で稚内に直行して市内で一泊して、早朝に連絡船に乗り込んだ。宗谷の名前のついた大型フェリーが三隻就航していて、一番の新造船でスタビライザーが装備された船に乗ったが、前日午前中の悪天候とは変わって海は穏やかで、予定の時間通りに香深港に接岸した。隣の利尻島には行った。日本に憧れて捕鯨船に乗り組んで、北米から渡ってきた青年が幕末の長崎で英語...

» 続きを読む

Kuroshio 122

災害避難所としての前方後円墳  前方後円墳の形は、入舟、出舟の形ではないかとの仮説を提出したが、大方の前方後円墳は豪族などの墓であることは確かであるが、殉死を伴っている古墳は皆無であるし、中には、墓ではない古墳もある。古墳の周囲に埋め込まれた埴輪なども、民衆を生き埋めにする代わりに埋め込まれたとの説があるが、それは誤りで、擬人化された焼き物の像は、死後の世界で土木大工事をした指導者としての豪族など...

» 続きを読む

Fabrication

Japan's pride should be restored. The fabrication by the Asahi newspaoer  is now reavealed Mainichi daily news reported today, a translation of original Japanese language Mainichi Shimbun. http://mainichi.jp/english/english/perspectives/news/20140911p2a00m0na013000c.html There are no signs of an end to criticism of the Asahi Shimbun daily's Aug. 5 and 6 assessments of its past coverage of the wartime "comfort women" issue and its follow-up story on Aug. 28. The core of the problem is testimony provided by the late Seiji Yoshida to the effect that he "hunted up" Korean women to make them serve as comfort women for Japanese soldiers during World War II. The Asahi said it retracted articles on Yoshida's testimony after concluding that it was a fabrication. His testimony has had immeasurable influence on South Korean and international public opinion. Confusion over the matter has made it difficult to resolve the comfort women issue that is closely related to the dignity of people and historical perceptions. It has also prevented the international community from understanding Japan's position. The testimony by Yoshida, who claimed that he had headed the mobilization section at the Shimonoseki branch of the Yamaguchi Prefectural Romu Hokokukai labor organization, which was in control of day laborers, was widely...

» 続きを読む

«An Assembly in Koriyama, Fukushima 

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

興味深いリンク