構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

Brave New Economy

竹中平蔵氏が果たした役割と新自由主義 ジャーナリストの佐々木実氏が講演  「月刊日本」主催によるジャーナリスト・佐々木実氏の講演会が7月4日、「竹中平蔵氏とは何者か」と題し、東京都千代田区の憲政記念館で開催された。 佐々木氏は、日本のエスタブリッシュメント(社会的に確立した制度や体制)が崩壊状態となった平成10年(1998)を日本経済のターニングポイントだったと指摘する。“ノーパンしゃぶしゃぶ接待...

» 続きを読む

Restoration

竹中平蔵氏が果たした役割と新自由主義 ジャーナリストの佐々木実氏が講演  「月刊日本」主催によるジャーナリスト・佐々木実氏の講演会が7月4日、「竹中平蔵氏とは何者か」と題し、東京都千代田区の憲政記念館で開催された。 佐々木氏は、日本のエスタブリッシュメント(社会的に確立した制度や体制)が崩壊状態となった平成10年(1998)を日本経済のターニングポイントだったと指摘する。“ノーパンしゃぶしゃぶ接待...

» 続きを読む

Yamashita's Ghost

» 続きを読む

Black Bondage

Facta(ファクタ)という、会員制の月刊雑誌がある。阿部重夫という元日本経済新聞の記者が編集長で、調査報道には定評がある雑誌になっている。9月号に、明治安田生命と日本郵政労組の「黒い絆」と題がつけられた一ページの記事が掲載されている。当方ブログとしては、真偽のほどを確かめようもないが、その要旨を紹介してご参考にしたい。記事の詳細にご関心の向きは、元の雑誌の原文にあたっていただきたい。 http:...

» 続きを読む

Kuroshio Culture and Tradition II

黒潮文明の旅をとぼとぼと続けている。67号から後をひとつのリストにしてみた。当方ブログのささやかな人生の探求である。ご一読を賜りたい。時々コメントなどを頂戴出来れば幸いである。90から96までは、タブノキにこだわりすぎたかも知れない。とうとうトルコのアンタルヤのタブノキまでを網羅することになった。いよいよ100号をこえて、南支那海を彷徨するはめになった。107回で与那国島を再訪して、いよいよスンダ...

» 続きを読む

History and Rule of Law

清瀬一郎は、東京裁判の弁護団副団長であり、日本のヒトラーと目された東条英機の主任弁護人を務めた人物である。清瀬は明治十七年、姫路の北方の夢前町杉之内に生まれている。司法省に入ったが、官職を辞し弁護士となり、ドイツに留学し、特許法の専門家として、また、思想事件の刑事弁護士として活躍し、大正九年に衆議院議員に当選している。戦後一度落選したが、その死に至るまで議員活動を続けている。 東京軍事裁判について...

» 続きを読む

Kuroshio 120

占領軍は直ちに、地質調査に関する資料を押収している。昭和一二年七月の盧溝橋事件を契機とする日華事変以降。支那大陸で泥沼に陥って日本は隘路・限界に至った。四年半の戦闘で一〇〇万を超える人的被害を出す大戦争となった。国家予算の過半を戦費が占めるようになり、蒋介石政権の補給路を遮断すべく南進して、英蘭などと戦火を交えることになった。昭和一五年九月の「仏印進駐を実行しても米国は石油禁輸を実施しない」という...

» 続きを読む

Robbed away

2009年8月27日付けの朝日新聞の東京本社版の朝刊5ページに、下記の様な趣旨の記事が掲載されていた。かんぽの宿、議論聞こえず、寂しい総選挙、という見出しをつけたコラムである。コラムは、政策ウォッチというコラムで、署名記事である。       「簡易生命保険の契約が4500万件にのぼる。総選挙でかんぽの宿の問題は議論になっていないので寂しいと指摘して、鳩山邦夫衆議院議...

» 続きを読む

Population

経済財政諮問会議が六月末にまとめた、いわゆる骨太の方針の中身である、人口減少に対する対応は、全くの的外れの議論をしているように見える。 日本の出生率は、1.41であるから、これからかなりの人口減になることは確実であるから、それに対応する社会づくりを目指すことは当然にしていも、経済財政諮問会議の処方箋は、市場原理主義に基づいた議論であり、現実に必ずおこる人口減少社会を、惨憺たるものにする可能性がある...

» 続きを読む

Biratelral Relations and true friendship

東京の私鉄東横線に張り紙がされている。東急電鉄が、ソウルの市内の鉄道との友好関係があるらしく、この広告を背景にして撮影した写真を持っていけば、ICカードで、5000ウォンがはいったプレペイドカードをプレゼントすると書いている。さて、日韓関係の現状はそんなのんきな状況にあるとは思えない。大統領が名指しで日本を悪し様にいい、諸外国で、日本を悪者にする、しかも根拠のない政治宣伝を繰り広げているさなかであ...

» 続きを読む

Governor of Tokyo

7月30日午後2時から、東京有楽町の電気ビルにある外国特派員協会、いわゆる外人記者クラブで、舛添東京都知事の記者会見があった。舛添氏によれば、外人記者クラブで記者会見を行うのは三回目とのこと。都知事選挙の時の会見が、至近の会見だった由。都知事就任後に、あちらこちらを視察して回ったことなどを、Seeing is believing と披露して、行政をハイギアに入れて、迅速にアグレッシブに進めているな...

» 続きを読む

For readers sake

今週の平日の夕方に、当ブログを日頃から読んで頂いている尊敬する先輩から、ブログを書く回数が減っているが、体調でも悪いのかとおしかりを受けた。 実はそうではなく、他にフェイスブックのおもしろさがあって、そちらの方に大量の記事をかくので、このブログには、書くための時間が配分されず、たしょうおろそかにしていたことに気がついた。フェイスブックには、個人の要素が加味されてはいるが、その背後はよくわからない世...

» 続きを読む

Trap of TPP

一冊の新書を、今村洋史衆議院議員から頂戴した。TPPの罠と言う題で、幻冬舎から去年出版したという。どうせ、政治家本でくだらない、生煮えのような無いようかと思ったらさにあらず、よく勉強して周辺の状況も把握して,分かりやすくまとめた好著であった。本当に,日本には、回想録を書けるような政治家は、指を数えるほどしかいないのであるが、もしかしたらこの政治家は、大成するので波無いかと期待を持ったところである。...

» 続きを読む

Fake? Scholar? or Politician? Then What?

竹中平蔵とはなにものか。 http://wpb.shueisha.co.jp/2014/07/29/33265/ http://wpb.shueisha.co.jp/2014/07/29/33265/2 http://wpb.shueisha.co.jp/2014/07/29/33265/3/ http://wpb.shueisha.co.jp/2014/07/29/33265/4/

» 続きを読む

Clear Danger

強欲資本主義を実践する竹中平蔵。講演料は最低100万円を要求。 (『週刊文春』7月31日号、記事は冒頭のみ)

» 続きを読む

«Longetivity

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

興味深いリンク