構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Interview | トップページ | Call to End、he is sorry »

Call to End 2

http://cornellalumnimagazine.com/Archive/2004Julaug/features/Feature.html#top

世銀総裁のウォルフォビッツ氏は、コーネル大学の出身である。大学新聞が、掲載している学生時代や、家族関係について記述している記事。(但し、英文、参考まで)

愛人関係にあった職員は、未来財団と言う、中東がらみの外交支援のための、財団のカネと関係があるとの報道である。幸いなことに、その財団は、どうにも日本とは関係が無く、まあ、お呼びでないというのが実態だろうが、拠出金は日本からはないようだ。EUなどは百万ユーロを出している。国務省の役人が、その財団の住所を知らなかった話は傑作だ。

|

« Interview | トップページ | Call to End、he is sorry »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/14794436

この記事へのトラックバック一覧です: Call to End 2:

« Interview | トップページ | Call to End、he is sorry »