構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Hot war in Asia not cold | トップページ | Expectations from rest of the world »

Postmasters are leaving their offices in dismay

全国の小さな郵便局長がどんどん辞めている。マスコミは報道していない。
その昔、ヒトラーが、ポーランドにガス室をつくり、虐殺を行ったときも、
報道は無かった。知っている人は知っていた。法王庁なども、アメリカも知っていたが、
法王庁は声明を出さず、アメリカは収容所を空爆することもしなかった。だから、まだ、
建物が残ったのである。地方切捨て。切捨てを感受してはならない。希望を失わせてはならない。

As an aftermath of the compelled privitization of postal services in Japan, a lot of postmasters in the localities are leaving their offices in dismay.
The Holy see during the wartime did not exp;licitly protested the massacre happening in Poland. The allies did not air raid the concentratiojn camps even though they were aware of the movement of the atrocities in Poland.

The fake privitization of the postal services compelled by the American business interests are bringing the devasted localities in this beautiful country.

Japan is now well decorated by the blooms of cherry blossoms but in the countryside
there are tears of sorrows imposed by the unfair global economic fundamentalista.

|

« Hot war in Asia not cold | トップページ | Expectations from rest of the world »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/14488933

この記事へのトラックバック一覧です: Postmasters are leaving their offices in dismay:

« Hot war in Asia not cold | トップページ | Expectations from rest of the world »