構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Productivity | トップページ | Disown War »

Innovation

日本は、最もイノベーションが進んだ国であることは間違いない。労働者自体が自分の仕事を何とか改善しようという意欲が一番ある。アメリカの下層の労働者などには申そう言う意欲すらないものが多い。特許の数などは、アメリカの3.5倍だ。情報通信のインフラなども、イノベーションをあげるのに役立つ。社会に経済格差が小さいのもイノベーションをあげるのに役立つ。例えば、その昔、開発途上国から日本に研修生が来て勉強したが、その研修生は自国に帰ってからは、決して日本で習ったことを隣の同僚に教えようとはしないようなものが多かった。勿論国柄にもよるが、日本は、平等志向の国であるから、外国帰りなどは洋行したとして、その成果は、どんどん普及させることのほうが美徳であった。知識を一人のものにしておくことはいけないという考え方のほうが日本人である。それにつけても、社会経済格差をどんどん大きくしながら、イノベーションを叫ぶ政府のおかしさはどうしたものか。

|

« Productivity | トップページ | Disown War »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/15195323

この記事へのトラックバック一覧です: Innovation:

« Productivity | トップページ | Disown War »