構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Kosovo 2 | トップページ | Fake Privitization »

Public Diplomacy

アメリカの外交政策は、微妙に変化しつつある。情報通信の革命があり、外交関係に関するウィーン条約が想定した事態を超える現実が発生している。

その対応策についての優れた議論が発表されている。論文は、ネットで入手できるので、参考までに、そのリンクを紹介する。

http://www.clingendael.nl/publications/2006/20060900_cdsp_paper_dip_c.pdf

http://docserver.ingentaconnect.com/deliver/connect/mnp/18711901/v1n1/s2.pdf?expires=1179327708&id=37572260&titleid=75000389&accname=Guest+User&checksum=405AFA7F335D4230841DBCB447B877DD

第二の論文では、外圧外交についても触れられている。

はじめの論文は、いわゆるパブリックディプロマシーが、どのような概念であるかを考えるためには、最近の事例も踏まえた良い教科書となっている。

|

« Kosovo 2 | トップページ | Fake Privitization »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/15097458

この記事へのトラックバック一覧です: Public Diplomacy:

« Kosovo 2 | トップページ | Fake Privitization »