構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Tokyo Central Post Office | トップページ | Disposable Japan »

Witch

魔女の宅急便と言う映画があった。キキというかわいい女の子が魔女で、もう筋書きは、忘れたが、いい映画だった。電通が制作したコマーシャルで、一歩前へ、などのキャッチフレーズが聞いたし、尾道の坂のある町を背景にして、宅配便の配達員が汗を拭き吹き小荷物の集配に駆け回る姿もよかった。その映画は、くろねことキキの物語であるが、くろねこは、勿論宅急便の会社のやまとのシンボルマークで、映画のスポンサーでもあった。

ヤマトホールディングスは、2007年三月期の業績を発表しているが、前期比約3%の減益である。宅急便が開始されたのは、76年でもう三十年以上の昔の話とはなったが、その宅配便事業への進出は、トラックの路線事業が頭打ちになったことを受けて進出したものであるが、国内宅配便市場が頭打ちになったことを意味するものである。

郵政民営化の議論の過程で、ヤマト、くろねこは、郵便局を激しく批判した。全国市場で、信書便にも進出することをほのめかしたが、実際には進出しなかった。メール便とかいう信書便法に抵触するかぎりぎりのところでのサービスが行われているが、ユニバーサルサービスの分野に入ると、勿論不採算のサービスも求められるところから、都市中心の現行のままでの継続が有利と判断するのは経営上当然のことであった。郵政公社が発足してから、コンビニと、ヤマトとの間には、独占的な契約があったことも明るみに出た。コンビには、ヤマトとの契約がある限り郵便小包は取り扱わないと言う契約である。裁判が出され、郵政公社が勝訴して、ローソンなどのコンビ二は、いっせいに郵便小包ーユーパックの取次ぎ所に転換した。それまでもいわれていたことであるが、サービスの品質は甲乙つけがたく、郵便小包は、かえって、離島や僻地では有利に展開していたとされる。大雪が降ると、クロネコ雅郵便局に配達を頼んだこともしばしばであったが、その宣伝力とイメージで、郵便局側は、泣き寝入りをさせられていたようである。もちろん、ゴルフ宅急便やその他色々なサービスを導入して、企業物流には、圧倒的な力を持ち、最近では日本郵船との資本・業務提携などにも踏み切っている。

ヤマトの人件費の増加があるという。デフレの経済の下では、労働賃金の引き下げがあったから、その効果があったが、今では、メール便のドライバー集めに苦労している模様である。

郵政民営化の議論があり、刺客選挙が行われ、この10月には郵政公社が民営化するという。しかし、本質は、くろねこのクリームスキミングのサービスを見直すことが必要である、言い過ぎになるかもしれないが、外形的には、信書なのかどうか分かりもしない信書便法を改正して、先進国並みの、重さ、サイズ、料金の要素で、規制していくことのほうが公平な政策ではなかっただろうか。日本の郵便市場、あるいは、小荷物の市場は、過当競争になってはいないだろうか。ある特定の市場はやすく、別の場所では高くなる傾向がないだろうか。今でも、「離島、沖縄を除く」と言う料金体系がおおぴらに宅配企業で使われているがそんなことが許されていいのだろうか。

民間宅配市場は転機を迎えて、雇用問題が好転すると人集めに最も苦しむのが、郵便や物流の業界である。少子化、給与のアップ、人材確保などで、適正な「改革」を迫るべきは、民会宅配業界を対象とすべきであったが、小泉内閣はその矛先を郵政公社に向けた。もともと、宅配業界ではなく、ゆうちょと簡保の国民資産をハゲタカに売り渡す、そこまで行かなくても資金源として提供することが目的だったのではないかとの邪推もあるが。

市場は、明らかに、宅配市場の正常化と、具体的な改革の成果を要求している。思い出してほしい。一昨年、郵政民営化の法案が参議院で否決されたときに、株価は反転したのだ。市場原理主義(本当は市場に会わない考えだが)が、否定されたときに、市場はそれを歓迎したことを。ヤマトの株価は4月に入り、急落。その後も軟調である。

夏の参議院選挙では、郵政民営化法を見直すことを本丸とする必要がある。ゆがんだ誤った物流の政策で、宅配業を脱却して、物量に投資をして、宅配依存から脱却することが困難になっている。小泉・竹中政治は、郵政会社に国際物流をになわせたかったようであるが、オランダとの提携話も雲散霧消した。夏の参議院選挙では、物流業界も参戦して、誤った郵政政策を修正させるべく、郵政民営化法を修正させる状況に持ち込まなければならない。宅配市場の「改革」を具体化して成果を出さなければならない。小手先の人件費削減ばかりが長く続く時代は終わったようだ。

|

« Tokyo Central Post Office | トップページ | Disposable Japan »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/14971237

この記事へのトラックバック一覧です: Witch:

« Tokyo Central Post Office | トップページ | Disposable Japan »