構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Tacit Diplomacy | トップページ | Lanterns »

Call to End 8

6月4日のインターナショナルヘラルドトリビューン紙は、世界銀行元総裁のジェームス・ウォルフェンソン氏の論文を掲載した。グローバリゼーションの問題点についての高級である興味深いので、その論点を紹介したい。

サミットが今週開かれるが、アフリカ救済と開発途上国問題を討議するが、新しいビジョンが提示されなければ、世界的なシステムの現実に対応する解決策が生まれることはない。

世界は転換期になる。経済成長があっても、グローバリゼーションに対する見方は分裂している。貧困を除去してなお繁栄を推進するほどの経済があったとしても、持たざるものともつものとの対立は解消しない。G-8と世界を管理する金融機関が実効ある政策を採らない限りは。

南と北の問題でもない。東西問題でもない。自動車のギアのように、4段階があるように思う。第一は、マリかとヨーロッパ。世界の2割の人口で、8割の世界の所得を維持している。しかし、開発途上国側からの世界支配に対する反発がある。

第二のグループは、インドや中国のような年間7%台の成長を維持する30カ国程度の開発途上国である。

第三のグループは、50カ国程度で、中産階級のある国造りをしたが、景気低迷、後退にも直面している国々である。ラテンアメリカから中東に展開する。世界人口の5分の一がこの国々に住んでいる。

第四のグループが最貧国である。サハラ以南の国々が典型である。10億の人口がある。気候変動、天然資源の価格変動の直撃を受ける。

今後50年で、60億の人口が90億に成る。第一のグループでは5千万の増加にとどまる。欧米中心の世界観を代えなければ変化する情勢に対応できない。

今回のサミットでは五カ国がサミットに招待されている。アフリカからも6カ国。インド、中国、ブラジルなども、G-8に正式に参加させるべきであろう。

世界銀行の役割は強化すべきであるが、投票権を増加させなければならない。

アフリカを救済せよとの声が高いが、現実は、アフリカへの援助額は減っている。一人当たり80年には49ドルの数字は、2005年には38ドルに減っている。援助は、犠牲だとか温情で考えてはならず、平和と安定のための投資と考えるべきである。

世界銀行の役割は強化しなければならない。

従って、サミットが成功したかどうかを判定するのは、アフリカ対策がどうなったとか、国境を越えるヘッジファンドの規制がどうなったかで判断するのではなく、世界が4つのグループに分かれてしまっていることを当然視しないように、世界の指導者が新しい道と方向を指し示すことができるかによって定まる。

|

« Tacit Diplomacy | トップページ | Lanterns »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/15345435

この記事へのトラックバック一覧です: Call to End 8:

« Tacit Diplomacy | トップページ | Lanterns »