構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« National Debt | トップページ | Fake Privitization 6 »

Fake Privitization 5

数日前に書いたが、西川郵政公社総裁の社外重役問題について、後で、ちょっと変だと思った。今は続けて、10月に辞めるとのことだが、今は、国家公務員である総裁だから問題になっているのである。10月からは社長で、特段の規制がなければ自由である。だから、今、兼職を止めたほうがいいのではないか、そんなに暇なのかというのが、国家公務員法からくる疑義である。今、私物化を一生懸命して、それが10月以降はもうやることもないから止めると言う皮肉に聞こえる話である。TBSの社外重役など、楽天と東京放送の大戦争もあることだし、公的な立場の総裁が加わるべき話ではない。やはり、即辞任すべき話だろう。郵政会社の社長が、公社の総裁と兼務するという、国家公務員が会社の重役と兼務する話がそもそもおかしいのであるが、茶番といえば茶番である。法の支配とか、コンプライアンスとか、ガバナンスとか、口で行っているだけの話でしかないのかもしれない。森鴎外の最後の一句の捨て台詞、どうせお上のすることに間違いはありますまいから、を思い出させる。

|

« National Debt | トップページ | Fake Privitization 6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/15600675

この記事へのトラックバック一覧です: Fake Privitization 5:

« National Debt | トップページ | Fake Privitization 6 »