構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Lanterns 2 | トップページ | Taiwan »

Governor

そのまんま東氏が、宮崎県知事選挙に当選して、就任後4ヶ月、県議会がこの金曜日からはじまっている。予算については、補正予算であり、新しい知事としての政策を具体化するために、「肉付け予算」と呼ぶ新たな事業の予算を加えている。6月1日に発表している。

http://www.janjan.jp/column/0706/0706036589/1.php

県政報告の中で、新宮崎創造計画と名づけた県政運営の指針を作り、県民総力戦で勧める新しい基本目標を、「日本の原点、時代の起点、創造みやざき」としている。伝統文化、日本の原点、宮崎から日本を買える、宮崎が大きな変革が求められている時代の起点となるとの、決意を込めているという。

「宮崎が全国的に注目を集める中、この勢いを持続していくため、私が先頭にたって、物産や観光をはじめとする宮崎の魅力をPRするとともに、県外の人的ネットワークを再構築し、より効果的、効率的な本県のPRを行ってまいります。」空港にも、写真入で、ポスターが出ていたし、東京の鶏料理店にも大きなポスターが貼られ、宣伝力抜群である。しかし、そうした人気はすぐ色あせてしまう。従来からのしがらみのないことが、当選の大きな要素であったから、知事の自由度は高いから、リーダーシップを遺憾なく発揮できる。

補正予算額は、やはり、ささやかなものであるが、小粒でもきりりとすれば、呼び水にはなる。全国で注視している県議会であり、県知事である。。

東国原知事の外国特派員教会で講演についてのリンクは次のとおりです。http://www.fccj.or.jp/node/2017

公演内容については、動画でも公開されている。

Hideo Higashikokubaru's election in January as governor of Miyazaki prefecture is no laughing matter for either the ruling party or (depending on how well he manages the government) the residents of Miyazaki prefecture.

Higashikokubaru easily beat candidate backed by the Liberal Democratic Party, sending a strong signal that voters are unhappy with "politics as usual." Former director general fo the Forestry Agency run for the post to fill the gap, but Higashikokubaru beat the candidate. The ruling parties backed candidate was only the third vote getter.

That could be a major problem ahead of nationwide local elections in April and an upper house voting next month.

The new governor, who ran under his actor name, Sonomanma Higashi, faces myriad issues, ranging from a recent outbreak of bird flu to severe financial problems, as the central government cuts back on subsidies.

During the campaign, Higashikokubaru, 49, received praise for his stump speeches, including a call to overhaul bidding procedures for public works after his predecessor was indicted on bid-rigging charges. Belying his comedian backgrounds, he also appeared to try to avoid smiling for TV cameras, instead offering a seriousface while refusing to allow fellow entertainers to campaign for him.

In his first weeks in office, he has tried to bring a breath of fresh air to a prefecture known as the Kingdom of Conservatism, including initially refusing to live in the lavish governor's mansion and offering a defeated rival the deputy governor's post. He has since had to back down on these and other issues. He has to prove himself whtehr his successful election was only a result of TV politics or stage politics of popular fanatism.

|

« Lanterns 2 | トップページ | Taiwan »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/15379142

この記事へのトラックバック一覧です: Governor:

« Lanterns 2 | トップページ | Taiwan »