構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Aizu Shrine | トップページ | Fake Privitization 32 »

Shrink

株価のピークは、96年6月26日の2万2666円だった。橋本政権は、消費税の2%引き上げを閣議決定して、構造改革の名の下に、増税路線を示した瞬間に、株価の下落が始まった。その後、小渕政権が登場するまで、下落をつづけた。小渕政権は橋本政権の経済政策を180どてんかんするものであったし、60兆円の金融安定化の為の公的資金を確保して、24兆円の景気対策を行った。しかし、小渕総理が倒れ、道半ばと成った。森政権は元の緊縮政策に戻った。日銀はデフレ下での金利引き上げという間違ったこともやった。小泉政権の時の株の暴落は9000円台にも落ち込んだ。構造改革路線は実は改悪路線でしかなく、景気悪化を意図的に推進したわけである。マスコミも本当に的外れの報道ばかりであった。

|

« Aizu Shrine | トップページ | Fake Privitization 32 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/15565413

この記事へのトラックバック一覧です: Shrink:

« Aizu Shrine | トップページ | Fake Privitization 32 »