構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Castle in the sky | トップページ | Pension »

Freedom of Information

個人情報保護法をめぐる議論が続いている。2005年4月の個人情報保護法の前面施行後に起こった混乱と、情報保護の名を借りた意図的な不祥事隠しは、むしろ情報の不自由を守るためではないかと皮肉られる始末であった。同窓会の名簿が作られなくなるとか、公人と私人とを区別せず、政治家や一部の経済人などの、隠れ蓑に使われたことが指摘されている。

個人情報保護法とは、制度的な欠陥を含む法律となったのではないか。むしろ、社会の団結、社会の円滑なコミュニケーションを阻害して、国民の分断を図ったことになったのではないだろうか。

個人情報の定義がひろく、それに対する行政の権限が大きくかぶさった法律で、自由度が高めるのではなく、むしろ個人の規制を強化することが問題である。この数年の運用で問題点が明らかになった以上、法改正を行うことが必要であろう。

|

« Castle in the sky | トップページ | Pension »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/15747212

この記事へのトラックバック一覧です: Freedom of Information:

« Castle in the sky | トップページ | Pension »