構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Perfect waterproof | トップページ | Resignation »

Genocide

原子爆弾投下に関するコメントで、防衛庁長官が辞任した。この件について葉色々なコメントが出ているが、東京大空襲も思い出されて良い。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E5%A4%A7%E7%A9%BA%E8%A5%B2

ルメイ将軍に勲章を授与したことは、いまだに議論が続いている。

http://en.wikipedia.org/wiki/Curtis_LeMay

この英文の記事では、日本国の勲章授与のときに天皇陛下は親授しなかったと書いてある。(さて、それでは、誰が実質的に推薦したのか、防衛庁長官は誰だったのかをも良く考えてみたい。良く、爆撃して石器時代にしてやるぞというのが、彼の国の脅し文句で、最近は、パキスタンのムシャラフ大統領に対して、使ったとのことで話題になったが、ルメイ将軍は、北ベトナムの爆撃についても、石器時代なる言葉を使っていたらしい。)

ワシントンポストに、桜井よし子氏等が、慰安婦の問題で新聞広告を出したが、これを見て副大統領がいかったという話がある。そうであれば効果的だったということだ。徹底的に反論しなければ、納得しないのが、彼我がの違いだ。沈黙は金ではなく、単なる同意としか思わない文化だ。仕方がないとの発言は、常任理事国になるとかならないとかの議論をも完全に飛ばしてしまう発言だった。東京裁判から、その前の時代についての議論など、単なる屈従の発言だった。ポーランドのカチンの森のことや、戦勝国だからといって、文明社会の法規反に反してもいいと言うことにはならないから、いい続けることが必要である。そんな国が、腰砕けの国が、連合国の仲間に入れてくれるわけがない。国際連合といっても、旧敵国条項は残ったままだし、日本が削除要求を出した話も知らない。現に原子爆弾の問題では、アメリカ政府の高官が、旧来の理屈を発言しているが、日本政府が抗議した話も聞かない。違う見方と意見があると一言公式に発言するだけの話だ。情けない国になってしまった。

|

« Perfect waterproof | トップページ | Resignation »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/15690401

この記事へのトラックバック一覧です: Genocide:

« Perfect waterproof | トップページ | Resignation »