構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Genocide 2 | トップページ | Canal »

Yen

円安が進んでいる。明らかに異常であるが、国内ではそれほど話題にならない。海外旅行で、高くなったことは実感できるし、海外駐在の人にとっては、縁で給料を貰っているのであれば、生活を直撃する。タダ、旅行はやめればいいのだし、海外生活者などは人口比からすれば小さなものだから、政治の対象にはならない。数字は、確かにプラザ合意以前の円安である。日本の金利は低い状態が続いているが、本来は円高に動いて調整されてきたが、それが働くなったようである。世界から円に投資が向かないどころか、日本から円が流出している。輸出企業にとっては円安は、大いに結構であるかもしれないが、本当はそれだけでは、いけない。超金融緩和で生き延びた、銀行やその他の重厚重大産業の輸出型ばかりが生き残るのでは、まずい。それに、資源高に円安が重なれば、どんどん買えた石油も高くなる。外国製の品も、ワインも飲めなくなる。資源がない国である日本は高い買い物をしなければならなくということである。独自の製品があって、資源の高等をテントツできるのであればいいが、中国や韓国で作れるものであれば、いずれは負けてします。物価が上がってインフレになる恐れもある。

それに、政府がドル建て試算に偏っているという基本的な問題がある。円安で、一息ついたと思っている、政府関係者がいるかもしれないと想像するのは怖いことである。要すれば、円安は、日本の国力が下がっているのだ。

円を日本国内で、美しい日本を作るためには使わず、他の国の赤字を埋めたり、他の国の住宅財源に使われているのはおかしなことだ。円がどんどん価値を失わせていくのはそろそろ歯止めをかけるべき時期だと思う。外国に資金が流れ、自分の国の通貨を信頼しない自体とは、日本政府と日本銀行に対する信頼が崩れていっているということだ。日本銀行のオービーと先日話したが、世界の混乱要素になる恐れがあるので、注意深くその構造を変えていったほうがいいという意見を聞いたが、なおざりにされたままだ。選挙の争点にもなっていいのだが、ならない。小泉・竹中政治の構造改革論は、全くの事実に反する、本当の守旧の論理であったように思う。国民が豊かになることを忘れた議論で、一部の産業だけを守る発想であったことが、最近の円安に現れてしまったように思う。

|

« Genocide 2 | トップページ | Canal »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/15714531

この記事へのトラックバック一覧です: Yen:

« Genocide 2 | トップページ | Canal »