構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Alliance | トップページ | Alliance 2 »

Conflict of Interests

 [東京 6日 ロイター] 金融庁の佐藤隆文長官は6日の定例会見で、10月1日から日本郵政公社の郵便貯金業務を引き継ぐ「ゆうちょ銀行」の副社長に金融庁出身の米沢友宏氏が内定したことについて、「金融庁に在籍していた者の有無にかかわらず、他の民間金融機関と同様の目線で厳正かつ適確な検査・監督に努めたい」と述べた。

 10月の郵政の分割・民営化後には、金融庁がゆうちょ銀行の監督官庁となる。ゆうちょ銀行の社長には、元金融庁長官の高木祥吉氏がすでに内定しており、社長と副社長に金融庁OBが就くことになる。

ーーとのロイター通信の報道である。社長と副社長に金融庁OBがつくと言う不正?である。全体の人事案に問題がある。住友銀行系の人脈、外資コンサルの人脈、トヨタ系の人脈、保険会社の人脈、が微妙に重なって、その背後に国益を失いかねない、金融と非金融の分離の本質が透けて見える。郵政民営化は、凍結すべきである。この国の精神の廉潔が危なくなった。異常事態である。9月末までに事態を動かさなければならない。国会を動かせ、動け。

|

« Alliance | トップページ | Alliance 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/16045529

この記事へのトラックバック一覧です: Conflict of Interests:

« Alliance | トップページ | Alliance 2 »