構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Legend of Tono | トップページ | Sumo Wrestler »

Propaganda

日米関係が微妙に揺れている。最近、とあるアメリカ人の知日派の人に聞いた話であるが、怖い思いをした話である。例の慰安婦問題について、米国下院が「従軍」慰安婦問題を取り上げて決議案を出したことに関係することだが、櫻井よしこ氏や、産経新聞の古森記者などの日本の国内で出版した記事を、英訳して米国内の関係者に、国務省からわざわざ送付してきたとのことだ。日本の右翼だと見做さんばかりの情報連絡だったと言う。在京のアメリカ大使館には、日本の雑誌や、地方新聞に至るまで、めぼしい記事を翻訳する部門があり、その記事は、速報されて、国内の大学や研究所や、あるいは、オピニオンリーダーに配布されるが、この慰安婦の問題については、日ごろ情報がもらえない学者や関係者にも配布されたとのことである。櫻井氏と古森記者と言えば、日本の国内ではむしろ親米の人とみなされれている人々であるが、そうした人々の意見を、反米の言論人として、国務省がみなした形跡がある。その関係者によれば、慰安婦の問題は騒がずに無視すればよかったのだ、アメリカの新聞紙上に意見広告を載せるのは愚の骨頂だとの主張で、それでは、アメリカは慰安所を戦後、東京や沖縄で、開設しなかったかとの質問にははぐらかす始末で、重慶のフライングタイガーの、外国からわざわざ慰安婦を連れてきたことなど、自分たちの問題には触れてほしくないとの主張であった。痛いところを疲れたから怒っているのではないかとの指摘には押し黙ってしまった。アメリカ人には沈黙は銀で、反論する方がいいのではないかと尋ねると、反米は困るとのことであった。日本の側でも、アメリカの世論外交を真に受けて、新聞広告など出さなかったほうがいいとの意見を外務省の関係者などで主張する向きがあるが、的外れだ。アメリカ側は、今回でも徹底した、日本たたきをしたのである。例の南京虐殺事件の問題があるが、これは、自分たちのプロパガンダ組織が戦争中の、作り話で、広げた話であるから、アメリカ側は数字の問題ではないなどと言い出す始末である。ユダヤ人の、ホロコーストの問題と、同じようなものだと言うのであるが、関係がない。アメリカの原住民の大量虐殺の歴史も、原爆のことも自分たちのやった虐殺行為には、触れようとはしない。防衛大臣の不見識な発言もあったが、東京大空襲などの話も持ち出すべきだったのかもしれない。最後に、沖縄からの海兵隊の移転経費が膨大すぎるのではないかと質問したら、自国の防衛をただ乗りしているからだとのご託宣であった。日米構造協議で、すっかり、日本はアメリカの衛星濃くみたようになったと指摘したら、もう、日本など誰も見向きもしないとの意見であった。カネの切れ目が縁の切れ目のようである。親米派とみなされてきた人々が、アメリカから右翼反動と言われる時代になったようである。それにしても、追従外交が過ぎる。外交当局はもっと日本の自立自尊の主張を行う必要がる。広報のカネも使っていない。どこかで書いたが、アメリカのテネシー州では、自動車工場を進出させたが、日本人の子供に星条旗に忠誠を誓わせている。即刻中止すべき光景である。アメリカには、最近の新自由主義、あるいは新たな帝国主義の信奉者ばかりではない。ワシントンやニューヨークばかりでなく、宣伝広報の技術を駆使して、国益を主張すべきである。

ちょうど、参議院選挙で自民党が敗北したこともあって、話題になったのは、駐日大使が、小沢一郎民主党代表にあったことがないとの話題でにぎわっていたとのことである。大企業をアメリカに進出させて、人質にしているのではないか。トヨタなども相当の威嚇があるのではないだろうか。郵政国会後の総選挙で、社長が鉢巻きをして、チルドレンを応援するなど異常そのものであったから、おそらく推測は当たっている可能性が高い。

慰安婦の問題は、黄禍論の匂いもする。中国の偽物、毒入りの製品などの問題追及もそうだ。莫大な利益を上げているのは、アメリカや日本の企業である。そろそろ手を引こうかとの信号かもしれない。そして、また取り残されるのは日本の企業かもしれない。(その昔イラクで、日本の企業関係者が一万人の規模で取り残されて捕虜になったことがあったが。)

うまく表現できないが、日米関係に微妙な変化がある。見切りをつけようとしているのかもしれない。最新鋭の戦闘機など日本に代われたら困ることがあるのだ。

|

« Legend of Tono | トップページ | Sumo Wrestler »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/16018270

この記事へのトラックバック一覧です: Propaganda:

« Legend of Tono | トップページ | Sumo Wrestler »