構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« NHK Comments | トップページ | NHK in crisis 2 »

NHK in crisis

NHKが、市場原理主義者の圧力を受けている。経営委員会の委員長のポストを、政治的に獲得して、言論の自由に圧力をかけようとしている。朝日新聞の一方的な大本営発表に組することもできないが、真の保守主義としては、全体主義的な世論操作に組するわけにはいかない。フジフィルム社長の経営印か委員長への就任は決して国民的な同意を得たわけではない。四季の会とか、前総理の、内々の会の会員であっただけの話である。

いま、小泉。竹中、その走狗として、安倍政権があって、その走り使いとしての、NHK経営委員長は早速、信任を失ったと考えるべきである。

NHKがんばれ。会長がんばれ。役員がんばれ。副会長の永井女史がんばれ。表現の自由を守れ。なんだか、わけのわからぬ、財界人の手下が、経営委員会の委員長を務めるのは、見識のない話である。NHKの経営陣も勇気を持って発言してほしい。左翼崩れのトロツキストに、国民的な放送がのっとられてはたまらない。経営委員長は、NHKに対する、国民と指示のない介入から手を引くべきである。放送の利権を分割して儲けようという、市場原理主義も排すべきである。

NHKの記者も立ち上がれ。不正があって、一部の問題があったことが事実であれば、正常化して、経営委員会院長のような、市場原理主義に付け込む隙を与えてはいけない。

大本営発表の連中を相手にしてはいけない。NHKは、左翼の連中の誘惑にも乗ってはいけない。愚直で、正道を歩め。日本国民は、ちゃんと支持している。経営委員長殿、世論操作を広告費で、やったような小泉手法はもう効果はないのですから、あきらめなさい。

年貢の納め時で、もうやめてもいいのは貴方の方ですよ。経営委員長さん。

|

« NHK Comments | トップページ | NHK in crisis 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/16670556

この記事へのトラックバック一覧です: NHK in crisis:

« NHK Comments | トップページ | NHK in crisis 2 »