構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Propaganda 2 | トップページ | Propaganda 4 »

Propaganda 3

第一部の前書きが先ずもって面白い。自分の頭にあるのは、郵政の経営を軌道に乗せることだけで、過去を振り返るより、常に先のことを考えていたいというのが私の真情だと述べる。個人の生い立ちやどんな仕事をしたのか個人のことについて述べるのは遠慮したが、旧知のジャーナリストの説得で、質問に答えたとある。この本は自分で書いたのかそうではないのか、ふつうは、ゴーストライターが書いた場合でも、色々世話になったかと注釈を入れるのがふつうであるが、質問に答えたと書くあたりが興味深い出だしである。

要すれば、質問に答えて、誰かが編集して、本にしたわけである。

|

« Propaganda 2 | トップページ | Propaganda 4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/16675957

この記事へのトラックバック一覧です: Propaganda 3:

« Propaganda 2 | トップページ | Propaganda 4 »