構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Post Neocon 2 | トップページ | 亀と鳥(動画像) »

Market Fundamentalism 5

ほとんどいらっしゃらないとは思うが、香川県で当ブログを読んでいる読者がおれば聞いてみたいことがある。それは、経済財政諮問会議が、地方で開催される。それが、四国の高松であるということから、その背景についてである。市場原理主義派の典型である、とある、民間議員と称する、委員が出席するとの情報である。

ちなみに、その市場原理主義者の学者氏などは、東京に開設されている、米国の市場原理主義者のビジネス(その背後には、アメリカの対日利権の関係者が大学経営の中枢にいるが)の関係者が応援する日本校(これは、キャンパスもなく、ビルを借りて、アメリカの分校と称して、租界化した施設であるが)の設立記念行事が行われその主賓として講演などを行っているからであり、米国の対日政策関係者との関係が問われるからである。

なぜ、香川で開催されるのか。もし、ご存知の方があれば、コメントとして掲載していただけないものだろうか。

|

« Post Neocon 2 | トップページ | 亀と鳥(動画像) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/17032488

この記事へのトラックバック一覧です: Market Fundamentalism 5:

« Post Neocon 2 | トップページ | 亀と鳥(動画像) »