構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Database | トップページ | Infiltration »

Seek and hide

とある政治家の電子メールニュースのコピー。

「特別会計はなにかと評判が悪いのですが、
その中で余分な金を溜め込んでいるのではないか
と言われています

埋蔵金といわれるのは、ひとつは
郵便局などで預かった資金を特殊法人などに貸している
財政投融資という特別会計で
利ざやとしてたまったいわば運用益

もうひとつは、外国為替の特別会計で
為替の差益としてたまっている準備金のことです

それぞれ、20兆円近くがたまっているらしいというのは
事実のようですが、それを国の借金の返済に
使ってはどうかという意見がまた出ています

じつはおととし、
自民党行革推進本部の特別会計改革委員会で、
私たちが取り組んだ「特会」の改革の中で
この埋蔵金を総額20兆円ほど、国の借金の返済に使いました
今回は、「さらに出せ」ということです

当時もあと20兆円ぐらい残っていましたが、
これは金利や為替の変動によるリスクに備えるための準備金で
いざという時、取り崩す必要があるわけですから
両方とも必要があって溜めているわけです
すべて使ってしまうとことは危険で、備えがないとということになります

一部を取り崩して国の借金の返済に回すことには私も賛成ですが、
財政再建の途上で、
歳出削減と消費税などの増税が課題のときに、
こういう資金をあてにすることは問題の先送りにもなりかねません」

まずは、どこに、いくらの、「埋蔵金」があるかを発表すべき話であって国の借金の返済にまわすかどうかの議論はそのあとのことである。先ず第一に民主主義の国であるから、郵便貯金あたりの資金での、財投運用で運用益がどこかにたまっているのであれば公開したうえで、国民に還元するのが第一である。増税が課題のときにと述べているが、当ブログでも述べてきたとおり、純債務はどうなのか、単に他の成長するーロッパの国並みのことで大騒ぎするのは、緊縮財政論者の間違った経済政策なのではないか、大蔵省だけが栄えて苦に滅ぶことになるのではないのか、と考えれば、増税ありきの話ではない。埋蔵金などという、おどろおどろしい話があること事態がおかしいのである。野党もそろそろしっかりして、参議院で多数を占めているのだから、こうした、国の影の部分にも光をあてて、いい国日本造りをはじめてもらいたいものである。与党の心ある政治家にも、市場原理主義が破綻する中で、自信を取り戻して活躍してもらいたいものである。この埋蔵金の話は、実は重大な話で、マスコミも何か、政治の井戸端会議の話のように受け止めているようであるが、透明にしてほしい日本のひとつの暗部である。逆に恐れるのは、埋蔵金が、民間あるいは一部企業のつけを、こうした埋蔵金で穴埋めにまわしたりすれば、もともと公の金の私物化という恐ろしい話になる。ないとは思うが、念のために注意する必要はある。

|

« Database | トップページ | Infiltration »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/17354676

この記事へのトラックバック一覧です: Seek and hide:

» 『国家は僕らをまもらない』 [ジョディーは友達]
  憲法は、国家権力に対する歯止めである。   権力は放っておくと、人権を蹂躙す [続きを読む]

受信: 2007年12月13日 11時06分

« Database | トップページ | Infiltration »