構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Super Poverty Country | トップページ | Independence »

Taxation

週刊ダイヤモンド2月に日号が、地方自治体の税金徴収力について、特集記事をのせている。「日本人のモラル低下が著しい。うそやごまかし、ルール無視が氾濫し、正直者がバカを見るゆがんだ社会となっている。その象徴が税だ。住民とじかに接する市町村では、本来はら宇部木税が徴収できないケースが増えている。例の、地方三位一体とやらの改悪?で、中央の税源が、地方に委譲されたが、住民税が上昇しているから、これもとりにくくなった。

そもそも、国税の徴収が悪かったのではないだろうか。地方は踏んだりけったりだ。しかし、それでも、税の徴収どりょくはおこなわれなければならない。ふこうへいがあってはならないのだから。日本人が最も嫌うところである。それから、税を払える住民が払っていないのではないかとの疑惑もある。払えないような貧乏な人ではなく、裕福な当然税金を払うに足る収入のある人士が払ってないのではないかとの疑問がある。

週刊ダイアモンドの特集記事には考えさせられるものがある。

|

« Super Poverty Country | トップページ | Independence »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/17860595

この記事へのトラックバック一覧です: Taxation:

« Super Poverty Country | トップページ | Independence »