構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Bulletin 6 | トップページ | Bulletin 8 »

Bulletin 7

ツムヴィンケル氏逮捕のドイツ当局の英断には改めて畏敬を感じるものである。脱税という基本的な順法精神の欠落を追及したからであるが、市場原理主義に対する威嚇を現実に行ったわけである。おそらく世界的にも広がる端緒となった。違法な脱税の関係者リストが、各国で摘発する動きにもなるかもしれない。日本の関係者は、漏洩したリストにどの程度含まれているのだろうか。民営化推進論者の政官財の関係者が含まれてはいないとは思うが。

ウィキペディアに早速解説記事が掲載されている。ご参考までの記事であるが。

http://en.wikipedia.org/wiki/Tax_affair_in_Germany_2008

|

« Bulletin 6 | トップページ | Bulletin 8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/40251595

この記事へのトラックバック一覧です: Bulletin 7:

« Bulletin 6 | トップページ | Bulletin 8 »