構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Books 5 | トップページ | House of Councillors »

Books 6

今回の新刊紹介の第六冊目が、森田実先生の、脱アメリカで日本は必ず甦る、である。

わかりやすい政治の指南書である。森田先生は、経済評論の雑誌の編集長を模していただけに、経済の改善策の観点からも実にわかりやすく、日本経済の復活の策について、訴えている。政治評論家であるから、日本再生の基本戦略を打ち出そうとの意図を感じ取ることができる。政党であれば、政権綱領のような本である。小泉構造改悪で破綻した、年金、医療、農業、郵政などの現場の問題についても鋭く、解決策を提案する。不況対策については、別に公共事業論の著書もあるだけに、内需拡大、大規模な財政出動論を主張している。特に地方経済と中小企業の再生を図る意図が行間からにじみ出るように伝わってくる。政権交代を主張しながらも、民主党の小沢党首の大連立論を徹底的に批判している。簡単に入手できる本で、しかもわかりやすく書いてあるが、膨大な資料の積み上げの上でのわかりやすさであるから、いわゆる政治分野の炭鉱本としては類書を見ない。森田先生は、多くのマスコミから、その主張が新自由主義、根拠のない構造改革論を激しく批判するところから、遠ざけられているが、しかし、こうした単行本の出版で、国民の多くにとっては、通り過ぎるテレビ番組の解説よりもはるかに含蓄と内容のある政策論として受け止めることになると考える。地方でも入手できる本であるから、国民各層で、まわし読みしてほしい一著である。

|

« Books 5 | トップページ | House of Councillors »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/40500649

この記事へのトラックバック一覧です: Books 6:

« Books 5 | トップページ | House of Councillors »