構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Market Fundamentalism 4 | トップページ | Fake Privitization 51 »

Fake Privitization

フリー百科事典のウィキペディアに市場原理主義者の奥谷禮子氏に関する記事が掲載されている。同氏は今月末には、民営化された日本郵政の社外取締役を退任することになると報道されているが、この記事を見る限りでは、政府関連の審議会委員など公職をまだいくつか歴任している。ご参考まで。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%A5%E8%B0%B7%E7%A6%AE%E5%AD%90

人選の経緯については、下記の記者会見記録がある。

http://www.soumu.go.jp/menu_01/kaiken/back_01/d-news/2006/0117.html

|

« Market Fundamentalism 4 | トップページ | Fake Privitization 51 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/40611509

この記事へのトラックバック一覧です: Fake Privitization:

« Market Fundamentalism 4 | トップページ | Fake Privitization 51 »