構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Books 6 | トップページ | North Korea Today »

House of Councillors

三月14日の参議院予算委員会における、自見庄三郎元郵政大臣の質疑は、迫力のあるものであった。郵政民営化の問題、医療制度の問題など、市場原理主義が日本を崩壊に導き、経済力が20年以上も前の日本に低下したことを指摘して、内閣に迫った。総合病院のなんと80%以上が労働基準法に違反する実態にあることが明らかになり、大田大臣と宍戸駿太郎元筑波大学副学長との公開討論会が行われることにもなった。

ネットの世界で、参議院の質疑が見えるようになった。リンクをはるので、自見議員のところをクリックしてください。おそらく後生にも残るような市場原理主義を痛烈に批判する国会質疑となっている。http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/library/reference.php?page=1&cd=2526&tx_mode=consider&sel_kaigi_code=14&dt_singi_date_s=2008-03-14&dt_singi_date_e=2008-03-14&tx_speaker=%BC%AB%B8%AB%BE%

|

« Books 6 | トップページ | North Korea Today »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/40508305

この記事へのトラックバック一覧です: House of Councillors:

« Books 6 | トップページ | North Korea Today »