構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Growth | トップページ | Tibet3 »

Illusion

北京の全国人民代表大会が終わり、最後の記者会見で、首相が、チベットの騒乱について、ダライラマ14世を、非難している。責任をなすりつけようとしている。赤色シナの暴力的な植民地主義の主張が行われた。日本も、そろそろ、北京オリンピックに参加するかどうか、真剣に検討すべきである。

中国の諸問題についての、現場を足で歩いて観察してきた宮崎正弘氏のメルマガを紹介したい。中国の虚像についてみる位置を提供してくれる優れたサイトである。

http://www.melma.com/backnumber_45206/

宮崎正弘氏は、日中関係において、中国人を誤解してきたつけが今頃になって、回ってきていると指摘している。

第一の誤解が、同文同種、一衣帯水という嘘であり、第二が、儒教の国という錯覚である。第三は、嘘はお茶漬けのようなもので、詐欺は常識、ビジネスは孫子の兵法という中国経済の現実を理解していないことであり、第4が、南京大虐殺のように、言い逃れ、すり替えの極みの国であること、第五が、易姓革命の本質と、和をもって尊しとなすという日中間の大きな、ほぼ越えがたい溝とも言うべき、国民性の違いがあるということだ。ちなみに、中国には、優しいという日本語に当たる言葉がないとも指摘している。

|

« Growth | トップページ | Tibet3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/40550464

この記事へのトラックバック一覧です: Illusion:

« Growth | トップページ | Tibet3 »