構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Tibet 12 | トップページ | Fake Privitization 56 »

Destruction 4

後期高齢者医療制度の通知が、各地の社会保険庁の社会保険事務所から郵送されている。Dscf0007 茶封筒に入っている。この事例は、健康保険に入っていた人が、75歳を越えているので、健康保険の資格が喪失したとして、その届出を出させるようにと中小企業などの保険担当者に出している通知である。

「後期高齢者医療制度の施行に伴い、平成20年4月より、後期高齢医療の被保険者となる方は、被保険者資格喪失届、被扶養者(異動届)の提出が必要となります。」という大見出しのついた紙が入っている。

Dscf0004 日本国内に住所がある75歳以上の方、65歳から74歳で、広域連合から一定の障害があると認定された方は、後期高齢者医療制度に加入することになる。そうした老人が、政府の管掌する健康保険に入っている場合も、被保険者。被扶養者でなくなる。

注書として、太字で、被保険者が資格喪失した場合は、現在、75歳未満で被扶養者の方も国民健康保険等の別の医療保険に加入する手続きが別途必要となります。と下線をつけて書いてある。

Dscf0005_2 もうひとつの紙は、「75歳以上の方が、政府管掌健康保険及び船員保険から後期高齢者医療制度に移行することにより、その扶養家族である被扶養者の方が新たに国民健康保険に加入する場合の手続きについて」という題がついている。「被保険者が後期高齢者医療制度に加入することに伴い、国民健康保険に新たに加入することになった被扶養者のうち、65歳以上75歳未満の方の保険料(税)については、申請により軽減が受けられます。」との説明が中段にある。

例えば、夫が、ある会社を定年で退職して、どこかの会社に行って健康保険にはいれるような仕事をしていた。75歳になってしまったので、その健康保険にも入れなくなっただけではなく、奥さんのほうは、今まで、保険料がなかったのに、これからは、2年間の軽減措置はあるものの、ご本人の保険料の他に、国民健康保険の保険料を資産や所得に応じて払う負担を加えて、保険料を支払わなければならなくなるわけである。

あと、被保険者資格喪失届という紙が入っている。月額約六万円の収入の高齢の社員の場合が具体例であった。

マイケルムーアの映画シッコを見て思い出したが、アメリカの場合、医療保険に入っておくために、老人であったも医療保険をもらうためにしがみついてでも、どんな仕事でも会社に残って働こうとする場面があった。日本が、医療保険の後進国であるアメリカのように、なりつつあるようだ。この国では、会社の保険に入っていて、75歳を越えたらそれも打ち切る。強制的に、姥捨て山制度に入らされる。その配偶者の方には、国民健康保険に川って入れといって、お金を余計に取る。しかも年金から天引きで。

こんな通知書を送られてきたご老人は、どんな気持ちで受け取るだろうか。ましてや、せんごの高度成長期を、内助の功で、夫とともに人生を戦ってきたご夫人方は、(勿論、妻が働き夫が内助をしたという例外はあるだろうが)、一体どんな気持ちで、この通知書を見るだろうか。2年間世帯分を減額するとか、いろいろ書いてあるにしても、いまさら収入源もなくなった老齢者に対する仕打ちだろうかと思うに違いない。

政治が劣化している。二世三世の議員がほとんどで、世間の風がわからなくなってきたようだ。日本は、万民の国である。長幼の序を大切にする国柄ではないのか。こうした悪辣な制度の導入は、外国の影響が入っているようなにおいがする。皆が貧しく、老婆心の間引きであれば、千手観音にも頼ることができる。悲しみも我慢できる。飽食の時代に、一部の経営者や外国資本や、大会社が大盤振る舞いの生活をしている時代に、酷な仕打ちである。違法行為をした、何とかファンドや、何とかエモンとかの資産を取り上げた話もない。やり得を放置しておきながら、国民を虐げる。そんなことを、苛政という。

紙の最後には、国民健康保険の詳細については、市町村の窓口にお問い合わせくださいと麗々しく書いてある。老人が、社会保険事務所に行き、市町村や区役所の窓口を盥回しにされる光景が目に浮かぶようだ。まだ窓口が近くにある都会地ならまだしも、地方などでは、そうした事務所に行くだけでももう難しくなっている状況がわかっていないようだ。一箇所の窓口で用が足りるようにするなどの配慮もなくなっているらしい。

姥捨て山と検索したら、老婆心の意味について書いてあるサイトがあった。http://www.geocities.jp/widetown/otona_20.htm

|

« Tibet 12 | トップページ | Fake Privitization 56 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/40922691

この記事へのトラックバック一覧です: Destruction 4:

« Tibet 12 | トップページ | Fake Privitization 56 »