構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Trillion Dollars War | トップページ | Fake Privitization 57 »

Compassion

トーマス・マートン、ムハマッド・アリ、との精神の交流を描いたビデオ。鍵となる言葉は、コンパッションである。コンパッションという言葉はなんだろうか。民族や同胞や国家に対する愛情であり、人を憎まず、合掌することかもしれない。ダライラマは明らかに中国の人民に対してもコンパッションを持っている。 大和ごころ入門、村上正邦氏と佐藤優氏との対談集のあとがきに、「偽者の国家とは、国という字を見ればわかるように、王、即ち権力者を、官僚や軍が周囲を取り囲んで守っている。しかし、私が求めてやまぬ真実の日本国とは、万邦無比の邦、これを社稷といってもいい。つまり日本古来の共同体なのです。古来、日本人は政治とは、神の心と、人の心を真釣り合わせること、つまり政(まつりごと)と考えてきました。神の御心にかなう政治こそ、日本人にとっての政治だったのです。」と書いてあるが、日本の思想も世界に共通するもので誇れるものが沢山あると感じている。 ダライラマの発言はそうした、人間の心の共通性、コンパッションか、の琴線に触れるものがある。さてチベットの問題で、そうした憎まない、合掌の対象になるのは、ダライラマではなく、実はチャプリンの言う独裁国家の支配者である。

|

« Trillion Dollars War | トップページ | Fake Privitization 57 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/40942687

この記事へのトラックバック一覧です: Compassion:

» ふたたび、冷水行 [がんばれ城内実(きうちみのる)]
城内実さんの真似をして「毎朝風呂場で冷水を頭からかぶる修行」を始めたのが2008年02月21日。 この間、一度だけ二日酔いの日にサボりましたが、どうにかこうにか続行して2ヵ月が経ち... [続きを読む]

受信: 2008年4月22日 12時44分

« Trillion Dollars War | トップページ | Fake Privitization 57 »