構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Restration 3 | トップページ | Postmaseters League »

L'esprit du Japon

現在のところ、それほど売れ行きは芳しくないようであるが、村上正邦・佐藤優氏の対談を本にした、大和ごころ入門(扶桑社、1600円)は、日本という国の有様について考える優れた本であり、単に優れているだけではなく、世界の中での日本の文化と伝統についての本である。大和ごころ、入門という題面で何かハウツー物の入門書のように見えるのかもしれないが、日本という国が存在し続けるために根幹にあるものについての解説書である。日本の全によって現代の悪を斬るという副題をつけているが、法とおきてとが対立するときにどうするか、といった、初歩的な矛盾の解決法を述べるだけではなく、日本の思想の力を同表現して、慣用していくかについて具体的に述べている。対談者は、二人とも、市場原理主義が跋扈するなかで、逮捕・拘留された後に、母国が危機にあえぎ始めたことを深く知り、救国の活動に出ていると見ることもできる。

佐藤優氏が、まえがきを書いている。

その一部であるが、

「弱肉強食の新自由主義(市場原理主義)が改革であると勘違いした官僚たちが、日本の伝統、職人の魂など経済合理性で処理できない人間の要素を重視する村上正邦氏という国士を政治舞台から排除したいと考えたのである。「もはや国境を越えるマネーがすべてを決める時代なのである」と考える新自由主義というし思想が、村上氏に体現された「大和ごころ」を叩き潰そうとしたのだ。村上氏を巡る状況は思想戦なのである。私の言論界における力は限定的だ。グローバリゼーション、新自由主義という思想の力は強い。この思想戦争に挑めば、叩き潰されるかも知れない。しかし、私は参戦することにした。日本を改革する処方箋はひとつしかないと思う。日本に内在する「善の力によって現下日本にあらわれている悪を排除するのである。外来思想の知識をいくら身につけても、それだけでは日本を危機から救い出すことはできない。過去の日本人の英知から虚心坦懐に学ぶことが、現在何よりも必要とされている。」

|

« Restration 3 | トップページ | Postmaseters League »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/41253929

この記事へのトラックバック一覧です: L'esprit du Japon:

« Restration 3 | トップページ | Postmaseters League »