構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Resources 4 | トップページ | Fake Privitization 61 »

Resources 5

中国の天然資源争奪に対する激烈な動きは、世界各地で見られるが、チベットの問題が脚光を浴びるに従って、いろいろなチベットの天然資源に対する報告が発表されてきている。。その一つ。英文ではあるが、オーストラリアとイギリスに本拠を置くチベット支援団体の報告が参考になる。核開発と、新疆省の各自治区の問題が、中ソ対立以降に関係があったのではないかとの有力な指摘があるが、同様に、チベットにおけるウラニウム鉱山の存在についてももっと目が向けられてよい。チベット人が多数居住する青海省には長距離ミサイルの基地もあるとの報告もある。(最近、日本に帰化したペマ・ギャルポ氏は、青海省の出身だと記憶している) チベット高原の木材の乱伐や、金鉱を求めて流入する中国人の問題については早くから問題の指摘が行われていた。ご参考までに。廃棄物の捨て場?となっているのではないかとも指摘している。http://tibet.dharmakara.net/TibetFactsIndex.html

|

« Resources 4 | トップページ | Fake Privitization 61 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/41113112

この記事へのトラックバック一覧です: Resources 5:

« Resources 4 | トップページ | Fake Privitization 61 »