構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Abduction | トップページ | War and Peace »

Abduction 2

北海道の通信社が、北朝鮮問題について報道を続けている。独裁者の秘密と題するコラムもある。http://www.bnn-s.com/news/08/01/071229132624.html

連載となっている。日本の大新聞が、マスコミが劣化する中で、核心を付いている。

http://www.bnn-s.com/news/08/06/080620164907.html

「日本の主権を侵害する拉致問題の解決なくして、国家の体はなさず。

 新聞各紙は、ブッシュ政権が北朝鮮に対する「テロ支援国家」指定を近く解除する方針であることを報じた。

 報道は、ライス米国務長官が18日、北朝鮮が核計画に関する申告書を6カ国協議の議長国である中国に提出する見通しであることを示し、その場合、ブッシュ政権が指定解除を議会に通告する方針であるとの発言に基づいたものだ。

 北朝鮮による日本人拉致は、被害者の人権、日本の国家としての主権を著しく侵害するもので、国家の存在自体を問われる重要問題。

 ところが、日米同盟を結ぶ米国は日本に配慮しつつも、柔軟な姿勢を装う北朝鮮に懐柔されたかのようにこれまでの戦略を転じようとしている。

 米国はイラク戦争に莫大な軍事費を投じ、兵力、財政ともに疲弊している。サブプライムローン(低所得者向け高金利住宅ローン)の打撃も深刻で、かつての国力は衰退する一方だ。米国にとっての北朝鮮は、アラブ諸国のように多くの石油が埋蔵しているわけでもなく、中東ほど地政学的に重要な場所でもない。

 さまざまな問題を抱える米国が、北朝鮮問題でリーダーシップを発揮しないことは当然であり、6カ国協議の主導権や緊張が続く北東アジアの“行司役”を中国に委ねることは、国益にも合致するはずだ。

 とはいえ、支持率が低迷し、レイムダック化が進むブッシュ政権にとって「北の核計画放棄」は大きな功績となるものだし、ブッシュ大統領自身がホワイトハウスを去る前に実現したいと焦っても不思議はない。

 逆に米国が指定解除の手続きをしなければ、核計画の放棄をのらりくらりと膠着させる可能性があり、この問題でジョーカーを握っているのは、あくまでも北朝鮮といえる。核開発計画の中止は、国際社会で高値が付く“カード”であり、だからこそ米国も北朝鮮の振る舞いに翻弄されてきた。

 北朝鮮に一定の影響力を持つ中国にしても、核の無力化に貢献する場合、新たな米大統領の誕生後の方が、米中関係での発言力を増すはずと算段していることだろう。

 米国がテロ支援国家の指定解除を急げば急ぐほど、謀略を得意とする北朝鮮の思う壺である。」
日本は、毅然とした態度を貫くべきである。怯んではならない。安易な妥協を許してはならない。日本をアメリカが見捨てるのであれば、その分、日本はアメリカを見捨てるべきである。

|

« Abduction | トップページ | War and Peace »

コメント

同感ですね。アメリカの原発は日本の技術が必要でしょう。毅然として、拉致問題で姿勢を高く保つべきです。ハイジャック犯人たちも身柄送還させるべきです。
中国は将来的にロシアの軍事的復活を恐れています。日本のマスコミはピョンヤンの支局開設に動いており、北朝鮮政府のご機嫌を損じたくないという力学が支配しています。
ロシアはGTOの復活、軍事パレードの復活など、軍事大国に戻りつつあります。
アメリカに頼りきりの外務省。兵力を動かせない、国家など、外交はありませんという声も聞こえてきます。

投稿: toku | 2008年6月22日 19時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/41612870

この記事へのトラックバック一覧です: Abduction 2:

« Abduction | トップページ | War and Peace »