構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Curing Japan 3 | トップページ | Territorial Issue 3 »

Curing Japan 4

郵政民営化の政治過程で、当時の竹中大臣は、アメリカのゼルニック通商貿易代表などと数十回にわたって接触あるいは会合があったことが、特に桜井参議院議員の国会質疑の中で明らかになっているが、その内容については未だに公表されていない。

今回のラルフ・ネーダー氏の書簡についても日本側からは公表されていないのではないだろうか。アメリカの良心的な消費者運動家からの指摘である不都合な真実を、生田総裁(当時)の郵政公社は、日本国内では日本国内では公表しなかったのだろうか。外交文書でもなんでもない。アメリカ側では今もネットに残っている文書である。この書簡の到来が公開されたか否かを検証してみる関心はある。

« Curing Japan 3 | トップページ | Territorial Issue 3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Curing Japan 4:

« Curing Japan 3 | トップページ | Territorial Issue 3 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

興味深いリンク