構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Fake Privitization 81 | トップページ | Territorial Issue »

Fake Privitization 82

岡山県内の市町村長の意見回答を続ける。

そもそも民営化に反対。

事業を通じて社会に貢献する組織にしてもらいたい。

少なくとも郵便事業は国営とすべき。

利用する機会が少ないので、コメントが十分に出来ない。

国の地方財政の改革の通り、郵政民営化の地方、特に弱小町村にとってメリットは少ない。

議長の意見としては、はがき切手などは、コンビニで十分、現時点ではわからないという意見の回答があった。

興味深いアンケートである。郵政民営化がばら色の物語を小泉・竹中政治で振りまいたが、民営化発足半年が経過する中で、あすなろ村の惨状を呈していることが、意見として表明されている。自民党県議団として謝るとの意見は、衝撃的である。

なお、アンケートは、6月25日付の取りまとめである。

|

« Fake Privitization 81 | トップページ | Territorial Issue »

コメント

民営化に少しでも良かったことがあったとすれば不勉強な局長が減ったことですかね。

職場は監視カメラだらけで、正に「ビッグブラザーが君を見てる」状態。小説に出てきたポスター作って職場内に貼っときますか(笑)。

現役兵はもうすぐ倒れそうです。既に上司は入院中。職場は戦場ですわ。

投稿: 紅鯱亭@MLP | 2008年7月 9日 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/41789734

この記事へのトラックバック一覧です: Fake Privitization 82:

« Fake Privitization 81 | トップページ | Territorial Issue »