構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Fake Privitization 85 | トップページ | Fake Privitization 87 »

Fake Privitization 86

郵政民営化の議論の中で、ほとんど問題とされずにきたのが、商品性の違いである。簡易保険のは、限度額にも商品種類にも制約があり、個人向けの貯蓄性商品が中心であるし、民間生保は、簡易保険が取り扱えないもの、逆に言えば簡易保険が民間がやらない商品を売っていたといえる。実際、保険金額も簡易保険は276万円、民間生保は895万円と、大差のある金額であった。簡易保険を民営化して、それを保険業法という、全く違う商品規制の下に置くことが改革であるはずがない。

|

« Fake Privitization 85 | トップページ | Fake Privitization 87 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/41841299

この記事へのトラックバック一覧です: Fake Privitization 86:

« Fake Privitization 85 | トップページ | Fake Privitization 87 »