構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Tibet 15 | トップページ | Tibet 16 »

Olympic Regatta 3

宮崎正弘の国際ニュースから転載。青島のオリンピックヨット会場で異常な藍藻の発生があったことは当ブログにも書いたし、潜水艦基地のグーグルでの地図も掲載したところであるが、不衛生国家の中国で、何か奇妙なことが発生しているようである。

とんでもない疫病でなければいいが。。。。。。。。。。
 五輪ヨット会場は大丈夫か? 藍藻騒ぎどころではなくなった青島
  原因不明、ミステリアスな流感が大流行、1251名が死亡、16万人が罹患
****************************************

 青島大学付属病院、青島市立医院はパンク状態、街の小さな病院も患者で満員。
 五輪直前、ヨット会場の青島は沖合に藍藻が発生して市職員では足りず大学生一万人を動員し、周辺の都市から小型ボートまで借りて、藻除去作業。50キロに亘ってフェンスを築く突貫工事。

 ところが現場海域は14日ごろ、突如封鎖された。
 五輪会場が変更になるのか、一切のアナウンスがない。

 16日付け「博訊新聞網」が異様な伝染病の大流行を伝えた。
 原因不明、ミステリアスな流感が大流行しており、青島周辺だけで既に1251名が死亡、16万人が罹患しているという。
 AIDS、SARS騒ぎどころではない。

 患者が急増したのは七月に入ってからで、寒気、嘔吐、呼吸困難、はては肝臓、腎臓不全、市内はパニックに陥った。
 
 12日に青島市政府は衛生部門の責任者を集めて緊急対策会議を開催し、病名を「流行性脳脊髄膜炎」とした。この情報は関係者だけに機密とされ、対外情報公開をしないことも決められたという。

|

« Tibet 15 | トップページ | Tibet 16 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/41899139

この記事へのトラックバック一覧です: Olympic Regatta 3:

« Tibet 15 | トップページ | Tibet 16 »