構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Devastated Forest 8 | トップページ | Arrogance »

Market Fundamentalism

コロンビア大学のスティグリツ教授が、ネオコンの終わりか?という論文を今年の七月に発表している。勿論英文であるから、日本語では読めない。意訳でもつけてみたい。間違っているところもあるかもしれないが、その点は、ご指摘をいただきたいし、またご容赦願いたい。

NEW YORK – The world has not been kind to neo-liberalism, that grab-bag of ideas based on the fundamentalist notion that markets are self-correcting, allocate resources efficiently, and serve the public interest well. It was this market fundamentalism that underlay Thatcherism, Reaganomics, and the so-called “Washington Consensus” in favor of privatization, liberalization, and independent central banks focusing single-mindedly on inflation.

市場は、自らを調整して、資源の配分が効率的に行われ、公の利益に合致するように作用するという、原理主義者の考えに基づいた新自由主義のほら話に対して世界は、親切に出来るわけがない。市場原理主義が、レーガン、サッチャーの政策の基になってきたし、ワシントンコンセンサスは、民営化、自由化、そして独りよがりのインフレ対策ばかりを独立して追求する中央銀行を味方するだけであった。

For a quarter-century, there has been a contest among developing countries, and the losers are clear: countries that pursued neo-liberal policies not only lost the growth sweepstakes; when they did grow, the benefits accrued disproportionately to those at the top.

この25年間で、開発途上国の間で競争があったが、そこで誰が負けたかはもう明らかだ。新自由主義の政策を採った国が失敗したのである。成長の果実を失っただけではなく、成長したときにも、その成長の利益は、社会の上層部の一部に、とてつもなく不均衡に利益をもたらしただけである。

Though neo-liberals do not want to admit it, their ideology also failed another test. No one can claim that financial markets did a stellar job in allocating resources in the late 1990’s, with 97% of investments in fiber optics taking years to see any light. But at least that mistake had an unintended benefit: as costs of communication were driven down, India and China became more integrated into the global economy.

勿論、新自由主義の連中は、敗北を認めようとしないが、そのイデオロギーが負けたことを示す証拠は他にもある。すべての投資の97%が光ファイバーに投資をした90年代のような資源配分の仕方があったが、その中で、金融市場が成功したようには見えない。光ファイバーに投資をしても光は見えなかったのである。ただ、その投資の失敗が、唯一予期せぬ利益をもたらしたとすれば、通信のコストが下がって、インドや中国が、更に世界経済に組み込まれることになったということである。

But it is hard to see such benefits to the massive misallocation of resources to housing.  The newly constructed homes built for families that could not afford them get trashed and gutted as millions of families are forced out of their homes, in some communities, government has finally stepped in – to remove the remains. In others, the blight spreads. So even those who have been model citizens, borrowing prudently and maintaining their homes, now find that markets have driven down the value of their homes beyond their worst nightmares.

しかし、その後の住宅投資においての大量の誤った資源配分にはそうした予期せぬ利益すら見つからない。新しい住宅が、支払い能力のない家族の為につくられ、廃墟と化して住宅から追い払われた。政府が介入したところもあったが、廃墟となった住宅を更地にしただけである。更に、惨害が拡大して、真面目に働いてきた模範となる市民ですら、そのあおりを受けて住宅が値下がりして、悪夢をみているかのような大損害を蒙った。

To be sure, there were some short-term benefits from the excess investment in real estate:  some Americans (perhaps only for a few months) enjoyed the pleasures of home ownership and living in a bigger home than they otherwise would have. But at what a cost to themselves and the world economy! Millions will lose their life savings as they lose their homes. And the housing foreclosures have precipitated a global slowdown. There is an increasing consensus on the prognosis: this downturn will be prolonged and widespread.

なるほど、土地や建物に過剰に投資を行うことで、短期的な利益があったかもしれないが、おそらくわずかに数ヶ月間、アメリカ人は大きな家に住んでみて楽しんだのかもしれない。しかし、その楽しみが、なんと言う犠牲を自らに押し付け、そして世界経済に与えたことになるのだろうか。!住宅を失い、何百万人もが、一生をかけた貯金をなくしたのだ。そして、この住宅閉鎖が、世界的な景気の後退を招いたのである。そして今のところ、この景気後退は更に継続して、広がる気配であるというのが大方の見方である。

Nor did markets prepare us well for soaring oil and food prices. Of course, neither sector is an example of free-market economics, but that is partly the point: free-market rhetoric has been used selectively – embraced when it serves special interests and discarded when it does not.石油が上がり、食糧が高騰するなどと市場が教えたくれたわけでもない。そもそも、石油も食糧のいずれの市場も自由市場ではないが、自由市場というときには言葉を選別的に使っているのであって、特定の利権があるときには自由市場といい、都合の悪いときには自由市場といわないようだ。

Perhaps one of the few virtues of George W. Bush’s administration is that the gap between rhetoric and reality is narrower than it was under Ronald Reagan. For all Reagan’s free-trade rhetoric, he freely imposed trade restrictions, including the notorious “voluntary” export restraints on automobiles.ブッシュ政権にいいところがあるとすれば、レーガン政権の時ほど、現実とレトリックとが乖離していないことがもしれない。レーガンは自由貿易といいながら、貿易の制約を強制したし、悪名高い、自主的自動車の輸出規制がある。

Bush’s policies have been worse, but the extent to which he has openly served America’s military-industrial complex has been more naked. The only time that the Bush administration turned green was when it came to ethanol subsidies, whose environmental benefits are dubious. Distortions in the energy market (especially through the tax system) continue, and if Bush could have gotten away with it, matters would have been worse. ブッシュの政策はももっと悪いが、あからさまに、アメリカの産軍複合体を利したという点では、全く露骨なものである。環境問題に対する効果があるのかどうか疑わしいエタノールの補助金を出そうとしたブッシュ政権であるが、税制を使ってエネルギー市場はゆがめられ、その歪みは継続しているが、もし、エタノール問題すら提案しなければ、事態はもっと悪くなっていたに違いない。

This mixture of free-market rhetoric and government intervention has worked particularly badly for developing countries. They were told to stop intervening in agriculture, thereby exposing their farmers to devastating competition from the United States and Europe. Their farmers might have been able to compete with American and European farmers, but they could not compete with US and European Union subsidies. Not surprisingly, investments in agriculture in developing countries faded, and a food gap widened.開発途上国では、自由市場と政府の介入の仕方が本当にまずく作用した。農業を自由市場に任せろと強制されて、アメリカやヨーロッパからの農産物に席巻された。アメリカとヨーロッパの農業は補助されているのだから、勝ち目があるはずもない。

Those who promulgated this mistaken advice do not have to worry about carrying malpractice insurance. The costs will be borne by those in developing countries, especially the poor. This year will see a large rise in poverty, especially if we measure it correctly.こうした誤った政策を開発途上国でアドバイスしてきた連中は、反省の色もない。開発途上国の特に貧困層が、犠牲を払うのである。今年は、特に世界で貧困が増大している。

Simply put, in a world of plenty, millions in the developing world still cannot afford the minimum nutritional requirements. In many countries, increases in food and energy prices will have a particularly devastating effect on the poor, because these items constitute a larger share of their expenditures. 単純なことであるが、数百万人の人が最低の栄養を補給することが出来ないのである。食糧とエネルギー価格の増大は、破壊的な影響を特に貧困層に与える。貧困層の出費の大部分が食とエネルギーだからである。

The anger around the world is palpable. Speculators, not surprisingly, have borne more than a little of the wrath. The speculators argue: we are not the cause of the problem; we are simply engaged in “price discovery” – in other words, discovering – a little late to do much about the problem this year – that there is scarcity.世界で怒りの声が上がっても投機をしている連中は、我々のせいじゃない、今年は、資源が急迫しているから、打つ手が遅れただけだと言い訳をしているようである。 

But that answer is disingenuous. Expectations of rising and volatile prices encourage hundreds of millions of farmers to take precautions. They might make more money if they hoard a little of their grain today and sell it later; and if they do not, they won’t be able to afford it if next year’s crop is smaller than hoped. A little grain taken off the market by hundreds of millions of farmers around the world adds up. そうした回答の仕方は不順である。かっくが上がり、不安定にあるというのであれば、数百万の農家は対策を採ろうとする。しかし、そうした今年打つ手が遅れれば、農民は、生産した穀物を今売らないで、後で売ろうとするに違いないし、来年の収穫が減って収入が減ることを予想するのかもしれない。数億の農家が世界中でそうした少しずつの食糧が市場から引き上げられると一体どういうことがおきるかは想像に難くない。

Defenders of market fundamentalism want to shift the blame from market failure to government failure. One senior Chinese official was quoted as saying that the problem was that the US government should have done more to help low-income Americans with their housing. I agree. But that does not change the facts: US banks mismanaged risk on a colossal scale, with global consequences, while those running these institutions have walked away with billions of dollars in compensation.

市場原理主義を擁護する者は、市場の失敗を政府の失敗のせいにする。住宅問題で、ある中国政府の関係者が、アメリカは低収入の国民をもっと支援すべきだとコメントしたという。たしかに、支援については同感ではあるが、アメリカの銀行が、世界的に破局をもたらすような経営判断の間違いを犯したという事実を覆すことにはならない。しかも、銀行の連中は、数十億ドルの補償金を取った上で、現場を立ち去ってしまったからである。

Today, there is a mismatch between social and private returns. Unless they are closely aligned, the market system cannot work well

社会的な利益と、私的な投資の利益とが、ミスマッチを起こしている。公の利益と私の利益とが、緊密に調整されなければ、市場のシステムは、よく動かないのである。.

Neo-liberal market fundamentalism was always a political doctrine serving certain interests. It was never supported by economic theory. Nor, it should now be clear, is it supported by historical experience. Learning  this lesson may be the silver lining in the cloud now hanging over the global economy. 新自由主義的な市場原理主義は、ある一定の利権に奉仕する政治的なドクトリンでしかない。経済学の理論ではない。今では明白に証明されたと断定してもいいことであるが、歴史上の経験とも合致しない。混迷する世界経済の中で、市場原理主義がこうしたいかさまにしか過ぎないことを知ることで、また希望をつなげることとしたい。

|

« Devastated Forest 8 | トップページ | Arrogance »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/42284470

この記事へのトラックバック一覧です: Market Fundamentalism:

« Devastated Forest 8 | トップページ | Arrogance »