構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Announcement Complex | トップページ | Collapse of Market Fundamentalism »

Announcement Complex

最近、電車の中で、英語のアナウンスがある。空港や駅などは、少なくとも東京では、日本語に英語、そして、中国語、韓国語で、記載するのが流行のようである。

まず、その英語のアナウンスであるが、JR東日本の路線である、東京の都内電車では、英語のアナウンスがどうもおかしい。駅名の発音が、わけのわからぬ英語なまりになっている。北海道の札幌から、千歳空港に行く快速電車の英語のアナウンスも駅名の読み方は、東日本のアナウンサーがやっているのか、英語人にこびた内容の発音である。その点、東急電鉄の英語のアナウンスは、駅名をしっかりした日本語の読み方にしている。羽田の京浜急行のバスなどは、中国語、ハングルと、ごった煮の状態である。友好国である台湾の繁体字は全くないのは、どうにもおかしな話である。

駅の表示なども、英語での表示に付け加えて、中国語と韓国語の表示として、簡体字とハングルで表示しているが、これは全く不必要なことである。韓国語の表示にいたっては、何をわざわざハングルにするのか理解に苦しむ。韓国でも漢字を使っているのであるから、発音は別にして、その漢字は読めるのである。それでは、ひらがなの部分を外国語にしたという反論もあるかもしれないが、そのときは、英語で表示をしておけば十分な話ではないのか。

小泉政治の頃に、よーこそジャパンなどと、空港などでテレビ広報番組がやたらに絶叫長のコマーシャルが流され、それに、役人などが等が迎合して、不用な外国語の表示を推し進めたに違いない。ようこそジャパンと書かれた文字のデザイン自体が、下手な外国人尾毛筆書体であって、もともと媚を感じるような広告であった。よーこそジャパンというのは、無国籍の表現でしたかない。日本語にもなっていない。

鉄道会社も、そうした不用なだけではなく、外国にこびるような発音をする案内のアナウンスはやめるべきである。

当ブログは、日本を訪れる観光客に対して親切にする点では人後に落ちるものではないが、そうした掲示やアナウンスの手法に、こびへつらいを感じるからである。ちなみに、ニューヨークの空港では、日本語表示はなくなったというではないか。平等互恵に対する関心もなく、一方的に独りよがりの迎合では逆に、日本を訪れる観光客からは、そうした媚を売る様な案内に対して侮蔑の念を抱かせることになりかねない。

観光政策の担当のお役所の関係者には、おそらく、小泉・竹中政治の支持者が救っているに違いない。観光庁の発足が伝えられるが、人事も、そうした、よーこそジャパン一派を一掃してから、自立自尊の観光政策をすすめてほしいものである。

|

« Announcement Complex | トップページ | Collapse of Market Fundamentalism »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/42515231

この記事へのトラックバック一覧です: Announcement Complex:

« Announcement Complex | トップページ | Collapse of Market Fundamentalism »