構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Diplomacy | トップページ | Economic Tumult »

Economic Tumult

市場原理主義の政治経済が世界的に崩壊して、終焉を見つつある。激動の時代である。その中で平穏を保つことが必要であり、また市場原理主義者はこうした混乱の中でも、一儲けしようとする傾向が顕著であるから、それに対抗するためには、生産を大切にすることが必要である。市場原理主義は基本的に生産を重視するのではなく、消費を重視してその流通によって、ピンはね、不労所得を狙うことが多い。

10月のニュースをおってみることにする。

|

« Diplomacy | トップページ | Economic Tumult »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/42897276

この記事へのトラックバック一覧です: Economic Tumult:

« Diplomacy | トップページ | Economic Tumult »