構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Diplomacy 2 | トップページ | Nobel Prize »

Fake Privatization 116

綿貫民輔・国民新党代表が比例区の北陸信越ブロックから立候補を表明した。自らの退路を断ち、郵政民営化の見直しと命を共にするという。切々たる訴えである。市場原理主義に対する徹底的な戦いである。世界が市場原理主義の終焉で混乱する中で、今後の政界再編にすべての政治生命をかけるとの判断である。

http://www.watanuki.ne.jp/message/200801003.shtml

|

« Diplomacy 2 | トップページ | Nobel Prize »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/42898154

この記事へのトラックバック一覧です: Fake Privatization 116:

« Diplomacy 2 | トップページ | Nobel Prize »