構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Market Fundamentalism | トップページ | Fake Privatization 109 »

Fake Privatization 108

鈴木宗男議員のブログに郵政民営化関連の記事が載っている。新党大地を国民新党が支援するというニュースである。反自由主義、反市場原理主義の政治的な行動が北海道で具体化しつつある。郵政民営化で最も被害が大きかったのはおそらく北海道であったろうと推察されるがどうだろうか。

リンク先は、ムネオ日記の10月4日号である。政治家の日記としては読み応えがある。

http://www.muneo.gr.jp/html/diary200810.html

「10時から国民新党副幹事長、長谷川憲正参議院議員を迎えて「郵政政策研究会の集い」が全道から郵便局長さん、婦人会代表、OBの皆さんの出席をえて開かれる。
 その中で長谷川国民新党副幹事長は「新党大地と国民新党は院内会派も組み、郵政民営化見直しについては同じ考えであり、次期衆議院選挙北海道比例区については新党大地を推薦するので、是非とものご協力を頂きたい」とご挨拶して下さった。出席の皆さんの拍手も頂き有り難い限りだ。
 新しい流れ、動きに感謝の気持ちで一杯である。郵政政策研究会北海道地方本部、北海道地方郵便局長会、婦人部の皆さん、郵雪会、前北海道大樹支部の皆さんに心からのお礼を申し上げたい。人間関係は重く尊いものである。」

|

« Market Fundamentalism | トップページ | Fake Privatization 109 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/42688647

この記事へのトラックバック一覧です: Fake Privatization 108:

« Market Fundamentalism | トップページ | Fake Privatization 109 »