構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Corrupt Postal Privatization 33 | トップページ | Corrupt Postal Privatization 35 »

Corrupt Posatal Privatization 34

かんぽの宿等の譲渡対象施設が明らかになった。

小樽、十勝川、一関、横手、松島、郡山、いわき、大洗、潮来、塩原、栃木喜連川、草津、磯部、寄居、鴨川、旭、勝浦、青梅、箱根、石和、柏崎、諏訪、富山、山代、福井、熱海(本館・別館)、修善寺、伊豆高原、焼津、浜名湖三ヶ日、三ヶ根、知多美浜、恵那、岐阜羽島、鳥羽、熊野、彦根、舞鶴、富田林、大和平群、奈良、白浜、紀伊田辺、有馬、赤穂、淡路島、皆生、美作湯郷、竹原、光、湯田、観音寺、坂出、徳島、道後、伊野、北九州、柳川、島原、別府、日田、山鹿、阿蘇、日南、那覇、酒田、白山尾口、庄原、宇佐、ラフレ埼玉の70施設であるが、これに、首都圏社宅の九施設が抱き合わせとなっていることが明らかになった。

その九社宅は、

東村山社宅(東京都東村山市萩山町 893㎡(土地面積) 457㎡(延建物面積) RC造2階 平成6年3月(当初の開業) (以下、面積などを同じ順番で掲載する)

小平社宅(東京都小平市大沼町 1076㎡ 692㎡ RC造3階 平成6年3月)

町田社宅(東京都町田市中町 484㎡ 510㎡ RC造3階 平成4年8月)

府中社宅(東京都府中市押立町  793㎡ 485㎡ RC造2階 平成7年1月)

所沢社宅(埼玉県所沢市緑町 951㎡ 619㎡ RC造2階 平成6年10月)

宮前平社宅(神奈川県川崎市宮前区宮前平 1183㎡ 1119㎡ RC造4階地下一階 昭和47年8月)

大倉山社宅(神奈川県横浜市港北区菊名 2340㎡ 3206㎡ SRC造7階 昭和56年5月)

武蔵境社宅(東京都武蔵野市境南町 3746㎡ 1837㎡ RC造3階 平成8年7月)

五反田社宅(東京都品川区西五反田 387㎡ 946㎡ RC造5階 昭和58年1月)

の九社宅である。先述の70施設のかんぽの宿等(これには宿の名前をつけてある宿泊施設の他に、宿泊施設に勤務する社員の住宅棟なども含まれるとしている。) 明らかになった売却予定額からすれば、「大バーゲンセール」と呼ぶ以外に他の呼び方があるだろうか。郵政民営化をめぐる土地不動産の疑惑は深まるばかりであるが、今後総務省などの監督官庁の調査はもとより、もとより国会のしかるべき委員会等で、徹底的に追求されて解明されることがまず必要であり、当然のことながら司法当局の関心が高まることも期待される。

|

« Corrupt Postal Privatization 33 | トップページ | Corrupt Postal Privatization 35 »

コメント

地方で1物件1万円で売却したのがあったそうですが、ポケットマネーで買いたかった。

投稿: いすけ屋 | 2009年1月28日 23時38分

一度覗いてみてください
http://policywatch.jp/hottopic/20090126/782/#comments
簡保売りとばし推進側の意見におかしいところをご指摘くださればうれしく思います。

投稿: ななし | 2009年2月 1日 11時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/43875547

この記事へのトラックバック一覧です: Corrupt Posatal Privatization 34:

« Corrupt Postal Privatization 33 | トップページ | Corrupt Postal Privatization 35 »