構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Corrupt Postal Privatization 42 | トップページ | Corrupt Postal Privatization 44 »

Corrupt Postal Privatization 43

かんぽの宿で、一万円で売却された施設が、6000万円で転売されていることが明らかになったが、その売却先の会社名まで明らかになった報道が行われた。いずれにしても、一万円の売却は完全に不正である。コレデも、大新聞の社説は、不正ではないと言い張るのであろうか。新聞の社説が死んでいる。朝日新聞や、日本経済新聞の論説委員は恥をしるべきである。

http://www.data-max.co.jp/2009/01/1_117.html

 旧日本郵政公社は2007年4月1日、庶民に親しまれていた「かんぽの宿鳥取岩井」(鳥取県岩美郡岩見町岩井351)を、赤字を理由に売却した。
 購入したのは、東京都中央区銀座の(有)レッドスロープという不動産会社。売却額はなんと「1万円」だったという。
 購入したレッドスロープは、ほぼ6ヶ月後の07年9月20日、地元の社会福祉法人フォイボスに対し6,000万円で売却していた。同施設は現在老人ホームとして使用されている。

元「かんぽの宿鳥取岩井」概要
敷地面積
 13,041m2(約4,000坪)
建物面積
 3,592m2(約1,088坪/3階建)
築後30年以上経過しているが、リニューアルされていた。」

|

« Corrupt Postal Privatization 42 | トップページ | Corrupt Postal Privatization 44 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/43906295

この記事へのトラックバック一覧です: Corrupt Postal Privatization 43:

» 民営化で郵政施設は食い物に。郵政は国営化に戻そう。 [ふじふじのフィルター]
 驚くべき事実が明らかになった。  何と1万円で売られた「かんぽの宿」が、約半年 [続きを読む]

受信: 2009年1月30日 22時46分

» 国家のダニ [喜八ログ]
買弁・亡国奴の皆様には、きっちりと「堀の中」に落ちてもらって、檻《おり》の中でカンカン踊りを踊っていただきましょうよ。「国家のダニ」ともいうべき悪質勢力が一掃されることを、心より祈ります。... [続きを読む]

受信: 2009年1月31日 22時41分

« Corrupt Postal Privatization 42 | トップページ | Corrupt Postal Privatization 44 »