構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Corrupt Postal Privatization and Newspapers Editorial | トップページ | Corrupt Posta Privatization 48 and Newspapers Editorial »

Corrupt Postal Privatization 47

かんぽの宿の売却をめぐる疑惑がいよいよ表面化して、一万円の値段で売却してこれが6000万円で転売されたとの事実が表面化しているさなか、31日午前から、東京都内の中野サンプラザのホールで、全国の郵便局長会、郵政政策研究会、などが、臨時会合を開催した。会合には、民主党の小沢代表が来賓挨拶を行い、そのほか、国民新党の綿貫代表、亀井静香代表代行、亀井久興幹事長、自見庄三郎元郵政大臣(参議院議員)、長谷川憲正参議院議員、民主党の菅代表代行、鳩山幹事長、原口一博議員などが出席して、郵政民営化の見直しを実現させようと、1.31宣言と題する文書を採択した。議事は公開して進められた。

「民営・分社化後の実態はその破壊である。サービスダウンを訴えるお客様からの多くの苦情や、将来、地域から郵便局がなくなるのではないかとする不安の声、郵便局現場における職員の著しいモチベーションの低下等々。放置できない数々の重大欠陥が明らかとなった。この現状を打破し、公共性と効率性の調和のとれた、より良い民営化をかんせいさせるためにも、郵便局が国家国民のため、地域のため、より利便性の高いものとなるよう、三事業一体体制に再構築し、郵便局が地域社会になくてはならない存在として機能し続けるべく、郵政民営化の抜本的見直しを絶対に実現しなければならない。」としている。  

|

« Corrupt Postal Privatization and Newspapers Editorial | トップページ | Corrupt Posta Privatization 48 and Newspapers Editorial »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/43912484

この記事へのトラックバック一覧です: Corrupt Postal Privatization 47:

» 茨城県医師会の良心と良識 [狐と狸とカラスどもに怒りを]
相変わらず楽しませてくれる茨城県医師会。 今度は定額給付金で自民党を痛烈批判。 後期高齢者医療保険制度に対して、全国に先駆けて反対の狼煙(のろし)をあげたことで知られる同医師会。 茨城県医師会が変える政治風土 後期高齢者医療保険を世論が追いつめた その後民主党支持を明らかにしていたが、更に自民党へ嫌がらせ。 定額給付金の寄付呼び掛け 茨城県医師会、民主候補に献金 (47news 1/26) 茨城県医師会の有志が26日、政府の定額給付金に抗議するため、会員の開業医ら約1400人に給付分の寄付... [続きを読む]

受信: 2009年1月31日 20時50分

« Corrupt Postal Privatization and Newspapers Editorial | トップページ | Corrupt Posta Privatization 48 and Newspapers Editorial »