構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Fake Privatization 132 | トップページ | Fake Privatization 134 »

Fake Privatization 133

伊勢志摩と日光にある、リゾート法の下で建設された、郵便貯金の普及宣伝施設が、数百億円を越える投資額で建設された高品質のリゾート、国民が長期滞在出来るリゾート施設が、なぜ、わずかに、それぞれ4億円で民間の特定の会社に(地方自治体を迂回するという込み入った手法をとりながら)売却されたのか、疑問が残る。鳩山総務大臣のかんぽの宿の売却問題の調査とあわせて、究明されてしかるべき話である。

|

« Fake Privatization 132 | トップページ | Fake Privatization 134 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/43662947

この記事へのトラックバック一覧です: Fake Privatization 133:

« Fake Privatization 132 | トップページ | Fake Privatization 134 »