構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

Market Fundamentalism

医師会にも市場原理主義に反対する動きが出ている。

茨城県医師会の動きについてのブログがある。ご参考まで。http://blog.goo.ne.jp/yamame1235/e/8030b0e7a90cfe4cbed51b289340d2e5

Market Fundamentalism

スティグリッツ教授の「市場は自らを律することができない」とする論文。

http://www.newsweek.com/id/177447/output/print

Markets Can’t Rule Themselves

A 'made in the U.S.A.' financial crisis highlights the need for more global—and more robust—oversight.

Joseph E. Stiglitz

NEWSWEEK

For years, there has been an ongoing discussion among world leaders and thinkers about deficiencies in the international financial architecture and about economic imbalances, including the widening U.S. trade deficit. Many worried about a disorderly unwinding of these imbalances. Nothing was done.

We are now paying the price for our failure to act. Ten years ago, the fear was that financial turmoil in the developing world might spill over to the advanced industrialized countries. Today, we are in the middle of a "made in the U.S.A." crisis that is threatening the entire world.

If we are going to address this worldwide crisis and prevent a recurrence, we must reform and reconfigure the global financial system. There are simply too many interdependencies to allow each country to go its own way. For example, the United States benefited from its export of toxic mortgages; had it not sent some of them to Europe via complex securitization, its downturn would have been far worse. But the resulting weaknesses in Europe's banks are now ricocheting back to the United States.

Better regulation would have helped prevent such a situation. But the reform of the global financial system must go much further. For example, there must be better monetary-policy coordination around the world. Europe's current slowdown is due in part to the fact that while the European Central Bank spent the past year focusing on inflation, the United States was (rightly) focusing on the impending recession. The resulting difference in interest rates led to a strong euro and weak exports. That hurt Europe. But a weak Europe eventually hurts the United States, as Europe is forced to reduce its imports of American goods. With better coordination, perhaps America would have been able to convince Europe of the risks of recession, and that would have led to moderation of Europe's interest rates.

There is also a need for internationally coordinated stimulus programs to help jump-start growth. It is good news that China, the United States and Japan have now all instigated major programs of fiscal expansion. But they are of vastly different sizes, and so far, Europe's is lagging behind. Its growth and stability pact imposes constraints that may have global consequences.

Beyond this, confidence in financial markets will not be fully restored unless governments take a stronger role in regulating financial institutions, financial products and movements of capital. Banks have shown that they can't manage their own risk, and the consequences for others have been disastrous. Even former Fed chairman Alan Greenspan, the high priest of deregulation, admits he went too far.

What we need now is a global financial regulatory body to help monitor and gauge systemic risk. If financial rules are allowed to vary too widely from nation to nation, there is a risk of a race to the bottom—some nations will move toward more lax regulation to capture financial business at the expense of their competitors. The financial system will be weakened, with consequences that are now all too apparent.

What should this new set of global financial rules encompass? For starters, it should ensure that managerial incentive schemes are transparent and do not provide perverse encouragement for bad accounting, myopic behavior and excessive risk taking. Compensation should be based on returns not from a single year but over a longer time period. At the very least, we should require greater transparency in stock options, including making sure that they receive appropriate accounting treatment. And we need to restrict the scope for conflicts of interest—whether among rating agencies being paid by those they are rating, or mortgage companies owning the companies that appraise the properties on which they issue mortgages. We need to restrict excessive leverage, and other very risky behavior. Standardization of financial products would enhance transparency. And financial-product safety and stability commissions could help decide which products were safe for institutions to use, and for what purposes. We have seen what happens if we rely on bankers to regulate banking.

Beyond better global coordination of macroeconomic policy and regulation, there are at least two other actions governments should take. First, we need a reform of the global reserve system. More than 75 years ago, John Maynard Keynes, the greatest economist of his generation, wrote that a global reserve system was necessary for financial stability and prosperity; since then the need has become much more dire.

Keynes's hope was that the International Monetary Fund would create a new global reserve currency that countries would hold instead of sterling (the reserve of the time). Today, such a currency could be used to replace the dollar as the de facto reserve currency. Because it would not depend on the fortunes of any one country, it would be more stable. Supply could be increased on a regular basis, ensuring that reserves kept up with countries' needs. Issuance could be done on the basis of simple rules—including punishment for countries that caused global weaknesses by having persistent surpluses. This is an idea whose time may have finally come.

The other major reform should be a new system of handling cross-border bankruptcies (including debt defaults by sovereign states). Today, when a bank or firm in one country defaults, it can have global ramifications. With various national legal systems involved, the tangle may take years to unwind. For example, the problems arising from Argentina's 2001 default are still not resolved, and bankruptcy complications plagued South Korea and Indonesia during their crises a decade ago, slowing down the process of recovery. The world may soon be littered with defaults, and we need a better way of handling them than we have had in the past.

This crisis has highlighted not only the extent of our interdependencies but the deficiencies in existing institutions. The IMF, for instance, has done little but talk about global imbalances. And as the world has focused on problems of governance as an impediment to development, deficiencies in the IMF's own governance meant its lectures had little credibility. Its advice, especially that encouraging deregulation, seems particularly hollow today. Many critics in Asia and the Middle East, where pools of liquid capital dwarf the IMF's own, are wondering why they should turn over their money to an institution in which the United States, the source of the problem, still has veto power, and in which they have so little voting power.

This is a Bretton Woods moment—a time for dramatic reforms of existing institutions or, as was done at the end of World War II, the creation of new ones.

Until now, Washington has consistently blocked efforts to create a multilateral global financial system that is stable and fair. It exported the deregulatory philosophy that has proved so costly, both to itself and to the world. President Obama has an opportunity to change all this. Much depends—now and for decades to come—on his response.

Stiglitz is a Nobel laureate in economics and a professor at Columbia University.」

Corrupt Postal Privatization 49

当ブログの読者にはあらかじめ、下記のリンクの日本トラスティー・サービス信託銀行の内容について勉強しておいていただけるとありがたい。

http://www.japantrustee.co.jp/corporate/business.html

郵政民営化の背後の力についてこれからいろいろと明るみに出ることが予想されるがその事前の予習として読んでおくことが必要になるかもしれない。

ちなみに、ウィキには、2007年九月、日本郵政公社が外部委託する郵貯・簡保機構の保有する約130兆円の債券管理業務をマイナス9億8000万円で落札と記述されている。マイナス9億8000万円で落札の意味は当ブログでは理解していない。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E4%BF%A1%E8%A8%97%E9%8A%80%E8%A1%8C

関連のブログ記事があったので、ご参考まで。

http://www.financial-j.net/blog/2007/09/000318.html

Corrupt Posta Privatization 48 and Newspapers Editorial

鳩山総務大臣が、かんぽの宿の疑惑をも,最後まで責任を持って追求することを求める社説が出た。北海道新聞である。一万円で買って6千万円で転売することはもう事件である。

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/144195.html

「日本郵政が保養・宿泊施設「かんぽの宿」売却を一時凍結することを決めた。

 売却価格が安すぎるとの批判に対し、専門家を交えた検討委員会をつくり、譲渡方法などを点検する。

 売却に反対する鳩山邦夫総務相に理解を求めるというが、施設の実勢価格などが明らかになるにつれ、疑問は広がるばかりである。

 一時凍結ということではなく、売却をいったん白紙に戻してはどうか。経緯や資産価値を洗い直し、国民の理解を得る必要がある。

 日本郵政は二度の入札を経て、昨年十二月、「かんぽの宿」七十施設をオリックス不動産に約百九億円で一括売却することを決めた。今年四月に譲渡する予定だった。

 これに対し、鳩山氏が異議を唱えた。「なぜ不動産価格が下がっているこの時期に売るのか」「なぜオリックスなのか」などの疑問点を挙げ、質問書を日本郵政に提出した。

 日本郵政の西川善文社長は入札手続きは「公明正大に取り運んできている」と強調する。一時凍結についても、オリックス不動産への売却の「白紙撤回ではない」としている。

 しかし、施設の建設費用は約二千四百億円に上るという。それを二十分の一以下の価格で譲渡することには、やはり違和感を覚える。

 売却対象に含まれる「ラフレさいたま」は約三百億円を投じて建設された豪華施設である。実勢価格は百億円以上。一緒に売却される首都圏の社宅九物件は四十億円以上の資産価値があるとみられている。

 旧日本郵政公社の時代、一万円で業者に売った鳥取県内の「かんぽの宿」が半年後に六千万円で転売された事例も明らかになった。売却方法に問題なしとは言い切れまい。

 問いたいのは、国民の目の届くところで事業譲渡が行われているかだ。日本郵政は施設ごとの資産評価額や入札参加企業などを公表していない。これでは譲渡が適正だったか、判断しようがない。

 検討委では譲渡のあり方を論議するが、入札過程の検証までは踏み込まないという。

 鳩山氏は、売却先の親会社オリックスの宮内義彦会長が郵政民営化の議論にかかわっていたとして、譲渡は「できレース」と批判する。検討委では、こうした疑問点が置き去りにされかねない。

 内部の検討委で時間を稼いでいれば、やがて衆院解散・総選挙で議論をうやむやにできる。日本郵政にはそんな思惑もありはしないか。

 個別売却の実現性も大事な論点だ。火を付けた鳩山氏には、より現実的な解決策を見いだせるよう最後まで責任をもって取り組んでほしい。」

Corrupt Postal Privatization 47

かんぽの宿の売却をめぐる疑惑がいよいよ表面化して、一万円の値段で売却してこれが6000万円で転売されたとの事実が表面化しているさなか、31日午前から、東京都内の中野サンプラザのホールで、全国の郵便局長会、郵政政策研究会、などが、臨時会合を開催した。会合には、民主党の小沢代表が来賓挨拶を行い、そのほか、国民新党の綿貫代表、亀井静香代表代行、亀井久興幹事長、自見庄三郎元郵政大臣(参議院議員)、長谷川憲正参議院議員、民主党の菅代表代行、鳩山幹事長、原口一博議員などが出席して、郵政民営化の見直しを実現させようと、1.31宣言と題する文書を採択した。議事は公開して進められた。

「民営・分社化後の実態はその破壊である。サービスダウンを訴えるお客様からの多くの苦情や、将来、地域から郵便局がなくなるのではないかとする不安の声、郵便局現場における職員の著しいモチベーションの低下等々。放置できない数々の重大欠陥が明らかとなった。この現状を打破し、公共性と効率性の調和のとれた、より良い民営化をかんせいさせるためにも、郵便局が国家国民のため、地域のため、より利便性の高いものとなるよう、三事業一体体制に再構築し、郵便局が地域社会になくてはならない存在として機能し続けるべく、郵政民営化の抜本的見直しを絶対に実現しなければならない。」としている。  

Corrupt Postal Privatization and Newspapers Editorial

朝日新聞がやっと事実報道に転じたようだ。かんぽの宿の売却で、総務大臣の介入を批判していたが、不正を称揚するものであることを当ブログは指摘した。おそらく朝日新聞の社説は、郵政民営化を推進していた論説委員が執筆したものと推測されるが、全く不当なものであった。ボロボロと不正が明らかになりつつある中で、ようやく事実の報道に踏み切ったようである。今後は、調査報道に徹して踏み切って、郵政民営化の闇の部分を太陽の光にあててほしいものである。

http://www.asahi.com/national/update/0131/OSK200901310039.html

Photo_2 旧日本郵政公社が07年に一括売却し、東京の不動産会社が1万円で入手した鳥取県岩美町の旧「かんぽの宿 鳥取岩井」が、直後に6千万円で鳥取市内の医療法人が同町内に設立した社会福祉法人に転売されていたことがわかった。

 この施設は温泉付きの宿泊施設として78年にオープン。93年に約3万2千人だった宿泊者数が05年には約1万7千人に減少。経営悪化のため、06年7月に廃止が決まり、07年には他のかんぽの宿とともに不動産会社7社に一括売却され、東京の不動産会社が1万円と評価して手に入れた。

 同年9月、岩美町岩井の社会福祉法人「フォイボス」が、施設を手に入れた不動産会社から敷地(約1万3千平方メートル)と建物を合わせて6千万円で購入。約1億1千万円の改修費をかけて、鉄筋3階建て延べ約3600平方メートル(入所定員50人)の老人ホームとしてオープンさせたという。同医療法人の森本雅義事務長は「6千万円という購入額はこちらから提示し、当時は安いと考えていたが、評価額が1万円だったとは知らなかった」と話している。 」

ただしこの記事も、他のメディアでは、一万円で手に入れた会社の名前などがどんどん報道されているにもかかわらず、それを押さえたままで書いているところがある。

Corrupt Postal Privatization 45

今、オリックス関連でかんぽの宿が話題になっているが、医療関連でもいろいろな事例が見受けられる。

ひとつのブログが取り扱っている。

http://yoshio-niikura.cocolog-nifty.com/tanabota/2009/01/post-c29c.html

Corrupt Postal Privatization 44

かんぽの宿譲渡リストから、世田谷レクセンターが消えた謎についての記事。

http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/12eec1c34016345323365f32e3d4f36f

Corrupt Postal Privatization 43

かんぽの宿で、一万円で売却された施設が、6000万円で転売されていることが明らかになったが、その売却先の会社名まで明らかになった報道が行われた。いずれにしても、一万円の売却は完全に不正である。コレデも、大新聞の社説は、不正ではないと言い張るのであろうか。新聞の社説が死んでいる。朝日新聞や、日本経済新聞の論説委員は恥をしるべきである。

http://www.data-max.co.jp/2009/01/1_117.html

 旧日本郵政公社は2007年4月1日、庶民に親しまれていた「かんぽの宿鳥取岩井」(鳥取県岩美郡岩見町岩井351)を、赤字を理由に売却した。
 購入したのは、東京都中央区銀座の(有)レッドスロープという不動産会社。売却額はなんと「1万円」だったという。
 購入したレッドスロープは、ほぼ6ヶ月後の07年9月20日、地元の社会福祉法人フォイボスに対し6,000万円で売却していた。同施設は現在老人ホームとして使用されている。

元「かんぽの宿鳥取岩井」概要
敷地面積
 13,041m2(約4,000坪)
建物面積
 3,592m2(約1,088坪/3階建)
築後30年以上経過しているが、リニューアルされていた。」

Corrupt Postal Privatization 42

衆議院本会議(一月30日)における、国民新党亀井久興議員による代表質問とこれに対する鳩山総務大臣が、いずれも、かんぽの宿の不正売却に関して行われた。

http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=39554&media_type=wn&lang=j&spkid=220&time=02:49:12.1

Corrupt Postal Privatization 41

民営化された郵政も相当の腐敗のようであるが、日本経済新聞の社説は、度し難いものがある。

(日本経済新聞社説 2009*01/30.)

>何とも不可解だ。日本郵政は宿泊施設「かんぽの宿」のオリックスへの譲渡凍結を表明した。鳩山邦夫総務相が宮内義彦オリックス会長の公職歴などを盾に反発し、譲渡手続きに必要な会社分割の認可を得られそうにないからだという。

何とも不可解な社説である。今回鳩山総務大臣が、かんぽの宿の売却について介入できたのは、まさに、会社分割の手続きをして、不動産売買関連の地方税をせつぜいしようとしたところから、足がついたのである。そもそも、民営化法自体が、国民が営々として気づきあげた郵政資産を、民間人がきて勝手に売却できるように、書いた不正な法律であったから、鳩山大臣はむしろ介入できる糸口がほとんどなかったのである。それを、昨年末の暮れのどさくさに、総務相に認可を求め、それがやっと、フィルターにかかり、実際問題としても一万円で売られていたとか、それが6000万で転売されてい田とか、ぼろぼろと不正の実態が明らかになっている矢先である。宮内オリックスの会長の公職歴のみならず、他の履歴も実は、問題なのではないのか。

>十分な証拠も示さず政治の圧力で入札結果を覆す総務相の姿勢は全く納得できないが、「公明正大な手続きだ」といいながら、満足な説明もなく簡単に折れた日本郵政の西川善文社長の姿勢にも問題がある。

政治の圧力も必要であるが、先述のように、株式分割であるから、総務大臣の権限は十分にある。どうもこの社説は、総務大臣の目に触れないように売れと行っているかの脳である。証拠は実は出そろっているのではないのか。資料を出していないのは、民営化郵政の方ではないのか。奇妙な論理である、西川社長が姿勢に問題が在るのは、満足な説明もなく簡単に折れたとしているが、おかしな論理で、西川社長の問題は、総務相の調査に対してもかたくなに、資料を提出をできるだけ拒みながら、調査委員会を設け手、一時期ふり形成となった事態を棚上げしようとするなどの姿勢が問題なのである。西川氏が、日本郵政の社長に就任すること辞退が、今なお不透明である。

>かんぽの宿は年50億円規模の赤字を出している。日本郵政は今年度事業計画に沿って競争入札を実施し、雇用維持を表明したオリックス不動産に108億円で70施設を一括譲渡すると決めた。総務相は猛反発し、日本郵政への質問状の答えにも「全く説得力もない」と述べた。

赤字赤字と大騒ぎであるが、それは減価償却期間の短期化のことによる見せかけの赤字であり、又、立派な建物であるからである。おそらく損益上はほとんど赤字は出てこないはずである。

>西川社長は「譲渡案は横に置き、原点に立ち戻って再検討する」と表明した。入札手続きは「公明正大で、疑いを持たれることはない」ともいう。総務相も西川社長も他の入札参加者や金額などの公表を控えている。外からみて何が譲渡凍結の原因なのかが、さっぱり分からない。

公表をせよとは書かない。狸寝入りをこんなところで決め込む社説で、何が原因なのかさっぱりわからない。新聞社であれば、原因を調査してほしいところである。

>総務相の主張は説得力を欠く。まず規制改革・民間開放推進会議議長だった宮内会長が率いるオリックスへの譲渡を「出来レース」と批判した点だ。入札に落ち度や不正があるのなら当然指弾されるべきだが、その根拠は示されていない。

そもそも、規制改革会議などが、市場原理主義の虚妄ではなかったのか。利益相反のオンパレードではないのか。オリックス関連の社外重役が日本郵政に入り込んでいるのを日本経済は隠すつもりだろうか。

>政治家の「直感」で入札という商慣行が否定されるようでは、国内企業どころか海外の日本に対する信頼も落としかねない。総務相に付和雷同する野党の姿勢も無責任だ。

直感は大事である。ノーベル賞などもほとんどが直感の産物である。鳩山大臣の直感を高く評価する。商慣行を否定したなどとは言いがかりである。商慣行のうらをくぐり抜けて一万円で売ったかんぽの宿が6000万で転売されているではないか。

>日本郵政も不正がないというなら総務相の指摘に粘り強く反論すべきだ。当初は政府の100%出資とはいえ、民間人の西川氏が日本郵政のトップになったのは、政治圧力に屈せず、合理的な経営判断で民営化の実をあげることを期待されたからではなかったか。入札価格が適正かどうかなどを判断できる具体的な情報を一般にも示す必要があった。

民間人の西川氏が日本郵政のトップになったことは、そもそも不幸の始まりではなかったのか。

>かんぽの宿70施設の建設費用は2400億円にのぼる。それが大幅に減価しているのは間違いない。採算を顧みず、ずさんな投資をした官の責任を不問に付すのもおかしい。←引用終わり

郵政公社の時代にも売却を促進するために、意図的に減価をしたのではないのか。地方税を払うことを避けるために、株式分割という手法を用いて、これが、鳩山総務大臣の目にとまるきっかけを作っただけの話ではないのか。郵貯のリゾートが、251億で建設された施設が、4億で、転売された事実をこの社説を書いている論説委員は知っていて書いているのだろうが、恐ろしい防いである。採算を顧みず、杜撰な投資をしたという宣伝をして買いたたかせるような見える。マッチポンプの社説である。杜撰な投資ではない。長い減価償却期間をとって立派な施設を建設したのである。アメリカあたりでは、お金持ちしかいけないようなリゾート施設を、日本では、かんぽや郵便貯金の普通の利用者がいけるように作ったのである。しかも、それは、本体事業と一緒に考えて、黒字の経営で、事実、70%を超えるお客が入っているという数字があるではないのか。こうした施設の売却を急いだ民間人の郵政関係者は、客が入らないように、たとえば修理を控えるなどの操作をしたのではないのか。かんぽの旅行会を廃止して、かんぽの宿の宿泊客の率を下げようとしたのではないのか。

愚劣な社説であり、世界の市場原理主義が破綻し、アメリカでオバマ新政権が登場して、ネオコンの連中が体調に向かっていることを全く知らないか無視するかのような、硬直した社説である。日本の経済を主導する新聞社の社説がコレでは、嘆かわしい限りであり、それ以上に国益を害する可能性すらある。

Corrupt Postal Privatization 40

一万円で売却されたかんぽの宿が、名前を変えて営業されていることがわかる。この際、日本郵政は、売却額、転売の湯無、転売されているときにはその額を公表すべきである。それが不可能であれば司直の手で捜査が行われてしかるべきである。もちろん、マスコミの調査報道が期待されるところである。

以下は、郵政民営化以前に廃止、売却などが行われたかんぽの宿等のリストが、ウィキにあったものである。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8B%E3%82%93%E3%81%BD%E3%81%AE%E5%AE%BF

郵政民営化に先立ち、一部において統廃合が行われた。

  • 網走保養センター(2004年2月29日で閉鎖。現在は「あばしり湖 鶴雅リゾート」の施設になっている)
  • 洞爺保養センター(2004年3月末で閉鎖)
  • 碇ヶ関保養センター(2004年3月末で閉鎖)
  • 越中庄川峡保養センター(2004年3月末で閉鎖)
  • 伊予肱川保養センター(2004年3月末で閉鎖)
  • 土佐中村保養センター(2004年3月末で閉鎖)
  • 男鹿保養センター(2004年3月末で閉鎖・2006年4月に「鵜ノ崎温泉 お宿楽一」としてオープンしたが、2008年6月に閉館)
  • 日向保養センター(2004年3月末で閉鎖)
  • 大沼保養センター(2005年3月末で閉鎖)
  • 十和田保養センター(2005年3月末で閉鎖)
  • 層雲峡保養センター(2006年3月末で閉鎖。大江戸温泉物語株式会社が買収)
  • 白石加入者ホーム(2006年3月末で閉鎖・2007年4月から「薬師の湯ひまわりセンター」としてオープン)
  • 盛岡保養センター(2006年3月末で閉鎖・2007年10月から医療法人友愛会の運営する有料老人ホーム・通所リハビリステーション・デイサービス拠点等に転用)
  • 米沢保養センター(2006年3月末で閉鎖)
  • 佐渡保養センター(2006年3月末で閉鎖。大江戸温泉物語株式会社が買収)
  • 妙高高原保養センター(2006年3月末で閉鎖。大江戸温泉物語株式会社が買収)
  • 安芸能美保養センター(2006年3月末で閉鎖)
  • 阿波池田保養センター(2006年3月末で閉鎖・12月から「大歩危祖谷阿波温泉 あわの抄」としてオープン)
  • 山中湖保養センター(2007年2月末で休止・3月末で閉鎖)
  • 鹿教湯保養センター(2007年2月末で休止・3月末で閉鎖。大江戸温泉物語株式会社が買収)
  • 能勢保養センター(2007年2月末で休止・3月末で閉鎖 5月より民営の「能勢温泉」としてオープン)
  • 但馬海岸豊岡保養センター(2007年2月末で休止・3月末で閉鎖)
  • 鳥取岩井保養センター(2007年2月末で休止・3月末で閉鎖)
  • 三瓶保養センター(2007年2月末で休止・3月末で閉鎖。2007年4月から「四季の宿・さひめ野」としてオープン)
  • 遙照山保養センター(2007年2月末で休止・3月末で閉鎖 6月より遙照山ホテルとしてオープン)
  • 武雄保養センター(2007年2月末で休止・3月末で閉鎖 9月より「奥武雄温泉・四季のそら」としてオープン)
  • 指宿保養センター(2007年2月末で休止・3月末で閉鎖 「こらんの湯 錦江楼」としてオープン)」

一万円で売却された鳥取のセンターが、6000万円で転売されているとの報道があったが、鹿児島県指宿のセンターも一万円で売却されているが、これがいくらで、転売されたか、読者の中でご存じの向けは、当ブログにトラックバックなりで連絡をお願いしたい。

大江戸温泉という会社は、日光の郵便貯金で建設したリゾート施設をわずか7億円で購入した会社であるが、かんぽの宿もいくつか買収していることがわかる。

Corrupt Postal Privatization 39

ようやく中日新聞がかんぽの宿の譲渡が不透明でありこれを晴らせとする社説を掲載した。ところで、かんぽの宿をめぐってのマスコミの社説で、朝日新聞と日本経済新聞は、オリックスへの売却を支持する論説を掲載し、又。産経新聞は竹中元総務相の市場原理主義の論説を掲載して民営郵政の土地不動産売却を指示する動きであった。ぼろぼろと出てくる郵政民営化の利権の闇をどう考えるのだろうか。日本のマスコミは、翼賛団体と化したかの様相であった。マスコミが、新自由主義の使い走りの役を担わされているのだろうか。郵政民営化の甘い汁を吸う構造が何かあったのか。マスコミの論説は腐っているらしい。

ともあれ中日新聞の一月30日社説である。日本郵政の社内調査を待つなどと主張して、悠長なところがあるが、ともあれ不透明であるから、その霧を晴らせとの点では、ようやく出た大マスコミの社説である。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2009013002000077.html

かんぽの宿 譲渡の不透明さ晴らせ

2009年1月30日

 二千四百億円を投じた施設が百九億円。日本郵政がたたき売りにさえ映る「かんぽの宿」売却の一時凍結を決めた。安すぎるという総務相の反対が発端だが売却の不透明さは晴らされるべきだ。

 日本郵政の西川善文社長は弁護士らで構成する検討委員会を二月にも発足させ「原点に立ち戻り、再検討する」と一時凍結を表明した。鳩山邦夫総務相の異議を認めた格好だ。

 保養宿泊施設・かんぽの宿は全国に七十カ所ある。簡易保険の資金運用の一環として二〇〇七年の郵政民営化前に整備されたが、毎年四十億円を超える赤字が続き、一二年九月までの廃止・譲渡が法律で定められた。

 日本郵政はその決定にしたがい、二度の入札を経て昨年暮れにオリックスの子会社と一括譲渡契約を結んだが、今年に入って鳩山氏が異議を唱えた。なぜオリックスなのか、なぜ一括譲渡なのか、なぜ不動産価格が下がるこの時期なのか-が主たる理由だった。

 オリックスの宮内義彦会長は政府の規制改革会議議長を務め郵政民営化も支持してきた。立場上応札を控え外から見守るべきではなかったか。総務相がなぜオリックスかの疑問を投げかけた理由だ。

 かんぽの宿につぎ込まれた用地取得・建設費は二千四百億円に上るが、売却額はその二十分の一足らず。国民にとってもいかにも不可解だ。日本郵政は「政府の財産評価委員会の評価額に近く問題はない」と説明するが、委員の多くを郵政関係者が占めており、果たして公正な評価だったか。

 一括譲渡の疑問については、三千人を超える従業員の雇用継続のためには不可欠としているものの、厚生労働省が年金資金を投じたグリーンピアの閉鎖では、個別売却しながらも深刻な雇用問題は起きなかった。

 日本郵政は施設ごとの資産評価額の情報開示を拒んでいるが、さいたま市の十五階建て「ラフレさいたま」の一施設だけでも百億円とされ、やはり一括には疑問がある。

 日本郵政はオリックス子会社への売却について鳩山氏の前任の増田寛也総務相から認可を得て、ホームページで一括売却を告知しており、手続き的にも瑕疵(かし)はないとしている。鳩山氏の反対論には権限乱用と疑問視する声もある。

 日本郵政の一時凍結、検討委設置を機に売却の手続き、経緯、売却額の妥当性を徹底的に調べ、国民を納得させてもらいたい。」

Corrupt Postal Privatization 38

一万円で買ったかんぽの宿を、6000万で転売したことが明るみに出た。そもそも、一万円で売ることがおかしいのである。郵政の関係者の責任追及が国会などで行われてしかるべきである。司直の手が入ることも期待される。国民に対する背任である。

時事通信が報道した。

「2007年3月、旧日本郵政公社から鳥取県岩美町の「かんぽの宿」を土地代を含め1万円で購入した東京の不動産開発会社が、半年後に鳥取市の社会福祉法人に6000万円で転売していたことが29日分かった。民営化を控えた郵政公社が、年間2670万円の営業赤字(05年度)を出す不採算施設として売り急いだ結果、買い手企業に短期で巨額の利益をもたらした格好だ。
 建物は1億円以上をかけて改修され、現在は老人ホームになっている。関係者によると、この社会福祉法人は設立に際し、閉鎖されるかんぽの宿を取得しようとしたが、既に他施設と一括で売却されることが決まっていた。このため、仲介業者を通じて売却先の不動産開発会社と交渉し、6000万円で引き取ることで合意。関係者は「郵政公社が1万円で売却したとは知らなかった」と話している」

Fake Postal Privatization 37

かんぽの宿のお得意さんの名簿が110万人分売られたかもしれないとの報道である。名簿については、安全保障上の問題があることがある。警察や自衛隊の厚生福祉関係の名簿などは、もし外国情報機関であれば、大枚のお金を出してでも買う可能性がある。そういうところと連動している恐れはないか。杞憂かもしれないが、そうした観点からも今回の郵政不動産疑獄を検証してみる価値はある。さて、オリックスとは何者なのか。

名簿についてのブログがあったので、一部引用。ご参考まで

http://octhan.blog62.fc2.com/blog-entry-401.html

「110万人顧客名簿も“叩き売り”
日本郵政が譲渡するは施設だけではありません。オリックスにとっては、同時に手に入る“顧客名簿”も宝の山なのです。何しろ、団塊世代を中心とした『かんぽの宿メンバーズ会員』は、全国で110万人。ほとんどが簡保に加入する“手堅い客”なので、名簿を活用すれば、さまざまなビジネスに結び付けることができる。しかも、今回の契約では『かんぽの宿』の運営期間の条件は2年間。社会保険庁のグリーンピアは10年の転売禁止が条件だったから大甘です。鳩山大臣も『2年過ぎたら土地や建物を売ることもあり得る』と指摘しているが、本当に濡れ手に粟ににりかねませんよ」(野党関係者)

オリックスは早くも投資家向けのリリースで、「かんぽの宿メンバーズ会員の皆さまに、新たなリテール商品・サービス提供も可能です」と宣伝している。日本郵政は、国民への説明義務があるのではないか。

「民営化移行後の日本郵政の暴走は目に余ります。郵便貯金会館(メルパルク)の売却もデタラメで、250億円かけて建設した『メルパール伊勢志摩』をわずか4億円で、210億円の『メルモンテ日光霧降』を7億円で民間企業に売り払っている。国営ではなくなり、チェックが甘くなったのをいいことに、やりたい放題です」(事情通)」

Corrupt Postal Privatization 36

読売新聞が、かんぽの宿をめぐる疑獄事件について、今夜初めて詳細な報道をした。鹿児島県の指宿市にあったかんぽの宿はなんと一万円で売却されたという報道である。民営化以前にも売却されており、郵政公社時代の売却であるから、民営化以前からの投げ売りである。背後関係等について今後明らかにされていくことが期待される。ところで、日本経済新聞と朝日新聞は社説で、オリックス社を養護するような記事を掲載したが、事実関係が明らかになる中で、マスコミの論説委員などと一部経済界との市場原理主義擁護の癒着がいよいよ明らかになってきたようである。

「日本郵政の保養宿泊施設「かんぽの宿」のオリックスへの一括譲渡を巡り、譲渡される70施設の土地代と建設費が約2400億円にのぼることが28日、明らかになり、鳩山総務相は簿価(約141億円)の算定経緯に強い不満を表明した。Click here to find out more!

 同日に行われた民主党のヒアリングで、日本郵政は70施設の土地代が約300億円、施設の建設費用は約2100億円だったと報告した。オリックスへの譲渡価格は約109億円で、鳩山総務相は記者団に対して、「土地だけを売るような値段だ」と批判した。

 また、日本郵政が提出した資料では、日本郵政公社が2006年から07年にかけて、自治体や民間事業者などに売却したかんぽの宿15か所の売却額も明らかになった。

 合計の建設費が約311億円かかった施設の売却費は計約13億円で、鳥取県岩美町、鹿児島県指宿市のかんぽの宿は、それぞれ1万円で売られていた。」

Market Fundamentalism

アメリカでは市場原理主義が失脚しましたが、新しい経済政策をめぐって、公共投資なのか減税なのかいろいろな議論が巻き起こっています。http://d.hatena.ne.jp/himaginary/20090120/tax_cut_argument

興味深い議論です。

Corrupt Postal Privatization 35

http://cgi2.nhk.or.jp/news/cgibin/K10038002711_0901271710_0901271712_mh.cgi

鳩山総務大臣の記者会見模様の映像である。

Corrupt Posatal Privatization 34

かんぽの宿等の譲渡対象施設が明らかになった。

小樽、十勝川、一関、横手、松島、郡山、いわき、大洗、潮来、塩原、栃木喜連川、草津、磯部、寄居、鴨川、旭、勝浦、青梅、箱根、石和、柏崎、諏訪、富山、山代、福井、熱海(本館・別館)、修善寺、伊豆高原、焼津、浜名湖三ヶ日、三ヶ根、知多美浜、恵那、岐阜羽島、鳥羽、熊野、彦根、舞鶴、富田林、大和平群、奈良、白浜、紀伊田辺、有馬、赤穂、淡路島、皆生、美作湯郷、竹原、光、湯田、観音寺、坂出、徳島、道後、伊野、北九州、柳川、島原、別府、日田、山鹿、阿蘇、日南、那覇、酒田、白山尾口、庄原、宇佐、ラフレ埼玉の70施設であるが、これに、首都圏社宅の九施設が抱き合わせとなっていることが明らかになった。

その九社宅は、

東村山社宅(東京都東村山市萩山町 893㎡(土地面積) 457㎡(延建物面積) RC造2階 平成6年3月(当初の開業) (以下、面積などを同じ順番で掲載する)

小平社宅(東京都小平市大沼町 1076㎡ 692㎡ RC造3階 平成6年3月)

町田社宅(東京都町田市中町 484㎡ 510㎡ RC造3階 平成4年8月)

府中社宅(東京都府中市押立町  793㎡ 485㎡ RC造2階 平成7年1月)

所沢社宅(埼玉県所沢市緑町 951㎡ 619㎡ RC造2階 平成6年10月)

宮前平社宅(神奈川県川崎市宮前区宮前平 1183㎡ 1119㎡ RC造4階地下一階 昭和47年8月)

大倉山社宅(神奈川県横浜市港北区菊名 2340㎡ 3206㎡ SRC造7階 昭和56年5月)

武蔵境社宅(東京都武蔵野市境南町 3746㎡ 1837㎡ RC造3階 平成8年7月)

五反田社宅(東京都品川区西五反田 387㎡ 946㎡ RC造5階 昭和58年1月)

の九社宅である。先述の70施設のかんぽの宿等(これには宿の名前をつけてある宿泊施設の他に、宿泊施設に勤務する社員の住宅棟なども含まれるとしている。) 明らかになった売却予定額からすれば、「大バーゲンセール」と呼ぶ以外に他の呼び方があるだろうか。郵政民営化をめぐる土地不動産の疑惑は深まるばかりであるが、今後総務省などの監督官庁の調査はもとより、もとより国会のしかるべき委員会等で、徹底的に追求されて解明されることがまず必要であり、当然のことながら司法当局の関心が高まることも期待される。

Corrupt Postal Privatization 33

郵政の不動産の簿価は、民営化がスタートした昨年10月現在で、2兆7236億円規模である。土地を1兆4076億円、建物などを1兆3160億円保有する。いかに巨額の資産を保有しているかがわかる。日本の不動産全体は約2300兆円規模で、そのうち法人所有の不動産が約490兆円である。急速な景気の悪化で、数字は縮小しているものと考えられるが、一応の目安になる。

三菱地所の1兆4148億円に比べるとわずかに少ないが、三井や住友の財閥系不動産会社を上回る。JR東海、JR東日本に比べると少ないが、NTTや、電力会社、その他の私鉄と比べても郵政の土地資産ははるかに大きい。郵政民営化は、こうした巨額の土地保有をめがけて行われたのではないかという噂があったが、まことしやかに聞こえる。郵政の固定資産の回転率が「悪い」という口実で、売却がどんどん行われているようだ。

2 0年前に、長期滞在型のリゾートを、ゴルフ場をと、「民活」「民活」の大合唱で、郵便貯金や、簡易保険の金も出せと迫られて、数百億の巨額の費用をかけて、日光や伊勢志摩にリゾート施設を造らされたが、そうした施設が、なんとたった4億円で売却されている。昨年末には、簡易保険の利用者のための「かんぽの宿」が、規制緩和会議の座長を長らく務めた御仁の会社に売却される予定だという。きな臭い話ではある。

リゾート法の騒ぎの中で、国立公園までが、ゴルフ場や別荘地の開発対象となり,乱開発があり、国土は荒廃したが、そんななかでも、郵貯や簡保がつくった施設は、今風に言えば環境にも配慮した、高品質の施設であった。設計には、外国が入札参加を要求するので、わざわざ、外国人設計家を起用したくらいで、当の外国ではお金持ちにしか利用できないような高級な品質の施設で、日本では庶民が利用できることとなり、予約の競争率も高く、宣伝を控えるような人気振りであっ。バブルが崩壊した後は、ゴルフ場は買い占められホテルやその他の施設は、キャリートレードの典型となって、のっとられたが、郵貯や簡保の施設は、のっとられもせずに、経営と続けてきた。公社化で減価償却の見かけの赤字が増えたが、コアの事業から補填すれば一挙に黒字にできるな立派な経営であった。他の国有の施設の税金垂れ流しの親方日の丸リゾートとは、まったく別の代物であったが、まぜこぜにされた。

 郵政資産の相次ぐ売却は、新自由主義の典型の手法のようにも見える。価格が崩壊した時にすかさず更地にして、元の目的や歴史や文化を捨象してしまう手法を、民営化会社は、とってはいないだろうか。郵政の場合、郵便、貯金、保険という郵政三事業で蓄積した資産を売却して、利益の還元を三事業に対して行うことをせずに、すなわち、郵便局の利用者たる国民に利益を還元せずに、元々の事業の資産を切り離して、一部の金融機関や不動産会社を利する私物化ではないのか。

東京中央郵便局や大阪中央郵便局あるいは名古屋の中央郵便局跡地などの開発も続々と発表されている。東京中央郵便局の再開発で立てられる高層ビルの入居者が内定しているような話までが流布している。大阪中央郵便局の跡地には、外国のサーカス劇場が進出するとか、言われているがそんなことの為に民営化したのだろうか。東京駅前の再開発ビルには外国観光客の誘致関連の団体が入居する由であるが、入居者や参加する事業者の選定過程がいかにも不明瞭ではないのか。民営郵政の担当部門に入り込んだ不動産会社の社員との、利益相反の問題もあるのではないかとの疑いも生じる。地方都市にある遊休土地で、地元の関係企業の参加する余地がないとの話しも聞くが、地方の経済をどう考えているのだろうか。例えば、沖縄では、戦後の外国占領の歴史を踏まえて、復帰直前に郵便貯金会館が建てられたから、その改築についても合意がなされて、返還された軍用地を購入している。そうした歴史や経緯については、山分け優先で一顧する余裕もないようにみえる。

 有形固定資産の回転率が悪いなどと言うが、工場であれば、立派な敷地に立派な工場を建てるだけ、回転率は悪くなる。研究所が森の中に立地して、思索を凝らすだけの環境を整えるだけで、回転率は悪くなる。ちなみに、郵政の資産は、通常の予想に反して、都市部に資産価値のある土地などが多いのが特徴である。、価格では約4分の三が人口集中地域にあり、時価にすると、冒頭の簿価と比べて更に額が増大する。市場公共性があればこそ、市場価値に見合う活用がなされてこなかったのである。地方や、過疎地域に低利用の財産があるのは当然の事である。地方振興にも関心はないようだ。

 持ち家を人口集中地域に購入できるほどの社員施策が出来るとは到底思えない現状の中で、不動産価値の高い地域に郵便局職員の社宅が配置されてきているのは、コアの事業の安定性を図る目的があったからではないのか。どこかの会社の重役のように、郊外の高級住宅地に住む余裕がなく、通勤の問題があるから都内に職住近接の住居を供給してきたのではないのか。さて社宅跡地を再開発して、高層住宅がつくられて、一般の国民あるいは低所得者のための住宅が建てられるとの話は聞かない。小奇麗な高い塀をめぐらす富裕者向けの住宅が建つのでは、国民は納得しないものと思われる。郵便貯金も、一千万円という上限があり、簡易保険も1300万円という加入限度額があり、社会政策上の目標があり、小さな「民」の倹約の結果に過ぎなかった。

郵政民営化が元々、構造改革という虚妄の政治で強行されたことを思い出すにつけ、巨額の国民資産が私物化されるとの懸念が拭い去れない。情報公開が強く求められるところであり、国会の質疑や調査報道機関でも取り上げられてしかるべきである。かんぽの宿の疑惑を突破口にして、鉄道やタバコ会社や郵政各社はもとより、民営化の中での不動産取引の実態にメスが入れられ、規制緩和、民営化、社会政策の削減という新自由主義の三大虚妄の一端がが明らかになることを期待する。世界の潮流ともなっている郵政の再公営化の一歩となることにも希望を繋げたい。
 

Chage, and Hope out of the Fake Privatization

The forces behind the destruction of Japan's competitive and powerful structures, that eroded the Japanese economy in the twentieth century have resurfaced recently.
The symbol of structural reform initiated by former prime minister Junichiro Koizumi is now slowly receding into the past and disappearing as a disastrous outcome of the market fundamentalism or new lieberalism theory.
Only one year ago, on October 1, 2007, Japanese postal services were privatized as the most most important milestone in a long-term conspicracies designed to promote greater economic freehands in the Japanese economy by the neocon followers but the venture is now under harsh criticisms. Japan Post, which had been changed from a government agency to a state-controlled corporation back in 2003, was again reorganized into four different business units—banking, insurance, mail service, and over-the-counter services—under Japan Post Holdings Co., Ltd., a holding company that will manage those units with indirect government control until complete privatization in 2017. Destroying  Japan Post’s 136-year-old tradition of services for the nation was done by the dictatorial political leader called Koizumi and his economi advisor Takenaka, both are now fading out into lime lights of the past political disasters. After the privatization the voices of discontent was raised among the custemers or Japanese ordinary citizens and now it is apparent that there was no economic advantages make this process worthwhile. The privatization of Japan Post is now widely said to be a total failure.

Postal privatization was so told to bring positive economic effects by eliminating traditional pump priming in the form of fiscal investment and loan programs (FILPs)—essentially an “automatic money supply”—thereby reducing pressure on the government budget. The FILPs, using money provided by Japan Post, were controlled by the Ministry of Finance and politicians who were backed by local interests involved with road construction and other public works, which was criticized for years as a waste of money and a buildup of hidden losses that would ultimately be covered by tax revenue. But it was a groundless why the Koizumi administration decided to privatize Japan Post. Some politicians argued in favor of FILPs  and importance of the public maintenance of the infrastructures but the voices were negated the manupulations of mass media and massive propaganda of the Koizumi government.
However, FILPs were successful in supporting small businesses and individuals in rural areas, so post offices in Japan was even regarded the basic infrastructure of the nation.
Politicians promoted the fake reform want to use it as a tool for political maneuvering by promoting postal privatization, to create an increasing income and wealth gap between rural and urban areas, in accordance with the disaster capitalism theories such as those of Milton Friedman and his Chicago school thoughts.

Japan Post used to be the biggest corporation in Japan in terms of the number of people it employs, 240,000. Japan Post Bank is the biggest savings bank in the world with total assets of 231 trillion yen, or $2.158 trillion, as of March 31, 2007. Japan Post Insurance, the so-called Kanpo, is the biggest life insurance company in the world with total assets of 116 trillion yen, or $1.084 trillion, as of March 31, 2007. Each is about two times bigger than the second largest competitors, and they operate through 24,000 post offices, small or big. The advantage of Japan Post in terms of employees, assets, and networks is viewed as a threat from competitors. Regional banks are especially nervous because the deposit share of Japan Post Bank in every prefecture except  Tokyo, Osaka, and Okinawa was more than 20 percent and outnumbers any other commercial banks. The Japanese Bankers Association and Regional Banks Association have repeatedly accused Japan Post of having an unfair advantage, but since last October the reputation of Japan Post is quickly fading.

Japan Posts of efficient and customer oriented management was thrown away and high qualities service standard of the post offices ware now down graded.
The well respected perfomance of the post offices were based on cozy relationships between Japan Post and related customers, presents a major challenge only one year after the privatization process. Koizumi government accused  what is known as the hereditary system, local local postmasters  have benefited from guaranteed employment by taking over such responsibilities from their parents and grandparents and maintaining long-established client relationships over generations. But that was groundless. Koizumi announced his retirement annoucing his seat at the Diet could be hopefully given to his son during the coming election. Privatized Japan Post’s chief executive officer, Yoshifumi Nishikawa (former CEO of Sumitomo Mitsui Financial Group), was appointed without due process of selection only stemming as a child of the economic tycoons of Japan which are supported by the villains of Wall street and its fundamentalist followers politician.

The privatization process for the past year was seriously painful one, especially  in rural and depopulated areas where operations were not profitable. Through the years of agony, some politicians opposed to the fake reform, especially in the People’s New Party and the Democratic Party of Japan, discussed a bill to abolish the postal privatization plan after the ruling Liberal Democratic Party was defeated in the Lower House election until September this year.

Yet successful but at least the bill amending the existing bill to prohibit the sale of Japan Post Bank and Japan Post Insurance shares to the public passed the Upper House last year though it was neglected by the lower House because still the House was dominated by the children of the Koizumi, or followers of Schok Doctrines. The endeavor of the law makers  was to protect these two affiliate companies from takeovers by foreign financial institutions or foreign private equity funds. Now most Japanese politicians understood the danger and limitations of the privatization process . FurtherJapanese voters anti-econmic fundametalism is sharply rising and want to stop it .

There is a hope that the current political turmoil in Japan, where a divided legislature could cause policy paralysis, butvwill have a positive impact to rectify the failures of the  postal privatization process. Prime Minister Aso has not offered specifics on the modifications , but it is quite clear that he pays close attention to public opinion. Postal privatization was controversial in the Diet from the outset of the new year and will continue causing political and social rifts until this summer, at the latest. It will be one of  major issues in the Lower House election.
Japan Post Holdings Co., Ltd., began operations last October but it is now clear that the defects and business models of divestures does not serve interests the Japanese citizens. Tides and weather of the economic and political situations has drastically been changed.

Some said the the dawn just before the sunrise is the darkest moment, and the largest devastating experiment of postal privatization in Japan is going to escape the collapse and by the incoming election, it can now be saved.

Corrupt Postal Privatization 32

郵政民営化が外国勢力の陰謀によるものだと、当ブログが主張すると、そんな陰謀論などありえる筈はないなどと純情な見方をする読者もある。国際関係とは、実にジャングルの中で猛獣と隣り合わせに生活しているようなものであり、また、砂漠の中で、水の量を測りながら旅を続けているようなものである。郵政民営化について、ニューヨーク連邦準備銀行の資料として、そのホームページに残っていた。アメリカによる日本の金融市場の開放策について詳細に書かれている。これに、日本の内外の関係者が追従したのだ。

http://www.newyorkfed.org/newsevents/speeches/1998/ep980427.html

1998年10年前に書かれた文章である。思い当たる節ばかりである。

Corrupt Postal Privatization 31

22日に発売された週刊文春1月29日号は、「鳩山総務大臣「かんぽの宿”闇”は私が晴らす」と題する記事を掲載している。

後半のくだりで、株式分割による事業譲渡という方法について、同誌は次のように書いている。「一括譲渡の公募に先立ち、日本郵政はメリルリンチに本証券とアドバイザリー契約を結んだ。そこで生み出されたのが、過去にあまり例のない株式分割による事業譲渡という仕組みだ。「今回、譲渡の対象となる施設の課税評価額は850億円。通常の取引であれば、不動産取得税や登録免許税などで40億円近い地方税がかかります。厚労省の施設売却でも、多額の課税がなされている。ところが、株式分割というスキームを利用することによって、この費用を7億円に軽減できるのです』(同前) こうしたカラクリは、いわば構造改革、郵政民営化の”あがり”をオリックスという一企業に献上することになりはしないか。』と書いてある。

ラフレさいたまについては、「「かんぽの宿』という語感から温泉地の保養施設を連想しがちだが、譲渡の対象には都市部の優良物件も少なくない。例えば、2000年にさいたま新都心駅の近くにオープンした「ラフレさいたま」は、地下2階、地上16階建ての大型宿泊施設だ。展望レストランやフィットネスクラブなどを備え、02年のサッカー日韓W杯では、優勝したブラジル代表チームも宿泊している。不動産鑑定士の概算では、「特殊な建物なので価格は多少上下するが、90億から110億円程度』。この物件だけでも落札価格いとほぼ同等というのだ。それだけではない。当初、日本郵政が詳細を明かさなかった「首都圏社宅9施設」は、それぞれ五反田、武蔵境、大倉山といった交通至便な住宅地にあり、こちらも合計で4、50億円の価値があると見られる。それがなぜ”大バーゲンセールになったのか。』と書く。かんぽの宿が話題になっているが、その他の郵政資産である郵便貯金会館、中央郵便局の再開発などの、民営化をめぐるすべての不動産売却、あるいは、開発について、追及が行われることが期待される。

Market Fundamentalism

エンロン事件いう、天文学的な粉飾決算の事件があった。わかりやすい解説がねっとに残っている。

http://www.niandc.co.jp/column/toda/20070416_1.html

http://www.niandc.co.jp/column/toda/20070416_2.html

http://www.niandc.co.jp/column/toda/20070416_3.html

http://www.niandc.co.jp/column/toda/20070416_4.html

http://www.niandc.co.jp/column/toda/20070416_5.html

Corrupt Postal Privatization 30

かんぽの宿の不正売却の疑惑で話題になっているオリックスの会長が務める、日本取締役協会の組織概要である。

http://www.jacd.jp/about_us/organization.html

前に本郵政公社総裁であった生田正治氏が副会長の役にあったが、今も名前を連ねている。郵政公社の非常勤理事であった池尾和人慶応大学教授の名前も見られる。コーポレート・ガバナンスの虚妄の本質を見るような思いである。

Corrupt Postal Privatization 29

長谷川憲正参議院議員のメールマガジンから。

「1月20日(火)、国民新党は、今、話題となっている“かんぽの宿”70施設のオリックス不動産への一括譲渡に関連し、この一括譲渡に含まれている「ラフレさいたま」の視察を実施しました。
参加者は、国民新党からは亀井久興幹事長と亀井郁夫、自見庄三郎、亀井亜紀子、森田高の各参議院議員及び長谷川憲正の6人、そして、民主党から原口一博、社民党から保坂展人、各衆議院議員の国会議員8人です。
視察の結果明らかになったことは、ラフレさいたまは、①かんぽの宿とは目的の異なる「健康増進施設」であり、かんぽの宿と一括で処理する必然性はないこと。②土地代61億円余り、建築費216億円余りを要した大型施設であり、現在でも大きな資産価値を有していること。③国の出先機関や公共施設の集中する「さいたま新都心」の中核施設の一つであり、その進出に地元自治体が深く関わっていたにもかかわらず、今回の譲渡に際しては、日本郵政から地元埼玉県には何の相談も連絡もなかったこと(埼玉県庁にも立ち寄り橋本副知事から説明を受けました)。④日本郵政は、この施設を一括譲渡に含めた理由として、従業員の雇用確保をあげていましたが、雇用が保障される職員はたった5人であること。などです。
全国のかんぽの宿約70施設と東京都内の9箇所の社宅(時価数十億円といわれる)に、このラフレさいたまを加え、わずか109億円での売却が、本当に妥当なものと言えるのか? 視察の結果は疑問というより、むしろ、オリックスに対して不当な特別な低価格で意図的に譲渡しようとしたものではないかという思いを強くしました。
国民新党は、他の野党とも協力しつつ、今後強力にこの問題の実態解明に当たります。」

Corrupt Posatal Privatization 28

国会議員が、かんぽの宿の売却をめぐる疑惑解明の一環として、埼玉県にあるラフレ埼玉の視察を行った。それに参加した保阪議員の視察の速報である。

http://www.senkyo.janjan.jp/report/0901/00003959.html

「利権の本丸」と化した郵政民営化の虚妄がようやく明らかになりつつある。

「 国民新党が「ラフレさいたま」に議員視察団を派遣すると聞き、長谷川憲正副幹事長に頼んで、同行させてもらった。大型バスで昼過ぎに出発したが、民主党の原口一博議員も昨夜、参加を決めたとのことで、「野党3党」の構図が出来た。さいたま新都心に現れた「ラフレさいたま」を見て、バスの中からは「オーッ」という声があがった。ホームページの写真で見る以上に立派な施設だった。
 日本郵政の有本眞介ラフレ埼玉館長が私たちに向けて説明を行った。
「平成5年に、地元の県知事、浦和、大宮、与野市長から宿泊施設建設の要望があり、平成12年9月にオープンしました。187室、223名の宿泊が可能で、満室率は75%です。毎年21億~22億円の収入がありますが、昨年は9000万円の赤字(内6500万円が原価償却)です」。私は質問をさせてもらった。土地・建物の初期費用はいくらだったのか。有本館長はつぎのように答えた。

土地 平成5年3月 61億8000万円
建物 平成4年11月 216億4000万円(合計で278億2000万円)
 それに、備品は含まれていますか、と聞くと、「含まれていません。今、手元に数字はありません」とのことだから、おそらく300億円は超えているのだろう。もうひとつ、質問をさせてもらった。

 借り入れ金はあるのですか。また、初期費用の300億円はどのように捻出されたのでしょうか。

 日本郵政の本社から来た担当者が答える。
 「そもそも、この施設は簡易保険福祉事業団が、簡易保険の余剰金から建設してきたもので、運営費については国からの交付金も出ていました。ですから、借り入れ金はありません」
 
 とすれば、100%「簡易保険加入者の共有資産」ではないか。もし、日本郵政が売却するのであれば、市場価格を下回らない価格をつけて、現在のかんぽ生命を通して簡易保険加入者(5000万件)の国民に配当するべきだろう。「ラフレさいたま」の1カ所だけでオリックスは丸儲けだ。他の「かんぽの宿」とは比べようもない資産価値がある。郵政出身の長谷川憲正議員が鋭い質問をした。
 「民営化される前と後で、この施設で変化したことはありませんか」

 有本館長は正直に答える。「ひとつだけあります。ここには健康診断の施設がありした。常勤のドクターと看護士がいて、身体状況をチェックしていました。これを民営化後に廃止しています」。私の頭の中には、雇用保険を原資とした豪華ホテル『スパウザ小田原』が浮かんできた。ここも、健康診断施設の名目で建設されたが、売却前にこの診断室は廃止されている。「ラフレさいたまは『かんぽの宿』ではないような気がするが、『かんぽの宿』なのかどうか」と聞いてみた。

 「ここは簡易保険総合健康増進センターとしてつくられましたので、『かんぽの宿』とは違います」と有本館長。手元に配られた封筒を見ると、確かに「ラフレさいたま」の下に「簡易保険総合健康増進センター」と書かれた文字が白テープで消されていた。オリックスへの一括売却リストの中に、「かんぽの宿」ではない「ラフレさいたま」や社宅がなぜ入りこんだのが不透明な印象を受ける。
 雇用を守るという条件で、一括譲渡したという説明も怪しくなってきた。ここで働いている職員(正社員)はわずかに5人。ホテル部門はウェルネス総合サービス、スポーツクラブはセントラルスポーツという委託先と契約を結んでいる。また警備や設備保守、清掃などは請負契約だ。つまり、アルバイトやパートでもなく、間接雇用の人たちで、事実上このホテルは運営されている。日本郵政とオリックスとの契約では、正社員は「期間の定めのない雇用とする」という一般的な条項があるだけで、しかもこの条項に該当するのは正社員である5人だけということも判明した。
まさに「百聞は一見にしかず」だ。この、タイムリーな視察を組み、突然の参加申し入れを快諾してくれた国民新党に感謝、感謝だ。原口議員も「予算委員会、総務委員会で徹底的にやりたい」と闘志満々だった。「小泉構造改革」の本丸と呼ばれた「郵政」が、インサイダー情報による「利権の本丸」となっていないかどうか、徹底審議を求めたいと思う。」

The Inaugural address

オバマ大統領の就任演説を読んでみる。いろいろな特徴がある。アメリカの転換を知る内容でもあり、また、激しい対立も読み取れる。1月20日行われた。

市場原理主義についても、随所に言及している。激しい論評である。

「皮肉屋が理解できないのは、彼らがよって立つ地面が動いたということだ。長い間、我々を疲れさせてきた陳腐な政治議論はもはや通用しない。我々が今日問うべきなのは、政府の大小ではなく、政府が機能するか否かだ。家族が人並みの給与の仕事を見つけたり、負担できる(医療)保険や、立派な退職資金を手に入れることの助けに、政府がなるかどうかだ。答えがイエスの場合は、その施策を前進させる。ノーならば終わりとなる。公的資金を管理する者は適切に支出し、悪弊を改め、誰からも見えるように業務を行う。それによって初めて、国民と政府の間に不可欠な信頼を回復できる」

問うべきなのは、市場の良しあしでもない。富を作り自由を広げる市場の力に比肩するものはない。だが、今回の(経済)危機は、監視がなければ、市場は統制を失い、豊かな者ばかりを優遇する国の繁栄が長続きしないことを我々に気づかせた。我々の経済の成功はいつも、単に国内総生産(GDP)の大きさだけでなく、我々の繁栄が広がる範囲や、機会を求めるすべての人に広げる能力によるものだった。慈善としてではなく、公共の利益に通じる最も確実な道としてだ」と明快に述べている。

日本国内で、ブッシュのネオコン政策に追従する時代は終わった。日本の政権党が新自由主義を追求する限り、日米関係は悪化することになる。アメリカは変わった。日本の対応も当然のことながら変らなければならない。規制緩和、民営化、公共政策の削減がいかにも正しいことかのように喧伝したきた、連中の底がアメリカでは割れたということだ。急いで、この国日本でも、亜流の追従を捨て去ることが必要である。

オバマ大統領の就任演説全文は次の通り。

My fellow citizens: I stand here today humbled by the task before us, grateful for the trust you have bestowed, mindful of the sacrifices borne by our ancestors.

I thank President Bush for his service to our nation...

(APPLAUSE)

... as well as the generosity and cooperation he has shown throughout this transition.

市民の皆さん。私は今日、我々の前にある職務に対して謙虚な気持ちを抱き、あなた方から与えられた信頼に感謝し、先人が支払った犠牲を心に留めながら、ここに立っている。私は、ブッシュ大統領の我が国への奉仕、並びに大統領がこの政権移行期間に示した寛容さと協力に感謝する。

Forty-four Americans have now taken the presidential oath.

The words have been spoken during rising tides of prosperity and the still waters of peace. Yet, every so often the oath is taken amidst gathering clouds and raging storms. At these moments, America has carried on not simply because of the skill or vision of those in high office, but because We the People have remained faithful to the ideals of our forebears, and true to our founding documents.

So it has been. So it must be with this generation of Americans

.これで44人の米国人が大統領就任宣誓を行った。宣誓は、繁栄の高まりのときや、平和で静かなときに行われたこともあった。しかし、しばしば、宣誓は、暗雲が垂れこめるときや荒れ狂う嵐のときに行われた。こうした時、米国は、指導者たちの技量や理念だけに頼ることなく、我々人民が祖先の理想に忠実で、建国の文言に忠実であることによって、乗り切ってきた。

 これまではそうだった。この世代の米国人もそうあらねばならない。

That we are in the midst of crisis is now well understood. Our nation is at war against a far-reaching network of violence and hatred. Our economy is badly weakened, a consequence of greed and irresponsibility on the part of some but also our collective failure to make hard choices and prepare the nation for a new age.

Homes have been lost, jobs shed, businesses shuttered. Our health care is too costly, our schools fail too many, and each day brings further evidence that the ways we use energy strengthen our adversaries and threaten our planet

.我々が危機の最中にいることは、現在では明白だ。我々の国家は、暴力と憎悪の広範なネットワークを相手に戦争を行っている。我々の経済は、ひどく弱体化している。一部の者の強欲と無責任の結果であるだけでなく、厳しい決断をすることなく、国家を新しい時代に適合させそこなった我々全員の失敗の結果である。家は失われ、職はなくなり、ビジネスは台無しになった。我々の健康保険制度は金がかかり過ぎる。荒廃している我々の学校はあまりにも多い。さらに、我々のエネルギーの消費のしかたが、我々の敵を強化し、我々の惑星を脅かしているという証拠が、日増しに増え続けている。

These are the indicators of crisis, subject to data and statistics. Less measurable, but no less profound, is a sapping of confidence across our land; a nagging fear that America's decline is inevitable, that the next generation must lower its sights.

これらは、データと統計に基づく危機の指標だ。予測は困難だが、間違いなく深刻なのは、我々の国土に広がる自信の喪失や、米国の凋落(ちょうらく)は避けがたく、次の世代はうなだれて過ごさなければならないというぬぐいがたい恐怖だ。

Today I say to you that the challenges we face are real, they are serious and they are many. They will not be met easily or in a short span of time. But know this America: They will be met.

今日、私はあなた方に告げる。我々が直面している試練は本物だ。試練は深刻で数多い。試練は容易に、または、短い時間で対処できるものではない。しかし、米国よ、わかってほしい。これらの試練は対処されるだろう

(APPLAUSE)

On this day, we gather because we have chosen hope over fear, unity of purpose over conflict and discord.

On this day, we come to proclaim an end to the petty grievances and false promises, the recriminations and worn-out dogmas that for far too long have strangled our politics.

今日、私はあなた方に告げる。我々が直面している試練は本物だ。試練は深刻で数多い。試練は容易に、または、短い時間で対処できるものではない。しかし、米国よ、わかってほしい。これらの試練は対処されるだろう。

 この日、我々は、恐怖ではなく希望を、紛争と不一致ではなく目標の共有を選んだため、ここに集った。

 この日、我々は、我々の政治をあまりにも長い間阻害してきた、ささいな不満や偽りの約束、非難や言い古された定説を終わらせることを宣言する。

We remain a young nation, but in the words of Scripture, the time has come to set aside childish things. The time has come to reaffirm our enduring spirit; to choose our better history; to carry forward that precious gift, that noble idea, passed on from generation to generation: the God-given promise that all are equal, all are free, and all deserve a chance to pursue their full measure of happiness.

我々の国はまだ若いが、聖典の言葉には、子どもじみたことをやめるときが来たとある。我々の忍耐に富んだ精神を再確認し、より良い歴史を選び、貴重な才能と、世代から世代へと引き継がれてきた尊い考えを発展させるときが来た。尊い考えというのは、すべての人は平等で、自由で、あらゆる手段により幸福を追求する機会を与えられるという、神からの約束のことである。

(APPLAUSE)

In reaffirming the greatness of our nation, we understand that greatness is never a given. It must be earned. Our journey has never been one of shortcuts or settling for less.

It has not been the path for the faint-hearted, for those who prefer leisure over work, or seek only the pleasures of riches and fame.

Rather, it has been the risk-takers, the doers, the makers of things -- some celebrated, but more often men and women obscure in their labor -- who have carried us up the long, rugged path towards prosperity and freedom.

For us, they packed up their few worldly possessions and traveled across oceans in search of a new life. For us, they toiled in sweatshops and settled the West, endured the lash of the whip and plowed the hard earth.

For us, they fought and died in places Concord and Gettysburg; Normandy and Khe Sanh.

Time and again these men and women struggled and sacrificed and worked till their hands were raw so that we might live a better life. They saw America as bigger than the sum of our individual ambitions; greater than all the differences of birth or wealth or faction.

我々の国の偉大さを再確認するとき、我々は、偉大さが決して与えられたものではないことに気づく。それは勝ち取らなければならないのだ。我々の旅は、近道でも安易なものでもなかった。我々の旅には、仕事より娯楽を好み、富と名声の喜びだけを望むような、臆病者のための道筋はなかった。むしろ、我々の旅は、危機に立ち向かう者、仕事をする者、創造をしようとする者のためのものだ。それらの人々は、著名な人たちというより、しばしば、無名の働く男女で、長い、でこぼこした道を繁栄と自由を目指し、我々を導いてきた人々だ。

 我々のために、彼らは、わずかな財産をまとめ、新たな生活を求めて大洋を旅した。

 我々のために、彼らは、劣悪な条件でせっせと働き、西部に移住し、むち打ちに耐えながら、硬い大地を耕した。

 我々のために、彼らは、(独立戦争の戦場)コンコードや(南北戦争の)ゲティスバーグ、(第2次大戦の)ノルマンディーや(ベトナム戦争の)ケサンのような場所で戦い、死んだ。

 しばしば、これらの男女は、我々がより良い生活を送れるように、手の皮がすりむけるまで、もがき、犠牲になり、働いた。彼らは米国を、個人の野望を合わせたものより大きく、生まれや富や党派のすべての違いを超えるほど、偉大であると考えていた

This is the journey we continue today. We remain the most prosperous, powerful nation on Earth. Our workers are no less productive than when this crisis began. Our minds are no less inventive, our goods and services no less needed than they were last week or last month or last year. Our capacity remains undiminished. But our time of standing pat, of protecting narrow interests and putting off unpleasant decisions -- that time has surely passed.

これが今日、我々が続けている旅なのだ。米国は依然として地球上で最も繁栄し、力強い国だ。我々の労働者は今回危機が始まった時と同様、生産性は高い。我々は相変わらず創意に富み、我々が生み出す財やサービスは先週や先月、昨年と同様、必要とされている。能力も衰えていない。しかし、同じ手を用いるだけで、狭い利益にこだわり、面倒な決定を先送りする、そんな時代は確実に終わった。今日から我々は立ち上がり、ほこりを払って、米国再生の仕事に着手しなければならない

Starting today, we must pick ourselves up, dust ourselves off, and begin again the work of remaking America.

(APPLAUSE)

For everywhere we look, there is work to be done.

The state of our economy calls for action: bold and swift. And we will act not only to create new jobs but to lay a new foundation for growth.

We will build the roads and bridges, the electric grids and digital lines that feed our commerce and bind us together.

We will restore science to its rightful place and wield technology's wonders to raise health care's quality...

(APPLAUSE)

... and lower its costs.

We will harness the sun and the winds and the soil to fuel our cars and run our factories. And we will transform our schools and colleges and universities to meet the demands of a new age.

All this we can do. All this we will do.

なすべき仕事は至る所にある。米国経済は、大胆かつ迅速な行動を求めている。そして我々は新規の雇用創出のみならず、新たな成長の礎を整えることができる。道路や橋を造り、電線やデジタル通信網を敷き、商業を支え、我々を一つに結び付ける。科学を本来あるべき地位に戻し、医療の質を引き上げながら、そのコストは減らす。太陽、風や土壌を利用して自動車を動かし、工場を動かす。新時代の要請に合うよう学校や単科大、大学を変えていく。我々はすべてのことを成し遂げられるし、行っていく。

Now, there are some who question the scale of our ambitions, who suggest that our system cannot tolerate too many big plans. Their memories are short, for they have forgotten what this country has already done, what free men and women can achieve when imagination is joined to common purpose and necessity to courage.

我々の野望の大きさについて疑念を抱く人がいる。我々のシステムは多くの大きな計画に耐えられないと指摘する人もいる。だが、彼らは忘れている。彼らはこの国が何を成し遂げたかを忘れている。想像力が共通の目的と出合った時、必要が勇気と結びついた時、自由な男女が何を達成できるかを忘れているのだ

What the cynics fail to understand is that the ground has shifted beneath them, that the stale political arguments that have consumed us for so long, no longer apply.

The question we ask today is not whether our government is too big or too small, but whether it works, whether it helps families find jobs at a decent wage, care they can afford, a retirement that is dignified.

Where the answer is yes, we intend to move forward. Where the answer is no, programs will end.

And those of us who manage the public's dollars will be held to account, to spend wisely, reform bad habits, and do our business in the light of day, because only then can we restore the vital trust between a people and their government.

皮肉屋が理解できないのは、彼らがよって立つ地面が動いたということだ。長い間、我々を疲れさせてきた陳腐な政治議論はもはや通用しない。我々が今日問うべきなのは、政府の大小ではなく、政府が機能するか否かだ。家族が人並みの給与の仕事を見つけたり、負担できる(医療)保険や、立派な退職資金を手に入れることの助けに、政府がなるかどうかだ。答えがイエスの場合は、その施策を前進させる。ノーならば終わりとなる。公的資金を管理する者は適切に支出し、悪弊を改め、誰からも見えるように業務を行う。それによって初めて、国民と政府の間に不可欠な信頼を回復できる。

Nor is the question before us whether the market is a force for good or ill. Its power to generate wealth and expand freedom is unmatched.

But this crisis has reminded us that without a watchful eye, the market can spin out of control. The nation cannot prosper long when it favors only the prosperous.

The success of our economy has always depended not just on the size of our gross domestic product, but on the reach of our prosperity; on the ability to extend opportunity to every willing heart -- not out of charity, but because it is the surest route to our common good.

問うべきなのは、市場の良しあしでもない。富を作り自由を広げる市場の力に比肩するものはない。だが、今回の(経済)危機は、監視がなければ、市場は統制を失い、豊かな者ばかりを優遇する国の繁栄が長続きしないことを我々に気づかせた。我々の経済の成功はいつも、単に国内総生産(GDP)の大きさだけでなく、我々の繁栄が広がる範囲や、機会を求めるすべての人に広げる能力によるものだった。慈善としてではなく、公共の利益に通じる最も確実な道としてだ

(APPLAUSE)

As for our common defense, we reject as false the choice between our safety and our ideals.

Our founding fathers faced with perils that we can scarcely imagine, drafted a charter to assure the rule of law and the rights of man, a charter expanded by the blood of generations.

Those ideals still light the world, and we will not give them up for expedience's sake.

And so, to all other peoples and governments who are watching today, from the grandest capitals to the small village where my father was born: know that America is a friend of each nation and every man, woman and child who seeks a future of peace and dignity, and we are ready to lead once more.

我々の共通の防衛については、安全と理想とを天秤(てんびん)にかけるという誤った選択を拒否する。我々の想像を超える危機に直面した建国の父たちは、法の支配と国民の権利を保障する憲章を起案した。憲章は、何世代もの犠牲によって拡充された。これらの理想は、今日でも世界を照らしており、我々は都合次第で手放したりはしない。今日(の就任式を)見ている他国の国民や政府ら。巨大都市から私の父が生まれた小さな村まで。米国が平和と尊厳の未来を求めるすべての国々、すべての男女と子供の友人であり、我々がもう一度、指導力を発揮していく用意があると、知ってほしい

(APPLAUSE)

Recall that earlier generations faced down fascism and communism not just with missiles and tanks, but with the sturdy alliances and enduring convictions.

They understood that our power alone cannot protect us, nor does it entitle us to do as we please. Instead, they knew that our power grows through its prudent use. Our security emanates from the justness of our cause; the force of our example; the tempering qualities of humility and restraint.

前の世代は、ファシズムや共産主義と、ミサイルや戦車だけではなく、強固な同盟と強い信念を持って対峙(たいじ)したことを思い出してほしい。彼らは、我々の力だけでは我々を守れず、好きに振る舞う資格を得たのではないことも理解していた。代わりに、慎重に使うことで力が増すことを理解していた。我々の安全は、大義の正当性や模範を示す力、謙虚さ、自制心からいずるものだ

We are the keepers of this legacy, guided by these principles once more, we can meet those new threats that demand even greater effort, even greater cooperation and understanding between nations. We'll begin to responsibly leave Iraq to its people and forge a hard- earned peace in Afghanistan.

With old friends and former foes, we'll work tirelessly to lessen the nuclear threat and roll back the specter of a warming planet.

我々は、この遺産の番人だ。こうした原則にもう一度導かれることで、我々は、一層の努力や、国家間の一層の協力や理解が求められる新たな脅威に立ち向かうことができる。我々は、責任ある形で、イラクをイラク国民に委ね、苦労しながらもアフガニスタンに平和を築き始めるだろう。古くからの友やかつての敵とともに、核の脅威を減らし、地球温暖化を食い止めるためたゆまず努力するだろう

We will not apologize for our way of life nor will we waver in its defense.

And for those who seek to advance their aims by inducing terror and slaughtering innocents, we say to you now that, "Our spirit is stronger and cannot be broken. You cannot outlast us, and we will defeat you."

我々は、我々の生き方について謝らないし、それを守ることを躊躇(ちゅうちょ)しない。テロを引き起こし、罪のない人を殺すことで目的の推進を図る人々よ、我々は言う。我々の精神は今、より強固であり、壊すことはできないと。あなたたちは、我々より長く生きることはできない。我々は、あなたたちを打ち破るだろう。

(APPLAUSE)

For we know that our patchwork heritage is a strength, not a weakness.

We are a nation of Christians and Muslims, Jews and Hindus, and nonbelievers. We are shaped by every language and culture, drawn from every end of this Earth.

And because we have tasted the bitter swill of civil war and segregation and emerged from that dark chapter stronger and more united, we cannot help but believe that the old hatreds shall someday pass; that the lines of tribe shall soon dissolve; that as the world grows smaller, our common humanity shall reveal itself; and that America must play its role in ushering in a new era of peace.

我々のつぎはぎ細工の遺産は強みであって、弱みではない。我々は、キリスト教徒やイスラム教徒、ユダヤ教徒、ヒンズー教徒、それに神を信じない人による国家だ。我々は、あらゆる言語や文化で形作られ、地球上のあらゆる場所から集まっている。

 我々には、南北戦争や人種隔離の苦い経験があり、その暗い時代から出てきて、より強く、より団結するようになった。我々は信じている。古くからある憎しみはいつかなくなり、民族を隔てる線も消えると。世界が小さくなる中で、我々に共通の人間愛が現れることになると。米国が、新しい平和の時代に先駆ける役割を果たさねばならないと。

To the Muslim world, we seek a new way forward, based on mutual interest and mutual respect.

To those leaders around the globe who seek to sow conflict or blame their society's ills on the West, know that your people will judge you on what you can build, not what you destroy.

To those...

(APPLAUSE)

To those who cling to power through corruption and deceit and the silencing of dissent, know that you are on the wrong side of history, but that we will extend a hand if you are willing to unclench your fist.

イスラム世界よ、我々は、相互理解と尊敬に基づき、新しく進む道を模索する。紛争の種をまいたり、自分たちの社会の問題を西洋のせいにしたりする世界各地の指導者よ、国民は、あなた方が何を築けるかで判断するのであって、何を破壊するかで判断するのではないことを知るべきだ。腐敗や欺き、さらには異議を唱える人を黙らせることで、権力にしがみつく者よ、あなたたちは、歴史の誤った側にいる。握ったこぶしを開くなら、我々は手をさしのべよう。

(APPLAUSE)

To the people of poor nations, we pledge to work alongside you to make your farms flourish and let clean waters flow; to nourish starved bodies and feed hungry minds.

And to those nations like ours that enjoy relative plenty, we say we can no longer afford indifference to the suffering outside our borders, nor can we consume the world's resources without regard to effect. For the world has changed, and we must change with it.

貧しい国の人々よ、我々は誓う。農場に作物が実り、きれいな水が流れ、飢えた体に栄養を与え、乾いた心を満たすため、ともに取り組むことを。我々と同じように比較的満たされた国々よ、我々が国境の向こう側の苦悩にもはや無関心でなく、影響を考慮せず世界の資源を消費することもないと言おう。世界は変わった。だから、我々も世界と共に変わらなければならない

As we consider the road that unfolds before us, we remember with humble gratitude those brave Americans who, at this very hour, patrol far-off deserts and distant mountains. They have something to tell us, just as the fallen heroes who lie in Arlington whisper through the ages.

We honor them not only because they are guardians of our liberty, but because they embody the spirit of service: a willingness to find meaning in something greater than themselves.

And yet, at this moment, a moment that will define a generation, it is precisely this spirit that must inhabit us all.

我々の前に広がる道について考える時、今この瞬間にもはるかかなたの砂漠や遠くの山々をパトロールしている勇敢な米国人たちに、心からの感謝をもって思いをはせる。彼らは、アーリントン(国立墓地)に横たわる亡くなった英雄たちが、時代を超えてささやくように、我々に語りかけてくる。我々は彼らを誇りに思う。それは、彼らが我々の自由を守ってくれているからだけではなく、奉仕の精神、つまり、自分自身よりも大きい何かの中に進んで意味を見いだす意思を体現しているからだ。これこそが時代を決するこの時に、我々すべてが持たねばならない精神だ。

For as much as government can do and must do, it is ultimately the faith and determination of the American people upon which this nation relies.

It is the kindness to take in a stranger when the levees break; the selflessness of workers who would rather cut their hours than see a friend lose their job which sees us through our darkest hours.

It is the firefighter's courage to storm a stairway filled with smoke, but also a parent's willingness to nurture a child, that finally decides our fate.

政府はやれること、やらなければならないことをやるが、詰まるところ、わが国がよって立つのは国民の信念と決意である。堤防が決壊した時、見知らぬ人をも助ける親切心であり、暗黒の時に友人が職を失うのを傍観するより、自らの労働時間を削る無私の心である。我々の運命を最終的に決めるのは、煙に覆われた階段を突進する消防士の勇気であり、子どもを育てる親の意思である。

Our challenges may be new, the instruments with which we meet them may be new, but those values upon which our success depends, honesty and hard work, courage and fair play, tolerance and curiosity, loyalty and patriotism -- these things are old.

These things are true. They have been the quiet force of progress throughout our history.

What is demanded then is a return to these truths. What is required of us now is a new era of responsibility -- a recognition, on the part of every American, that we have duties to ourselves, our nation and the world, duties that we do not grudgingly accept but rather seize gladly, firm in the knowledge that there is nothing so satisfying to the spirit, so defining of our character than giving our all to a difficult task.

This is the price and the promise of citizenship.

我々の挑戦は新しいものかもしれない。我々がそれに立ち向かう手段も新しいものかもしれない。しかし、我々の成功は、誠実や勤勉、勇気、公正、寛容、好奇心、忠誠心、愛国心といった価値観にかかっている。これらは、昔から変わらぬ真実である。これらは、歴史を通じて進歩を遂げるため静かな力となってきた。必要とされるのは、そうした真実に立ち返ることだ。

 いま我々に求められているのは、新しい責任の時代に入ることだ。米国民一人ひとりが自分自身と自国、世界に義務を負うことを認識し、その義務をいやいや引き受けるのではなく喜んで機会をとらえることだ。困難な任務に我々のすべてを与えることこそ、心を満たし、我々の個性を示すのだ。

This is the source of our confidence: the knowledge that God calls on us to shape an uncertain destiny.

This is the meaning of our liberty and our creed, why men and women and children of every race and every faith can join in celebration across this magnificent mall. And why a man whose father less than 60 years ago might not have been served at a local restaurant can now stand before you to take a most sacred oath.

これが市民の代償であり約束なのだ。これが我々の自信の源なのだ。神が、我々に定かではない運命を形作るよう命じているのだ。

 これが我々の自由と信条の意味なのだ。なぜ、あらゆる人種や信条の男女、子どもたちが、この立派なモールの至る所で祝典のため集えるのか。そして、なぜ60年足らず前に地元の食堂で食事することを許されなかったかもしれない父親を持つ男が今、最も神聖な宣誓を行うためにあなた方の前に立つことができるのか。

(APPLAUSE)

So let us mark this day in remembrance of who we are and how far we have traveled.

In the year of America's birth, in the coldest of months, a small band of patriots huddled by dying campfires on the shores of an icy river.

The capital was abandoned. The enemy was advancing. The snow was stained with blood.

At a moment when the outcome of our revolution was most in doubt, the father of our nation ordered these words be read to the people:

"Let it be told to the future world that in the depth of winter, when nothing but hope and virtue could survive, that the city and the country, alarmed at one common danger, came forth to meet it."

、どれほど長い旅をしてきたのか、その記憶とともにこの日を祝おう。米国誕生の年、酷寒の中で、愛国者の小さな一団は、氷が覆う川の岸辺で、消えそうなたき火の傍らに身を寄せ合った。首都は見捨てられた。敵は進軍してきた。雪は血で染まった。我々の革命の結末が最も疑わしくなった時、我が国の祖は、この言葉を人々に読むよう命じた。

 「酷寒の中、希望と美徳しか生き残ることができない時、共通の脅威に気づいた町も田舎もそれに立ち向かうために進み出た、と未来の世界で語られるようにしよう」

America, in the face of our common dangers, in this winter of our hardship, let us remember these timeless words; with hope and virtue, let us brave once more the icy currents, and endure what storms may come; let it be said by our children's children that when we were tested we refused to let this journey end, that we did not turn back nor did we falter; and with eyes fixed on the horizon and God's grace upon us, we carried forth that great gift of freedom and delivered it safely to future generations.

アメリカよ。我々自身が共通の脅威に直面している時に、我々自身の苦難の冬に、時を超えたこれらの言葉を思い出そう。希望と美徳を抱き、このいてつく流れに再び立ち向かい、どんな嵐が訪れようとも耐えよう。

 そして、我々の子孫に言い伝えられるようにしようではないか。我々が試された時、旅を終わらせることを拒み、後戻りすることも、くじけることもなかった、と。そして、地平線と神の慈しみをしっかりと見つめ、自由という偉大な贈り物を運び、未来の世代に無事に届けた、と。

Thank you. God bless you.

(APPLAUSE)

And God bless the United States of America.

(APPLAUSE)

Corrupt Postal Privatization 27

産経新聞に日本を破壊した張本人の一人である、竹中平蔵元総務相が、鳩山総務大臣のかんぽの宿の売却について批判する記事を掲載したが、それに、鳩山大臣は猛反発した。そこでどうなるか興味深いところであるが、産経新聞は、またもや変節して、鳩山大臣の主張を掲載している。一貫して市場原理主義を擁護して同新聞にしては珍しい動きである。元々保守的な主張の産経新聞が経済分野では市場原理主義を支持する記事を一方的に掲載するのは道理に合わないことであるが、ようやくにして少しの反省が見られるようである。

「日本郵政が「かんぽの宿」施設をオリックスグループに一括譲渡した問題をめぐり、鳩山邦夫総務相は20日の記者会見で、産経新聞が19日に掲載した竹中平蔵元総務相の論文「かんぽの宿は“不良債権”」に反論した。

 竹中氏の論文には間違いがある。竹中氏は「民間の保険会社がホテル業を営むことはあり得ない」として「かんぽの宿」が「かんぽ生命」の施設のように書いているが、「かんぽの宿」は(親会社の)日本郵政が所有する施設だ。正確に事実を把握してもらいたい。

 また、論文に「機会費用」という表現がある。いま景気が悪くて安く売っても(その金で)ほかのものを安く買えるという主張だが、日本郵政から「安売りして何を買う」といった話は一切聞いていない。だからこの問題でも素直に竹中氏の主張を受け入れるわけにはいかない。

 また、竹中氏はオリックスグループの宮内義彦最高経営責任者(CEO)が議長を務めた規制改革会議が郵政民営化のプロセスに関係したことはないと言い切っている。確かに郵政民営化の問題は平成15年10月に経済財政諮問会議に一本化され、規制改革会議は郵政民営化に関する答申を出していないが、それまでは規制改革会議の前身の総合規制改革会議で民営化を議論していた。その事実を無視してほしくない。

しかも、経済財政諮問会議に議論が一本化されたとき、宮内氏は「当会議と経済財政諮問会議とは引き続き、できる限り連携を保っていくことを考えている」と郵政民営化への熱意を見せていた。揚げ足をとるようなことは言いたくないが、まるで総合規制改革会議が、郵政民営化の議論にノータッチだったように書かれると間違いだ。

 また、竹中氏は「族議員と官僚のゆがんだ政策を正すために民間の有識者を政策決定の中に入れている」という。では公の領域で自ら利益を図ろうとする人間はゆがんでいないのか。官僚と族議員がゆがんでいて財界人は全部まっすぐだといういい加減な理屈は成り立たない。それはケース・バイ・ケースであり、国民が理解できるかどうかだ。

 私に寄せられる国民からの激励が何を物語っているのか。国民が「できレース」と疑うならば、まずは入札がどういうものだったか徹底して調べる必要があると考えています」

以上である。鳩山大臣及び総務省の徹底的な追及を期待するところである。国民ははじめから郵政民営化はいかさまであると考えている。

Corrupt Postal Privatization 26

かんぽの宿のオリックスへの売却問題が、依然として後を引き、民営郵政の役員の総入れ替え?の話までに発展してきているが、単なる商取引の問題ではない。そもそも郵政民営化法が市場原理主義の最たるものである。私物化した、不動産を安価で仲間の企業などに売却していくことは常套手段である。手が込めば、わざと赤字にして値段を安くしていく手法もある。郵政民営化法では、郵政会社の土地不動産の売買は、総務大臣の規制下にないように、書いてある。前提の法律が野放しをするようになっている。今回のきっかけになっているのは、「会社分割の話を含む話なのに日本郵政から私に一度も報告がなく、相談にも来ないのは大変おかしい。おかしいものはおかしい」と1月9日の衆院予算委員会で鳩山大臣が語気荒く発言しているが、要すれば、参議院まで通過している株式売却についても、一顧も注意を払うことなく売却しようとするしかも、暮れの休暇時期を狙っての報道であって、参議院で通過した株式売却法案が、衆議院で否決されたのを見届けて報道発表したかのようであった。総務大臣の残されたわずかの権限の中で、会社分割は、株式の譲渡が伴うだけに実は本質的には、宿の売買よりも大きな話である。その端緒を、なにしおう市場原理主義の政商の会社との取引であったことに、出来レースの疑いがかかったわけである。沖縄の郵便貯金会館の改築予定地の売却についても、調査して洗いなおしてほしいものである。

Corrupt Postal Privatization 25

http://diamond.jp/series/machida

ジャーナリスト町田徹氏が、ダイヤモンドオンラインに特集記事を掲載している。同氏は元々日本経済新聞の経済記者であったが、月刊誌の会員制の雑誌である選択に移り、その後、独立している敏腕の記者である。郵政民営化についても独自を取材を行っており、小泉元総理の郵政民営化への執着は私怨によるものであると書いて話題になったことがある。

「出来レースの温床となる懸念も。「かんぽの宿」売却で表面化した郵政民営化の問題点

 国民の財産だった「かんぽの宿」をオリックスグループにまとめて売却する計画が暗礁に乗り上げている。鳩山邦夫総務大臣が「李下に冠を正さず」「国民が出来レースと受け止める可能性がある」「今のところ私が納得する可能性は限りなくゼロに近い」との主張を展開し、日本郵政が求めた関連手続きの認可に難色を示しているからだ。
 このトラブルに賛否両論が湧き起こり騒ぎが大きくなる一方だが、両論がそろって見逃している大事なポイントがある。そのポイントとは、まず、今回のトラブルが起こるべくして起きたものだということだ。しかも、今回は、たまたま案件が大きかったために事態が表面化したが、これが珍しいケースでない疑いもある。つまり、「水面下では、こうした問題含みの案件が横行していたのに、監視の目が届かず、闇から闇に葬られていた疑いが強い」(総務省中堅幹部)というのだ。
 原因は、民営化の制度設計段階で、反対論を抑え込もうとして、民営化の大義、理念、基本哲学などをきちんと議論しなかったことにある。民営化による効率性の追求と、公共事業としての長所の温存が両立できるかのような誤解を与えておきながら、何も具体的な指針を決めず、民営化の実現だけを急いだ結果、今回のようなトラブルが避けられない宿命にあった。
 偶然だが、日本郵政は3月末に民営化の決定から3年経過後の民営化状況の点検・見直しの期限を迎える。もう一度、抜け落ちた制度設計の不備を洗い出し、国民のために役立つ民営化を再考するタイミングと言えそうだ。
「今のところ私が納得する可能性は限りなくゼロに近い」――。
 鳩山大臣は14日、記者団にこう語り、改めて日本郵政の「かんぽの宿」のオリックス不動産への一括売却を容認しない考えを表明した。日本郵政の西川善文社長を総務省に呼び、焦点の案件について説明を聞いた直後の発言で、案件が完全に暗礁に乗り上げたことが浮き彫りになった瞬間だった。
 今回、問題になっているのは、北海道から沖縄まで日本郵政が70ヵ所で展開している宿泊事業を一括して売却しようという会社売却の案件だ。この事業自体は、民営化の際に、「2012年9月までの譲渡・廃止」が法的に義務付けられていた案件である。好立地に低料金で利用できる施設も多く、高齢者を中心に根強いファンもいる。国営事業時代から採算の改善が進まず、民営化後も40億円前後の赤字を出す体質から脱却できていないため、日本郵政自体も売却が急務という立場を採っている。
 どれぐらいの資産価値があるのかというと、土地・建物などをあわせた簿価は123億円に達する。建物や関連設備は償却が進んでいるだろうから、当初の投資金額はもっと大きかったはずだ。ところが、借入金があるほか、最低1年は雇用を維持することなど売却に条件を付けたこともあり、2度にわたり27社もが参加する入札を行ったというが、応札額が簿価を上回ったところは1社もなかった。オリックス不動産(オリックスの100%子会社)の109億円が最高応札額だったというのだ。
 この問題で、鳩山大臣が突然、口火を切ったのは6日夜のことだった。オリックスや同社の宮内義彦会長を「立派」と褒めた後、それでも日本郵政がかんぽの宿を一括売却することは、「国民が出来レースとの疑念を持つ可能性がある」と疑問を呈したのだった。この夜、九州選出の自民党国会議員の新年会の席に出た大臣を直撃し、政局の取材でもしようと考えていた記者たちが戸惑ったことは想像に難くない。なにしろ、大臣が問題にしたのは、すでに12月26日付けで、当の日本郵政が入札を終えて売却契約が成立したと発表を済ませていた案件だったからだ。
 この第一報段階で影を落としたのは、民営化からまだ3年も経たないのに、監督する者とされる者に別れた総務省と日本郵政の間の不協和音だった。三井住友銀行出身の西川善文社長ら外部出身者が幹部ポストを押さえ、旧郵政省出身のキャリア官僚らのほとんどを経営陣や枢要ポストから排除したことなどが響き、両者のコミュニケーションは、ちょっと前まで同じ組織に属していたとは思えないほど悪いことで知られる。
 ちなみに、今回の売却は、民営化の際に、かんぽ部門から持ち株会社に移管していた「かんぽの宿」の事業を従業員や施設を一体でいったん会社分割して別会社化し、これを譲渡しようというもの。この別会社化は、日本郵政株式会社法第11条で、「会社の定款の変更、剰余金の配当その他の剰余金の処分、合併、会社分割及び解散の決議は、総務大臣の認可を受けなければ、その効力を生じない」とされ、総務大臣の認可マターとされる問題だ。
 バブル崩壊以降、金融機関と金融庁・証券取引等監視委員会の間では珍しくなくなったが、通常、国内で認可案件といえば、どこの業界でも監督官庁と事業者の間で事前の調整にそれなりの時間が費やされるのが常識だ。ところが、日本郵政によると、今回の案件を総務省に伝え、認可を申請したのは12月22日のこと。年末のドタバタの中で、天皇誕生日の祝日も間に入り、発表までわずか2日しかなかった。総務省が案件を十分に把握し、大臣に説明する時間があったのかどうか。つまり、両者のコミュニケーションの悪さがトラブルの原因ではないかと取り沙汰された。
 だが、鳩山大臣の6日の発言や、その後の補足説明を聞くと、問題がそれだけではないことは明らかだ。というのは、鳩山大臣は、
(1)倫理の問題。宮内義彦オリックス会長は郵政民営化を推進した一人で、お手盛りとみられかねない、(2)きめ細かく地元資本に譲渡し、地域活性化に役立てるべき、(3)市況が悪い。売り急ぐ必要はない―との指摘もしていたからだ。
 翌7日、オリックスはホームページ上で、大臣の出来レース批判が見当外れと言わんばかりの議論を展開した。筆者の取材にも同じトーンを繰り返したが、「(宮内氏が議長だった)総合規制改革会議などは答申で郵政民営化を提言していない」(社長室)という主張だ。
 これに対して、大臣は「当初取り上げようとしたし、(郵政民営化を担当した)経済財政諮問会議と連携すると宮内議長が発言していた」などと指摘、態度を硬化させた。確かに、宮内氏は、規制緩和や公営事業の民間への転換だけでなく、郵政民営化を議論の俎上に乗せていく段階で重要な役割を果たしている。オリックスの反論に大臣が苛立ちを強めるのは理解できる面がある。
鳩山大臣の主張を 野党は歓迎、新聞は批判
 野党は、鳩山大臣への賛成一色だ。9日の衆議院予算委員会でも「入札したこと自体が理解不能。(宮内氏は)郵政民営化の原動力」(民主党の枝野幸男議員)、「株価が昨年急落、信用リスクがある」(国民新党の亀井久興副代表)と鳩山大臣を支持するエールが相次いだ。郵政は、自民党・特にかつての経世会の集票マシーンとして知られた「特定郵便局長会」や、革新系の有力支持団体だった労働組合など巨大な組織票を抱える。加えて、小泉純一郎内閣が志向した構造改革路線には今なお反発が強い。このため、野党に限らず、政府・与党のこの問題に関する主張は、ある程度、そうした要素を割り引いて聞く必要があるだろう。
 一方、新聞各紙には、鳩山大臣を批判し、日本郵政やオリックスを支持する論調が少なくない。例えば、日本経済新聞は、9日付の社説で「総務相の待ったに異議あり」という見出しを掲げて、「大臣が入札結果に介入するのは常軌を逸している」との主張を展開した。この記事を、オリックスは「良識ある方の多くの意見と同様ではないかと受け止めています」(社長室)と評価し、「今後の動向を静観する」(同)と筆者にコメントしている。
 だが、前述した通り、今回の売却案件で手続き上必要な会社分割は、総務大臣の認可マターである。適正な案件かどうかの確認を怠れば、責任を問われるのは、大臣自身だ。その大臣が疑問を持ったら質すのは当然。それが常軌を逸する介入に当たるとは考えにくいのではないだろうか。特に、日本郵政が2度にわたる競争入札をしたというが、総務省には「正確には企画コンペと呼ぶべき手法で、恣意的に高得点を付けて落札者を決められる可能性は排除しきれないはずだ」(中堅幹部)という指摘もある。そうなると、鳩山大臣が「識者に調べてもらいたい」と構えるのは自然ではないだろうか。
 そして、こうした賛否両論が見逃しているのは、そもそも「かんぽの宿」が100年以上に及ぶ国営独占事業の収益金の一部で建設・運営されてきた事業であるという厳然たる歴史的事実である。
 どういうことかと言うと、旧郵政事業は、郵便の信書を国営郵政事業の独占としてきただけでなく、郵便貯金や簡易保険も国営にしかできないと言われたユニークな金融商品を抱えてお金を集め、かんぽの宿も含めた資産を蓄積してきた経緯があるのだ。言い換えれば、当初から、こうした事業や商品・サービスを民間に開放して競争を導入していれば、国民はもっと安価で多様なサービスを受けられたと考えられるのである。
 こうした余分な負担を国民に求めた根拠こそ、その資金を、過疎で赤字の地域でも郵便局を維持・展開し全国一律のサービスをするというユニバーサルサービスや、国民への福祉事業とされたかんぽの宿などの財源とすることだったのである。
 さらに肝心なのは、小泉内閣が郵政の民営化によって、市場や民間企業の効率性と、ユニバーサルサービスに代表される国営の長所を両立できると主張しながら、その具体的な折衷の姿を設計しないまま、あるいは示さないまま、実現を最優先して民営化を断行してしまったことだ。例えば、かんぽの宿は5年後までに売却することだけを法的に義務付け、どういう観点・方針から、どういう手法で売却するかを明確に決めていなかったのだ。繰り返すが、この点からも、今回のような疑問を、鳩山大臣が持つのは当然のことなのだ。むしろ、民営化を決めたときから予想された問題なのである。
「かんぽの宿」に限らず売却案件の適否を調査すべき
 そこで最後に浮上してくるのが、民営化から3年近くが経とうとしている今回になって、初めて問題が発生したのか、という疑問である。これまでの案件は、すべて完璧な処理がされていたというのだろうか。
 残念ながら、その答えは否である。というのは、NTTなど過去の他の民営化と違い、郵政民営化では資産売却の監視基準が緩いからだ。実は、郵便事業や郵便局では10億円未満の不動産売却が許認可の対象から外れている。このため、鳩山大臣が今回持ったような疑問について、これまで日本郵政の売買案件をチェックする機能が、どこにもなかったのだ。意地悪な言い方をすれば、大臣が懸念した「出来レース」がやりたい放題の民営化となっていたのである。
 さらに根深いのは、こうした出来レースをやり易くしかねない、ある種の土壌作りが、国営郵政の末期だった日本郵政公社時代から醸成されつつあった事実だ。このことは、初版を2005年11月に出版した拙著『日本郵政』でも企業名を記載したリストを掲載して警鐘を鳴らしたが、当時、「民間のノウハウ取得」を理由に、一般民間企業から公社へ出向する「天上がり」が急増。2005年7月段階で、その数は14人に達していたのだ。今回の案件の取材で、関係者の中に「直ちに不正とは言い切れないかもしれないが、天上がり者たちは、いずれ戻る予定の出身元企業にとって有利な行動を取りがちだ」と指摘する声もあった。
 鳩山大臣に望みたいのは、今回のかんぽの宿の売却案件の適否の調査・判断だけではなく、こうした出来レースの温床になりかねない構造にメスを入れる調査・再改革である。」

Corrupt Postal Privatization 24

A comment was posted to this Blog on Jan.19 by David(signed as ダヴィド in Japanse language) . The comment was written in English and quite illuminating the core of the fake privatization of the Japan Post. It reads as follows;

[The American military defined the Japanese legal banking system based on their own with the Japanese Glass-Steagall act, in the form of Article 65 of the Securities and Exchange Act of 1948.

50 years afterwards, American continue to shape the legal system of their "Japanese colony" and decided the privatisation of the Japan Post at the end of the 90's in order to further feed their huge debts and ignoble wars.
http://www.newyorkfed.org/newsevents/speeches/1998/ep980427.html

Koizumi was the Japanese version of J.W. Bush with the unfortunate difference that he was skilled in marketing. Koizumi was a puppet who was selling Japan to the US at any discount.

Now that the American credit crunch exploded and as they exported their debts and crisis worldwide, Japan too needs a keynesian plan to fill the lack of private investments.
If Japan Post does not buy JGB, it will destabilise the bond market and the Japanese government will have serious funding problems.

Besides, we (but also the rest of the world) should be more carefull when buying those American government bonds, which value is at risk due to the growing imabalances of the US economy for the long term.
American must learn that the period of "Deficits without pain" is over.

Japanese must continue to buy their own government debt and American must learn to do the same.

The privatisation of Japan Post must be abolished as soon as possible.]

Thanks for your contribution, David san.

Corrupt Editorial

1月18日の朝日新聞の社説は恐るべきものであった。かんぽの宿の売却について、オリックスの一括譲渡を支持する内容であった。

朝日の論はそもそも前提がおかしい。

「全国の宿70施設と社宅9カ所を一括して約109億円で売却する。資産の帳簿上の値打ちは141億円だが、借金を差し引いた純資産は93億円。落札価格は、これを16億円ほど上回る。」

不動産は簿価ではなく資産価値で売買すべきものだ。借金分を差し引く、というのも変な計算である。

「明治時代の官業払い下げならいざしらず、競争入札を経た結果に対し、さしたる根拠も示さずに許認可権を振り回すのでは、不当な政治介入だと批判されても抗弁できまい。

宮内氏は規制緩和や民営化を推進してきた。官僚任せでは構造改革が進まないため、当時の政権が要請したものだ。過去の経歴や言動を後になってあげつらうのでは、政府に協力する民間人はいなくなってしまう。

自民党内では、郵政民営化の見直しの動きが続いている。鳩山氏はこれとの関連の有無について言及していないが、もしも「待った」の真意が民営化策の見直しにあるのなら、正面から堂々とそちらの主張をするべきだ。」

朝日の論では、「競争入札を経た結果なら談合があっても認めるべきだ」になってしまう。郵政公社の発足直前からの民間人総裁・社長との出来レース、それが談合でなくて何であろうか。また最後の部分もおかしい。郵政民営化の問題とこの問題はリンクしている可能性はきわめて高い。土地売買などが、大臣の認可にもなっていない。問題は表に出さないと爆発してしまう類の癒着であろうから、鳩山総務大臣が問題にしたのである。不正の証拠があればこそ郵政民営化の見直しが強力になる。自民党内には、民営化推進派が多くて、身動きが取れないので突破口を開こうということだろう。

朝日新聞は、市場原理主義に毒されている。マスコミ失格だ。言論が死んだような社説である。

Corrupt Postal Privatization 23

会員制の月刊雑誌ファクタが2月号で、西川「日本郵政」社長解任へ、「かんぽの宿」のオリックスへの一括譲渡に、鳩山総務相が「待った」。抵抗する役員陣を総入れ替えという記事を掲載した。

「珍しい光景だった。1月9日午前の衆議院予算委員会で、質問に立った民主党の枝野幸男・元政調会長が、答弁する鳩山邦夫総務相に「良識ある発言だ」とエールを送ったのだ。麻生政権を早期解散に追い込もうと野党が対決色を強めているさなか、一瞬、シンパシーを通わせる奇妙な時間が流れた。

発端は12月26日、日本郵政が保養宿泊施設「かんぽの宿」をオリックスに一括譲渡すると発表したことにある。日本郵政は22日に総務省に報告していたが、鳩山総務相は新聞報道ではじめて知ったという。

「かんぽの宿」は全国に72施設あり、簡易保険 ………」

麻生首相も大の竹中嫌い、108億円を払えるのかなどの小見出しをつけた、2ページ見開きの記事である。「政府筋は6月の株主総会(所管大臣はただ一人の株主)で、西川社長の再任を認めず、事実上解任し役員も総入れ替えの方針だ。』と書く。元々憲法違反といわれた刺客選挙で郵政民営化したツケが回ってきたようである。総務大臣の認可対象には土地売買が入っていないので、株式の分割が対象であるという好機をつかんでようやく大臣が口が出せたのが実際なのではないだろうか。当ブログでもすでに書いたが、赤字だとの主張が会計制度の変更による見せ掛けの赤字であり、売り急いでいるのは、政商のお仲間に大安売りを刊行しているのが実態だろう。このままいけば、2兆7千億の不動産資産の私物化をめぐる疑獄になる可能性もあるが、その追求の中で政権浮揚を図るか、小泉政権以来の市場原理主義への意趣返しの政治的な動きである。雇用を守ることで一括譲渡を図ったとの主張があるが、まったく保障のない話で、他の物件では一括売却を行っているわけではないから、説得力に欠ける、単なる政治宣伝の話であろう。雇用を守るのは、日本郵政会社に残存させることであり、オリックス傘下になることではない。

鳩山総務大臣の政治的な追及に期待すること大なるものがある。入札過程と契約内容の詳細を提出せよと求めているが、西川郵政は民間契約なので開示できないと渋っている由であり、疑心を募らせているとも同誌は書いている。郵政民営化が元々、つめきった改正でもなく、不動産の山分け劇だとの噂はその当時からあった。竹中氏との関係で、社長に就任した西川社長は、解任される前に、辞任するほうが美学ではあるのかもしれないが。いずれにしても、かんぽの宿といわず、民営化された郵政のすべての不動産取引の実態を、情報公開がなされるべきである。徹底的な洗い出しが期待される。

Earthquake Requiem

 休題。閑話ではない。昨日の朝は、14年目の朝だった。阪神大震災の起きた朝だ。犠牲者のご霊前に哀悼の意を表します。当日の朝、東京駅の新幹線に乗ろうとしていたと思う。関西で地震があったとの放送があり、車両は止まった。たまたま発車したこだまに乗り、各駅停車で名古屋に着いたのは何時ごろだったろうか。昼ごろにもまだ情報ははっきりしなかったように思う。電話がつながらなくなり、大災害になっているのがわかったのは夕刻だったと思う。救援体制を以下にとるかを考え始めたのは、夕食会のレストランの前だったように思う。大阪の知人にたまたまファクシミリが届いた。何時だったろうか。同級生が神戸の長田区の火災で焼け死んだのを知ったのはずっと後のことだった。空中から消化するための水を散布する飛行機ひとつない国だった。消防も郵便局も警察も献身的な活動をした。国当然のように。公的な部門がよく動いた。略奪もなかった。美しい日本の精神の発露であった。インターネットが動いた。携帯電話の回線が動く会社と動かない会社のふたつに分かれた。トイレが不足した。水が意外なことに止まった。いろんなことがあったが、特徴的だったのは、市場原理主義が何の役にも立たなかったことだ。儲け主義の企業は、さっさか仕事を放り投げた。きっと連中は、災害が起きて、今から思うと、東南アジアの大地震のときのように、神戸の埋立地の再開発のことを考えたに違いない。地震があって、建築基準法を改正して耐震策を強化すると思いきや、外国の基準を導入して、そしてアネハ事件につなげた。まとまりのない話になったが、阪神大震災を思い出して、民営化論の虚妄について改めて思い当たった次第。

Structural Destruction

規制改革、民営化などの構造破壊について、かんぽの宿をめぐる民営郵政からオリックスへの売却をめぐって事態は紛糾しているが、解説記事が出た。

http://www.data-max.co.jp/2009/01/post_4189.html

http://www.data-max.co.jp/2009/01/post_4190.html

Who is kiling the local communities? 2

岩崎芳太郎氏の、地方を殺すのは誰かとの著書を紹介したが、当ブログはご恵贈を受けた。それには、挨拶状がついている。市場原理主義や構造「改悪」の理不尽について、端的に説明する、地方の経営者がしたためた切々たる情熱を秘めた文章となっているので、紹介したい。

「ご挨拶

 小泉・竹中構造改革という名の亡国的失政により、多くの地方の企業家が金融機関に潰されていく中で、いわさきグループはなんとか何回かの危機をギリギリのところで凌いで今日まで生き残ることが出来ました。実際、長信銀不要論が喧伝され、長信銀三行が次々に破綻・消滅していった時、日本型他人資本主義の破壊を米国エスタブリッシュメントは狙い、仕掛けてきているのではないかとの予感と不安はここまでドンピシャリに当たるとは思いませんでした。しかも、ここまで完璧に彼等の思惑通りになってしまうと、アンごろサクソンとユダヤのリーダーたちの戦略的思考力やインテリジェンスパワーが日本人のリーダー達のそれより遥かに優れている事が、再び実証されたという妙に冷めた定款を持つとともに、多くの知識人とマスコミ人と官僚と一群の政治家が再三再四、いとも簡単に彼等の期待通りの役割を演じ、結果として米国のエスタブリッシュメントの手先として動くことに対して、日本人の一人として、怒りと情けなさを禁じえませんでした。一方、5,000人以上の社員を抱える企業の経営者としては、日々プラグマティストとして、時価会計やBIS基準や金融検査マニュアルや税効果会計や規制緩和や民営化などの名の下で起こるすべての外部環境の変化を現実のものとして受け入れて、経営していかねば会社は潰れてしまいます。「世界がどうだ」、「日本がどうだ」、「地域がどうだ」、「社会がどうだ」そんなことに係わるゆとりをもてるべくもなく、ひたすら、「負ければ賊軍」と己を鼓舞し、「個」の経営に徹せざるを得ませんでした。然るに皮肉なもので、具体的な「個」の経営の局面局面で、経営者としての責任感を自覚すればする程、逆に、所与のものである外部環境を改善するために、能動的にアクションする事も今の経営者は経営の一環とすべきなのではないかと感じるようになって、数年が経ちます。また、その思いはこの国の状況が日増しに悪化していくのを目の当りにし、より強いものになっていきました。そして、もうひとつ、それ以上に強く感じるようになった事は「他の誰かが、いずれ何かをやってくれるのでは」という期待を持つことは出来ないという失望感と焦燥感でした。

 2008年も年次改革要望書において、米国政府はアメリカ流金融資本主義に都合の良い構造にこの国のシステムを変えるべく「構造改革」「規制緩和」を日本政府へ要求しています。「レッセ・フェール」「グローバルスタンダード」「市場原理主義」「新自由主義」なんと呼ぼうが、こちらの論理に正当性が与えられ、その支持派が日本においてもマジョリティーである限り、この国の経営環境は、日本の地方の資本家や企業家にとって、公正な競争ができるものになるとは思えません。「個」の経営努力では限界を感じる日々が続いています。「負ければ賊軍」。歯医者となってから、ルールの不公正にクレームしても後の祭りです。『シュムペーターの期待する創造的破壊の役目を担うためにも負けるわけにはいきません。日本型資本主義が破滅しないためにも』そういう思いの中で出版した拙著であります。

 御一読賜り、御感想・御批判をどしどし頂ければ幸甚に存じます。

                                          平成21年1月吉日

                                            岩崎 芳太郎」

以上のあいさつ文であるが、新自由主義、規制緩和、構造改革の虚妄に敢然と立ち向かおうとする, 地方企業の経営者、岩崎芳太郎氏の今後の活躍と更なる発展を祈るばかりである。

著書は、まもなく書店の店頭に並ぶ。当ブログの読者にも一読を切に勧める。

Who is killing the local communities?

鹿児島の岩崎産業の社長、岩崎芳太郎氏が、地方を殺すのは誰かという単行本を、PHP研究所から出版した。立ち上がれ、圧政に苦しむ地方の経営者よ!との副題がついている。

規制緩和の実態が、単に供給を過剰にしたりして、市場原理主義の構造改革路線が地方を殺しかねない、いや実際に殺していくことになることを活写している。

日本郵便輸送は独占禁止法違反ではないかという、小節では、郵政民営化で郵便の輸送事業を行っているファミリー企業を子会社化して、輸送業務をすべて下請けに出そうとしている改悪の実例を説明している。からくりは、子会社化するのはファミリー企業のみで, 地方で郵便輸送を行っている岩崎産業などは除いており、利益の薄い地方は孫受けとして地方企業を競争させて、買い叩こうとしていると述べている。「郵便事業」会社がやろうとしていることは、独占禁止法や下請法が禁止している優越的地位の乱用や買い叩きといえる行為であるにもかかわらず、こちらのほうには公正取引委員会はまったく関心を示さないことを嘆き、本来的には、郵便輸送会社が上げた利益は郵便利用者に還元しなければならないはずですが、上記のようなファミリー企業の子会社化ではどの程度の利益が上がっているか見えなくして、最も不明朗な方法を民営化郵政はとろうとしていると指摘している。民間に出現した巨大官僚組織と表現して、「その子会社の下請けとして強制的に組み込もうとするのであれば裁判をするぞ」といって、実際にさいばんをして争うしかないと決意を明らかにしている。道路公団の民営化が地方企業の経営を圧迫する実態についても紹介している。道路公団のときの批判を逃れるために、東京に本社にあるコンビニなどの会社に出資させて、儲けのためなら何でもありの体制にしているとしており、公的機関を民営化すれば儲けのためなら何でもするという、本来の存在目的を忘れて何でもありになってしまうと述べている。郵便事業を牛耳る最強のごまかし軍団という小節では、「郵便事業でも、都会の儲けを地方に回す内部補助を完全に働くようにして、シビルミニマムとユニバーサルサービスを達成することが重要であることを認識せずに、独立採算の名前の下に、郵便輸送の採算の合わない地域においては、地元の業者に負担を押し付けようとしていると喝破している。東京の民間人?のサラリーマン官僚が、内部補助の原資となるお金を自分たちのものにしてしまう構造だと批判している。民営郵政が、100%株主が政府であるということでありながら、その民間人官僚たちが勝手に経営をしているという、マネジメント不在の好例であると主張している。

Structural Destruction

構造改革なるものの実態は構造破壊であった。規制緩和会議などの行政組織は一刻も早く廃止すべきである。利権と政商の牙城となっているのではないのか。外国勢力の圧力と意見表明の場ともなっているのではないのか。米国新政権登場を機会として、経済財政諮問会議をはじめとする構造破壊を推進する政府組織は廃止すべきである。

http://www.news.janjan.jp/government/0901/0901155413/1.php

Protest 2

Keating_2まったくもってネットの記事とその保存機能はありがたい。残っていた。全米保険協会の会長の大統領宛の書簡の内容が。それを真に受けた小泉政権の米国追従についての東京新聞の解説が残っていた。ご参考まで。郵政民営化のうち簡易保険の廃止がどういう背景で行われたが今となればよくわかる。キーティング会長は、共和党の大物政治家でオクラホマ州知事を2期務めたことがあり、大統領候補にもぎせらられた人物である。写真は在日米商工会議所の演壇についた同氏である。

http://en.wikipedia.org/wiki/Frank_Keating

http://blog.goo.ne.jp/c-flows/e/b88c926de799b2f264260c748cf1f3f8

「東京新聞 2005.12.18

 ブッシュと小泉 構造改革の底流(上)

 米業界が圧力 簡保民営化 異例の言及

 首脳同士の信頼関係で「史上最も良好」といわれる日米関係を築いたジョージ・W・ブッシュ米大統領と小泉純一郎首相。来年九月の退陣を表明している首相は、自らが進めてきた構造改革の総仕上げに入っているが、米国の意向はどこまで反映されているのか。

 ブッシュー小泉関係が構造改革に及ぼした影響を検証する。

   ×  ×

「郵政改革の下での保険事業に関し、外国企業が同等の扱いを受けるのか、米国の関連部門が懸念を持っている」
 京都で十一月十六日に行われた日米首脳会談。米大統領ブッシュは、首相小泉にこう切り出した。

 日米経済問題で、あからさまな「外圧(ガイアツ)」は避けてきたブッシュ。首脳会談で一業界の関心事項に言及するのは「極めて異例」(外務省幹部)に映った。ブッシュ発言には、米国の生命保険業界の意向が強く働いている。

 米国の生保会社の約75%、三百五十社あまりが加盟する米生命保険協会(ACLI)。会長のフランク・キーティングは二〇〇四年三月、ブッシュに書簡を送った。
 その内容は、「簡易保険民営化の際、政府保証の下で長年積み上げてきた巨大な規模を利用して市場を独占することは許されない」とある。

 日米首脳会談で簡保を議題に取り上げ、政府の支払い保証などを廃止し、民間生保と同一の競争条件とすることを、小泉に促すよう求めたのだ。

 ブッシュは二〇〇四年九月、ニューヨークでの日米首脳会談で「郵政民営化の進展ぶりはどうか」と初めて郵政民営化に言及。キーティングの要望に応えたものであることは明らかだった。
 ACLIの狙いは、日本市場での競争条件が米系生保に不利とならないようにすることにある。

 キーティングは今年九月、米下院歳入委員会が七年ぶりに開いた日米経済関係に関する公聴会で、こう証言した。

「日本の生保市場における米国の存在感はまさにサクセスストーリー。もし日本が国際的な貿易義務を順守しないなら、われわれの成功は危険にさらされる」

 日本政府は、第三分野と呼ばれる医療などの生前給付保険を外資系に開放し、保険市場の規制緩和を進めてきた。

 その結果、米国AIGグループは、〇四年度の新契約年換算保険料で初めて国内最大手の日本生命保険を抜き、業界首位に。昨年九月中間期には、アメリカンファミリー生命保険(アフラック)が、個人保険分野の保有契約件数で日生を抜くなど、日本は米系生保の「ドル箱」と化している。

 簡保が税制や税制面で優遇されたまま民営化されれば、米系生保の業績にも影響しかねない。

 キーティングはレーガン、ブッシュ(父)の両共和党政権時代、財務、司法両省で仕え、一九九四年、オクラホマ州知事に当選。二期八年務めた後、〇三年一月、ACLI会長に迎えられた。

 ブッシュも同じ時期に州知事だった。キーティングは一時、ブッシュの副大統領候補に浮上するなど、二人の関係は近い。ACLIはキーティングの会長就任後、政治力を増したといわれる。

 京都での日米首脳会談。キーティングの意向を受けたブッシュの要望に、小泉はこう答えた。

「郵政民営化を進める中で、外国の企業にも同等の条件を与える」

 =敬称略

東京新聞 2005.12.19

 ブッシュと小泉 構造改革の底流(下)

 要望書”うのみ”「米国型」へ着々と改造

「郵政民営化は日本の経済活性化に資する。米国のためにやっているわけでない。私は、米国が郵政民営化の必要性を言うかなり前から、民営化の必要性を説いていた」

 二〇〇四年十月七日、郵政民営化関連法案を審議する衆院特別委員会。首相小泉純一郎は「郵政民営化は米国の国益につながっていると心配する人もいる」との民主党衆院議員、荒井聡の質問に、色をなして反論した。

 民営化法案に反対した荒井らが問題視したのは、米政府が毎年、日本側に提出している「年次改革要望書」に、一九九五年から簡易保険廃止が盛り込まれている点だ。小泉の改革路線は、米企業の利益を最優先したものではないかと、疑いの目を向けたのだ。

 年次改革要望書の提出は、一九九三年七月、当時の首相宮沢喜一と米大統領ビル・クリントンが、貿易摩擦解消に向けた包括経済協議開始に合意したことを受けて始まった。

 日本も米国に、税制改革に関する要望書を毎年提出している。

 外務省幹部によると、米側の要望は、同省から関係各省庁に伝えられ、米側への回答を検討するよう求められるという。

「担当する日本の役人は、米側のカウンターパートから相当の圧力を受けることもある」、通商政策に詳しいある自民党議員秘書は、要望書の実情をこう話す。

 大型店の出店を規制する大規模小売店舗法の廃止など、米側の年次改革要望書に盛り込まれた内容がこれまでに次々と実現している。要望書が日本の構造改革を進める「指南書」となってきたことは否めない。

 クリントンからジョージ・W・ブッシュに大統領が代わり、米国からの外圧は「日本に外圧をかける手法は、日米の協力関係を損ねてきた」(元大統領補佐官ローレンス・リンゼー)として、表向き影を潜めている。

 しかし、ブッシュ政権下でも、米側が年次要望書を通じて日本に規制緩和や競争政策推進を迫る構図は変わっていない。

 今年も、米シアトルで十二月七日、要望書を交わしている。さらに、米企業にとって日本政府の規制は市場参入の障壁となってきたが、規制を権力の源泉としてきた官僚や「族議員」を敵に回す小泉の登場は、ブッシュにとって好都合だったに違いない。

 二〇〇一年六月、米メリーランド州キャンプデービッドでのブッシュと小泉の初会談。ブッシュが「外国からの直接投資の促進が重要だ。経済政策は大胆に取り組んでほしい。できることば何でもお手伝いする」と水を向けると、小泉は「米国の要望は圧力と考えず、アドバイスと受け止める」と答えた。

 小さな政府、競争重視、自己責任…。小泉改革のキーワードはほぼ例外なく、ブッシュが目指す国家像と一致する。

 ブッシュと小泉の蜜月関係の陰で、日本の米国型への国家改造は着々と進んでいる。

=敬称略」

Protest against the apparent intervention of internal affairs

規制緩和や民営化などの市場原理主義の問題が、国内で議論されるようになったが、それに危機を感じたのか、アメリカの生保協会の声が上がった。市場原理主義がすっかり退潮に向かう中でアメリカにも残党があり、日本の簡易保険を圧殺しようとした動きの中で、日本国内の走り使いの連中が糾弾されようとする渦中での動きである。かんぽの宿で糾弾されようとしている規制緩和の推進者を応援しようとする声明のように見える。日本の文化を良く知るものであれば、こうした逆なでするような露骨な応援発言はしないものだが、そこはアングロサクソン特有の強圧と露骨さである。生保協会会長の名前は、小泉元総理とも官邸の会見で郵政民営化を主張して、新聞のコラム、特に動静欄に掲載されていた御仁である。内政干渉はやめろと抗議しておきたい。Please stop the intervention of internal affairs, that is the one of the principles of international law among the civilized nations.

ワシントンから直送のこんな記事の配信を受けて、日本の新聞、特に地方の新聞が記事を書いているのだ。外国関係者の日本のマスコミに対する支配、内部干渉にも反対する。

以下、共同通信のマスコミ関係者にワシントンから直送流布される情報のコピーである。今までこうした配信があることすらご存じない、日本のマスコミ関係者もきっと多いと思う。日英両語で書かれている。なんだか、占領軍の司令文書のような趣である。こんなものがあると、資料をご送付いただいた同志に感謝する。

英文では、日米両政府とはなっていない。貿易代表部が良くやったと書いてあるだけであるが、日本語では日米両政府となっているのも特徴である。都合のいい翻訳である。

「規制改革で日米両政府を称賛  米生命保険協会
PR33172
☆共JBN 外0038(産業、保険)(09・1・15)
【産業担当デスク殿】33172
◎規制改革で日米両政府を称賛  米生命保険協会

【ワシントン15日PRN=共同JBN】米国生命保険協会(ACLI)は15日、「規制改革および競争政策イニシアチブ」(以下「規制改革イニシアチブ」)など「成長のための日米経済パートナーシップ」に基づく成果に関し日米両国政府を称賛した。
 ACLIのフランク・キーティング会長は「規制改革イニシアチブへの両国政府の関与の度合いと成果は目覚ましいものがあり、多くのことが達成された。しかし、まだ多くの重要な問題が残っており、特に株式会社かんぽ生命保険に民間生命保険会社との競争拡大が認められる前に公平な条件を確保することが必要である」と語った。
 ACLIのコメントは過去8年間に日本の改革が前進したことを示す最近の米通商代表部(USTR)の概要報告(「日本の改革政策は前進、まだ重要な作業は残る」、トレードファクト2009年1月号)に対してなされたもの。規制改革イニシアチブが2001年半ばに発表されて以来(そして実際に数十年続くのだが)、米政府は日本市場の一層の開放、ビジネス環境の改善、米企業にとって公正な条件整備を目指して幅広い規制改革問題に関し日本と集中協議を重ねてきた。両政府の改革の約束は毎年の「日米両国首脳への要望書」で明確にされた。ごく最近の要望書(2008年7月5日公表)の中で日本政府は「郵政金融機関の事業範囲を拡大するには常に公平な競争条件を確保すべきである」と認めた。
 キーティング会長は「われわれは日本政府の確約を評価し、そして当然のことながら市場が発展するにつれてそれらの約束を守ることを期待する」と語った。米政府の日本に対する直近の勧告には、郵政の保険と郵政銀行業務は厳密なグローバル・ベストプラクティスに基づいた規制を行い、他の市場参加者と競争するためにこれらの業務の拡大が認められる前に公平な競争条件を確保する要請が含まれている。
 USTRは保険・金融サービスの分野で規制改革イニシアチブのハイライトとして以下の成果を挙げた。
 *銀行経由の保険商品販売の完全自由化。
 *民間保険商品とその他金融商品販売で郵便局ネットワークへのアクセス拡大。
 *郵政銀行・保険業務を規制して他の認可金融機関と同じベースに置き、これまで規制されてこなかった保険組合を中央政府の監督下に置く措置を通じて、より健全な銀行・保険市場の公平な条件を整えるために現在進められている活動。
 *金融規制の透明性を高める措置の実施。
 米国生命保険協会(ACLI)は首都ワシントンを本拠地とする業界団体で、353の会員企業は米国生命保険業界の総資産の93%、保険料の93%、年金掛け金の94%を占めている。ACLIの会員企業は生命保険と年金保険に加えて、401(k)を含む年金、長期介護保険、所得補償保険、その他退職・金融保護商品、再保険を提供する。ACLIの公開ウェブサイトはwww.acli.comからアクセスできる。
(了)

▽問い合わせ先
George Burke of the American Council of Life Insurers,
+1-202-624-2412,
georgeburke@acli.com
ACLI Praises Work of USTR, Calls for Continued Engagement
PR33172

WASHINGTON, Jan. 15 /PRN=KYODO JBN/ --

    The American Council of Life Insurers (ACLI) congratulated the U.S. and
Japanese governments for achievements under the U.S.-Japan Economic Partnership
for Growth, including the Regulatory Reform and Competition Policy Initiative
("Regulatory Reform Initiative").

    "The two governments' engagement level and achievements under the
Regulatory Reform Initiative are remarkable, and much has been accomplished,"
ACLI CEO & President Frank Keating said.  "A number of important issues remain,
however, not least of which is the ongoing need to ensure a level playing field
before Japan Post Insurance is allowed to expand its competition with private
sector insurance companies," he added.

    ACLI's comments came in response to USTR's recent publication outlining the
progress made on reform in Japan over the last eight years ("Reform Agenda with
Japan Yields Results; Important Work Remains," Trade Facts, January 2009). 
Since the Regulatory Reform Initiative was launched in mid-2001 (and, indeed,
for several decades running), the U.S. government has engaged Japan in
intensive negotiations on a broad range of regulatory reform issues aimed at
further opening the Japanese market, improving its business environment, and
leveling the playing field for U.S. companies.  Both governments' reform
commitments have been articulated in an annual "Report to Leaders" document. 
In the most recent "Report to Leaders" (released on July 5, 2008), the
Government of Japan acknowledged that "equivalent conditions of competition
should always be ensured in expanding the business scope of postal financial
institutions."

    "We applaud the Government of Japan's commitments, and, of course, expect
it to abide by them as the market evolves," said Keating.  The U.S.
Government's most recent recommendations include urging Japan to 'ensure that
postal insurance and postal banking services are held to strict global best
practices for regulation and that equivalent conditions of competition are
achieved before expansions in these services are permitted in competition with
other market participants'.

    In the insurance and financial services area, USTR cited the following
accomplishments as highlights of the Regulatory Reform Initiative:

    -- Full liberalization of sales of insurance products through banks;
    -- Provision of greater access to the post office network for sales of
       private sector insurance and other financial products;
    -- Ongoing efforts to improve the playing field for a more sound banking
       and insurance market through actions to regulate postal banking and
       postal insurance businesses on the same basis as other licensed
       financial institutions and to bring under central government
       supervision previously unregulated insurance cooperatives; and
    -- Implementation of measures to improve financial regulatory
       transparency.


    The American Council of Life Insurers (ACLI) is a Washington, D.C.-based
trade association whose 353 member companies account for 93 percent of the life
insurance industry's total assets in the United States, 93 percent of life
insurance premiums and 94 percent of annuity considerations. In addition to
life insurance and annuities, ACLI member companies offer pensions, including
401(k)s, long-term care insurance, disability income insurance and other
retirement and financial protection products, as well as reinsurance. ACLI's
public Web site can be accessed at www.acli.com.


SOURCE: American Council of Life Insurers

    CONTACT: George Burke of the American Council of Life Insurers,
             +1-202-624-2412,
             georgeburke@acli.com」


Positive Commentary

昨年11月に麻生

総理大臣の発言についての肯定的な解説である。しかし、その後、否定され、自民党内には、小泉元首相を中心とする60人ほどの勢力が、郵政民営化組織を組成して気勢を上げており、その後麻生首相の発言自体が腰砕けとなったことは、既に当ブログの読者は先刻承知のことと思われる。復党組も勇気のないというか信念のない政治家ばかりで、荒波に翻弄されるばかりである。自民党が、自分だけよければの自分党になったかのようでもある。

Corrupt Postal Privatization 22

Photo 長谷川憲正参議院議員が14日21時に配信した「かんぽの宿一括譲渡する気はない」と題するメールマガジンの写し。左の写真はラフレさいたま。

「本日(14日)午前8時から民主党の総務部門会議(総務委員会関係の案件を議論する場)が開かれ、今、鳩山総務大臣が強く反対していることで話題のかんぽの宿の譲渡について日本郵政株式会社と総務省の担当部局から別々に実態を聴取しました。
そこで明らかになったことは、「鳩山総務大臣に情報が入ったのは本当に12月26日の報道発表の直前だったこと」です。これでは総務大臣が怒るのも当然で、日本郵政のトップの暴走を早く止めないと、日本の財産である郵政の土地や施設は、今後もタダ同然で投げ売りされてしまいます。今回の会合の主催者である民主党の原口議員によると、「首都圏の社宅9箇所が対象になっているが、これだけでも約30億円の価値がある」とのことです。また、埼玉副都心にある「ラフレさいたま」も譲渡対象に入っていましたが、土地はそもそも行政機関のために提供されて土地であり、地元埼玉県に何の相談もなく、オリックス不動産という純粋の民間会社に売り渡されることは大いに問題あると考えます。
原口議員は会議後の記者会見で、「聞けば聞くほど分からなかった、国会で集中審議でもしたい」と話されていました。国民新党の政策審議会も、今日会合を開き来週「ラフレさいたま」の視察を行うことを決定いたしました。
なお、このことに関連し、昨日(13日)の衆議院総務委員会で民主党寺田学議員の質問に、鳩山総務大臣は「・・・正直言って、今、会社を分割という形で認可しようといっても、全く認可する気持ちはありません。疑惑が晴れないからであります。」と明言していました。」

Corrupt Postal Privatization 21

鳩山総務大臣と西川郵政民営化社長が非公開の会談を行ったとの報道である。時事通信や朝日新聞などが、今夕に報道している。

「日本郵政の「かんぽの宿」をオリックス不動産に一括売却する問題について鳩山総務相が14日、日本郵政の西川善文社長から売却の経緯などを聴いた。会談後、鳩山氏は売却価格や選考過程について「おかしいものはおかしい。納得する可能性は限りなくゼロに近い」と発言。事実上、契約の「白紙撤回」を求めた。

 会談は総務省内で約50分間、非公開で行われた。西川氏はオリックス系を選んだ理由について「雇用確保の問題が一番大きい」と説明。オリックスが非正規社員を含めた全従業員の雇用確保を確約している点を挙げた。ただ、西川氏は今後、弁護士ら第三者を交えた検討委員会を立ち上げ、売却過程を調べ直す考えを表明。また鳩山氏の理解を得るまで、売却の前提となる日本郵政の会社分割を申請しないことも明らかにした。

 鳩山氏は会談後、記者団に「(西川氏の説明は)納得するかしないかという段階の話ではない。109億円という売却価格についても全く納得がいかない」と語った。

 日本郵政は昨年12月、2度の競争入札を経て、オリックス不動産に「かんぽの宿」など70施設と社宅、全従業員を約109億円で譲渡する契約を締結。会社分割で事業を譲る予定だが、鳩山氏の認可が必要。今回、鳩山氏が契約を認めない方針を示したことで、オリックス系への売却見直しは避けられない状況だ」

上記のような報道であるが、新聞社によっては、かんぽの宿が赤字であることを強調しているが、実は、減価償却の圧迫などがあることは事実であるが、損益上は黒字であると考えられる。民営化後にほとんど修繕などを行わないのは、実は、売却を急ぐあまりであるとの指摘もあったことであって、意図的に赤字を狙っている側面がある可能性がありうる。もちろんそうした懈怠も不正の一側面である。郵政民営化全体が失敗であり、個別を問題にすることではない。メリルリンチとの契約額については依然として公表されていない。今後は、郵便貯金会館、社宅の売却先や経緯についても国会で明らかにしていく必要がある。簿価2兆7千億の資産規模の、日本最大級の資産の民営化・私物化であっただけに、ある種の疑獄に発展する可能性もナシとはしない。

Corrupt Postal Privatization 20

森田高参議院議員のホームページから、かんぽの宿のオリックスへの売却問題についての疑惑。

http://moritatakashi.sblo.jp/article/25259718.html

Fake Postal Privatization 138

イギリスでも、政府が郵政民営化を提案して、これに反対する声が高まっている。

Labour postal rebellion growing

労働党内の反民営化の声が高まっており、ロイヤルメールの部分的な民営化に反対する声が高まっており、民営化計画を再考せよと求めている。一部の株の売却計画を放棄せよとの要求である。
A rebellion by Labour MPs opposed to the part-privatisation of Royal Mail is growing, with more than 60 now urging the government to rethink its plans.

They have signed a Commons motion calling on ministers to abandon plans to sell a minority stake in Royal Mail.

政府側は、一部の株の売却によって、全体を今日今日企業として残しながら、資金の入手することが出来るとしている。

The government says such a deal would give Royal Mail much-needed cash while still leaving it in public ownership.

Business Secretary Lord Mandelson told the BBC there was "no question" of the organisation being fully privatised.

Funding modernisation

大臣補佐官を辞めた議員もある。

Among the 66 MPs who have signed the early day motion is former ministerial aide Jim McGovern who quit the government last month in protest at the plans.

保守党と自民党は部分的な民営化に賛成しているが、郵政の将来的な利益と年金の制度について懸念している。

The Conservatives and the Liberal Democrats both, in principle, support part-privatisation as a way of helping to modernise the service, but are worried about Royal Mail's future profitability and government support for its pension scheme.

Last month an independent review of Royal Mail advocated the sale of part of the business, a proposal endorsed by Lord Mandelson.

He told BBC One's Breakfast programme: "The Royal Mail will remain in the public sector. There is no question of privatising the Royal Mail.

ヨーロッパのどこから、外資を導入して、イギリス郵政の機械化、効率化に資することとして、経営の強化にもなるとしている。

"What we want to do is to introduce a minority stakeholder - I mean an experienced postal operator from somewhere else in Europe - to team up with the Royal Mail to bring much-needed investment for modernisation and increased efficiency, but also management expertise to enable the Royal Mail to become strong and viable and a real postal player in the future."

'Gale force'

ドイツのTNTが、25から30%の比率の株式を取得することになるとの噂である。

Dutch firm TNT, one of Royal Mail's main rivals in the UK postal market, is believed to be the frontrunner to acquire the stake - which could be between 25% and 30%.

Appearing before the Commons business select committee, Lord Mandelson said private sector expertise would blow a "gale force of fresh air into the management and control of the Royal Mail"

経営に新風を嵐のごとく吹き込むことが目的で、全部民営化することはユニバーサルサービスを失わせるので、悪い考えだと、マンでルソン大臣は述べている。.

He added that a full privatisation was a "bad idea", as it would "undermine" the organisation's "universal service", and that there would be "no slippery slope" towards it.

Part-privatisation is opposed by unions and many Labour MPs, making this potentially the largest backbench revolt Gordon Brown has faced since becoming prime minister.

労働組合は部分民営化にも反対している。労働党議員も多くが反対である。

The early day motion, to be put before Parliament on Wednesday, will say the plans "risk fracturing one of Britain's greatest public services" and notes Labour members backed the "vision" of a wholly public service at last year's party conference.

'Most respected'

Other former ministers to sign the motion include Frank Dobson, Malcolm Wicks and Michael Meacher.

One of the rebels, Geraldine Smith, said Royal Mail's status as one of the UK's "most respected" public bodies must be safeguarded.

イギリスの最も尊敬すべき組織を守らなければいけない。

"In recent years it has been exposed to ever-increasing, unfair competition by the regulator," she added. "Part-privatisation is not the answer."

不公正な競争から守る方策は、一部民営化ではない。

Another rebel, John Grogan, questioned why Royal Mail needed additional financial support when it received a £1.2bn state loan to upgrade its sorting network as recently as 2007.

Ministers say a commercial partnership will strengthen Royal Mail financially and enable it to offer new services in a competitive postal market while leaving it in public hands.

But critics believe the sale will set a dangerous precedent, one that could ultimately threaten Royal Mail's universal service obligation to deliver mail to every address in the UK.

イギリスにとって、部分的な株の放出は、ユニバーサルサービスを結局失わせる危険な前例となると批判する。

'Public commitment'

Welcoming the parliamentary motion, the Communication Workers Union said it "reflected the opinions" of most British people

労働組合は、議会の反対の声の高まりを歓迎している。民営化は必要がない。民間資本の導入は不必要である。.

"The Labour Party has a clear commitment to a wholly publicly owned Royal Mail," said its general secretary Billy Hayes.

"The Royal Mail is a successful and vital public service which does not need private capital to ensure modernisation."

Any rebellion may be tempered by the likelihood that both main opposition parties are likely to broadly support the government on plans to reform Royal Mail.

The Conservatives have described the part-privatisation as a "step in the right direction" but say urgent reform is needed to make sure core Royal Mail services are protected.

The Lib Dems have called for new entrants to the market to be allowed to compete fairly with Royal Mail.

Story from BBC NEWS:
http://news.bbc.co.uk/go/pr/fr/-/2/hi/uk_news/politics/7827497.stm」日本でも、国際物流会社をオランダと提携して民営化して作るなどとの夢物語が囁かれたが、同じような陰謀がたくらまれているらしい。イギリスに対して、日本の郵政民営化の失敗を伝えることが必要である。

Corrupt Postal Privatization 19

自民党は、郵政民営化についての特別チームを設けて検討を続けていたが、朝日新聞の14日夕刊の報道によれば、法改正は行わずに微修正にとどめる方向となったことが明になったという。

参議院で可決されていた株式売却凍結法案も、自民党は長い間たなざらしにしていたが、衆議院でこれを否決したのが昨年の12月11日の本会議であった。自民党内には、小泉元首相らが急遽組成した市場原理主義者の集まりが60人ほどで発足している。問題は復党組みであるが、衆議院の本会議では棄権や反対もなく、また自民党は反対した記録が残ることを恐れて規律の採決を行った。自民党が郵政事業の見直しを真に行うことが出来ないことがはっきりした。自民党には、まだアメリカをも崩壊させた新自由主義の考えが色濃く残存して、日本国家を破壊する郵政民営化の本質を改めるつもりがないことがはっきりしたのである。

http://www.asahi.com/politics/update/0114/TKY200901140170.html

「自民党の郵政民営化を検証するプロジェクトチーム(PT)がまとめた論点整理が明らかになった。当初は郵便事業、郵便局会社などへの4分社化の見直しを検討していたが、そのための郵政民営化法改正の明記を見送った。4社体制は維持される方向だ。

 党執行部は、改正案を通常国会に提出すれば民営化推進派が反発して造反する恐れがあると判断。党内の結束を最優先させた。これにより、民営化見直しは法改正を伴わない微修正にとどまりそうだ。

 論点整理は14日午後のPTで示される。(1)郵便局会社のあり方(2)郵便事業会社と郵便局会社の連携(3)郵便局を通じた金融サービスの維持(4)金融2社の新規業務等の展開(5)ネットワーク水準・サービス水準の維持(6)3事業の一体的な経営の確保等――の6項目からなる。民営化前に同党を支援していた全国郵便局長会(全特)の意見も載せ、民営化反対派の立場にも配慮を示したが、法改正の項目は設けなかった。PT幹部は法改正について「将来の検討課題」として先送りする考えだ。

 4分社化に対しては、サービス低下を招いたなどという批判もある。PTは昨秋の発足時、4社のうち郵便事業会社と郵便局会社について「一体化の努力はしているが、法律の限界がある」(中谷元座長)と統合も選択肢に法改正を検討。麻生首相も就任直後の国会で「修正すべきところは修正すべきもの」と答弁した。小泉元首相はこれに反発し、中川秀直元幹事長らと議員連盟を発足させた。」

Corrupt Postal Privatization 18

http://cgi2.nhk.or.jp/news/cgibin/K10035293711_0901132207_0901132224_mh.cgi

1月13日、夜九時12分からのNHKのテレビニュース。備忘録代わりです。

Corrupt Postal Privatization 17

全国の郵便貯金会館の土地の山分けが始まっているようだ。福岡の土地についてのネット情報である。ご参考まで。http://www.data-max.co.jp/2008/12/post_3961.html

Corrupt Postal Privatization 16

いつもは市場原理主義支持丸出しの産経新聞であるが、めずらしく、鳩山総務大臣のかんぽの宿についての会社分割認可の問題について続報を出した。念の為、リンクを張る。地方にかんぽの宿はたくさんあるわけであるから、共同通信や、地方新聞社の報道にも期待したい。かんぽの宿ばかりではなく、社宅、郵便貯金会館などの不動産の売却についても、民営化法が何ら規制をしないという異常な法律となっており、法律としての欠陥があるように思われる。その点、会社分割という小さな認可条項で、オリックスとの対決姿勢をとった鳩山大臣の今後の裁定に期待をしたい。バナナの叩き売りのようになっている郵政の国民資産の私物化を叩き潰して欲しいものである。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090113/plc0901131940015-n1.htm

Corrupt Postal Privatization 15

経済雑誌「財界」を発行する財界研究所、は昨年11月4日、優れた経済人、経営者に贈る平成20年度の「財界賞」「経営者賞」の選考委員会を開き、受賞者6人を決めた。財界賞には伊藤忠商事会長の丹羽宇一郎氏が選ばれた。内閣府経済財政諮問会議の民間議員など、民間の立場から国のあり方や地方活性化を提案するなど、財界リーダーとしての積極的な取り組みが評価されたという。経営者賞には大坪文雄・パナソニック社長、前田新造・資生堂社長、似鳥昭雄・ニトリ社長、樋口武男・大和ハウス工業会長兼CEO、塚本勲・加賀電子会長の5人が選ばれた。

財界賞とは、広く日本経済を牽引した有力財界人を表彰する財界賞・経営者賞は、「経営者にも文壇の芥川賞、直木賞のような賞があるべき」との創業者・三鬼陽之助の思いから始まり、財界賞は『財界』創刊の昭和28年度に、経営者賞は昭和30年度に創設されている。

 昭和28年度の第1回財界賞には東芝で社長、会長を務めた石坂泰三氏が、昭和30年度の第1回経営者賞には日清紡績の社長、会長を務めた櫻田武氏が選ばれている。

 財界賞・経営者賞は「百万人行かずとも我行かん」「この日本国を蘇生させる」というスピリッツを持つ財界人、産業人を独自の視点で表彰してきたと言い、卓越した経営手腕と同時に、社会に資する倫理観、美意識を兼ね備えた人物を『財界』誌は今後も発掘していきたいと、月刊の同誌は書いている。

12月8日夕刻に丸の内の東京會舘で、「財界」研究所主催の受賞パーティが開催された。平成20年度の「財界賞」の受賞者は、伊藤忠の丹羽宇一郎会長であったが、注目されたのは、最初の来賓祝辞を行ったのが、オリックスの経営者である宮内義彦会長氏であった。「構造改革における大変な政治の逆風にあって、改革を進めなければならない。丹羽様をはじめ受賞された方々には本当に頭が下がります」というのが、挨拶の要旨であるが、同日の国会におけるかんぽの宿の売却問題をめぐる審議模様など眼目にもないような発言で、ようするに構造改革路線をまい進すべきだとの従来からの強硬論を繰り返すものであった。参加者のブログには、「(中略)これまでの反省がまったく見られません。頑固なところは変わっていません。」とある。乾杯の挨拶は東芝の西田社長が行った。パナソニックの大坪社長は、欠席したが、代理人の副社長が表彰状などの記念品を受け取り、挨拶は事前に収録したビデオで行った。

雑誌『財界』は、経済評論家の三鬼洋之助氏が創刊した老舗の誌であり、先述したが、財界賞が伊藤忠の丹羽会長、経営者賞はニトリの似鳥社長、大和ハウスの樋口会長、加賀電子の塚本会長、パナソニックの大坪社長、資生堂の前田社長が受賞した。乾杯の挨拶は東芝・西田社長が行った。

会場には、政商といわれる経済人やマスコミ関係者が多数つめかけ、新年の賀詞交換会ともなり、ウシオ電機の牛尾治朗氏、アイビーエム会長の北城恪太郎氏がまず目についた。味の素、メルシャン、森ビル等の主要経営者、アサヒビールの元会長、元通産次官、東京海上火災のの相談役などが出席していたという。日本郵政公社前総裁の生田正治氏も会場後方の入り口付近で歓談していた(同氏は平成18年度の特別賞を受賞している。)経済同友会の人脈の参加者が前方にたむろして、存在を誇示しているような風もあった。

いずれにしても、宮内義彦氏が、新春国会の冒頭の政治スキャンダルの渦中で最初の来賓挨拶を行うことなどは、国内政治に対する挑戦と見た者も多いと思う。大和ハウスの樋口会長のように、創業者から頂戴したという真紅のネクタイを着用して、創業者から首をしめられながら頑張るように言われているかのようだとの洒脱な挨拶もあり、自分の功績ではなく社員の働きであるという極めて日本人的な遠慮深さと謙遜を見せる挨拶も続いたが、パナソニックの社長のビデオ挨拶のように、カタカナ社名にしたことが英断のような話をした者もあった。経済界あるいは財界という閉鎖的なサークルで集会を行い、今回の財界賞の受賞者のように、経済財政諮問会議などの参加者として、この国の方向付けをしたような国士もどきの話が表彰の対象になることにはある種の錯誤が感じられた。会社の利益と国益とは必ずしも一致せず、国益を犠牲にして、私益を利することも十分ありうる。

日刊スポーツも報道したが、表彰式には、女子レスリング55キロ級で2連覇を果たした、吉田沙堀保里(26-綜合警備保障)が、花束の贈呈役と記念写真の被撮影役でで参加した。表彰状の贈呈は、審査委員会を代表して堺屋太一元経済企画庁長官が行った。

ともあれ、世界的には潮目が変わり、市場原理主義は自滅したのであるが、この国では依然として、経済界の有力者には、カルトもどきで新自由主義の経済を信奉するものが、宮内オリックス会長を含め、残党として、しかも強い影響力を持つことを誇示していることがわかる材料である。アメリカでまもなく、新自由主義の政策を厳しく批判するオバマ政権が登場して世界情勢が急速に変化していることを殊更しないような有様であることを、主賓挨拶は示したのではないだろうか。

選考過程の詳細については、同誌に詳細に掲載されているので、ご関心の向きは参照されたい。

Corrupt Postal Privatization 3

衆議院インターネット中継の1月9日予算委員会、亀井久興議員の質疑。西川に本郵政社長が参考人となっている。不採算であるから、廃止するとの答弁は市場原理主義特有の発想であり、世界的には破綻した論理である。それ以上に鳩山総務大臣の見識のある政治家としての答弁は異彩を放ったかのように見える。亀井議員も冷静沈着な質問で品格に富むものとなっている。

http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=39503&media_type=wn&lang=j&spkid=220&time=02:37:13.6

Corrupt Postal Privatization 14

壱花花氏の、作品は他にもある。手遅れという、ドイツの抵抗運動にヒントを得た作品である。後半の漫画の部分には、地方公務員と郵便局員のことが書かれているが、郵便局の職員の場合には、国民の血税で、給料がまかなわれていたわけではないので、その点、壱花花氏に訂正を求めたい。

Corrupt Postal Privatization 13

風刺漫画家、壱花花氏による、サンタが民営化されたとの話。悲しい現実?の話である。

活字よりも、画像の方がどうにも訴える力は強いところがある。規制緩和、民営化、公共政策の削減について、こうした風刺がもっと必要だ。

Corrupt Postal Privatization 12

観光庁の関連のニュースがネットに配信されている。昨年の12月24日の日刊スポーツである。共同通信の配信記事のようだ。

「観光庁は24日、今後の観光行政について、サッカー元日本代表の中田英寿氏、生田正治元日本郵政公社総裁ら6人の外部有識者から助言を受ける「アドバイザリー・ボード」を設置すると発表した。来年1月13日に初会合を開く。

 3カ月に1回程度会合を開き、観光庁の運営方針や施策の実施状況などについて幅広い視点から意見を聞く。特に中田氏には「若い人は旅行に行かない傾向にある。若い世代の見方をアドバイスしてもらい(若者への)発信も期待したい」(本保芳明長官)としている。(共同)」

何の変哲もない記事で中田がアドバイザリーボードという英語名の名前をつけた会合に出ることが、スポーツ新聞が取り上げている主な理由であろうが、当ブログは別の視点から、生田正治氏が入っていることが気になる。本保芳明観光庁長官は、生田正治氏が、日本郵政公社の総裁入りをしたときに、国土交通省から引き抜きで郵政公社に連れて行って理事に就任させた人物である。民営化発足直前に、生田氏の解任劇があり、生田氏とともに日本郵政公社を退任して、いかなる理由か国土交通省に帰任した人物である。行政が私的な関係で推進されることになっては、公平に欠けることになる。東京中央郵便局の再開発後の入居予定者に、観光庁の関係者の介入がまことしやかな噂と話題となっている折から、余計に不安になるところである。公の組織が、お友達関係で、日本郵政同様に観光行政が私物化されないように祈るばかりである。

http://www.business-i.jp/news/special-page/kanwa/200810200005o.nwc ご参考まで。

Corrupt Postal Privatization 11

月刊雑誌、テーミスの2006年五月号に掲載されていた、日本郵政とオリックスとの関係をうかがわせる記事。ご参考まで。ウィキペディアへのリンクもご参考までに。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%A5%E8%B0%B7%E7%A6%AE%E5%AD%90

「日本郵政社外取締役に
ザ・アール奥谷禮子  社長財界遊泳術の真骨頂
生田郵政公社総裁や宮内オリックス会長など自分を高く評価する著名人と連携し

■議員の国会発言に「削除」要求
 西川善文社長率いる「日本郵政」の社外取締役に、奥田碩トヨタ自動車会長、牛尾治朗ウシオ電機会長、西岡喬三菱重工業会長、丹羽宇一郎伊藤忠商事会長らと肩を並べて、ザ・アールの奥谷禮子社長が就いている。奥谷氏といえば、'86 年に経済同友会初の女性会員の1人になって以後、経済団体の役員、政府や自治体などの審議会委員の公職に就いて、その名前を売ってきた。
 しかし、彼女がなぜ財界と官界でこれほど重用されるのか、その理由を「高い見識と力量があるから」と明確に答える人は経済界にも官僚の中にも、そう多くはいない。「日本郵政」の社外取締役就任については、同友会の代表幹事だった牛尾氏、同じく副代表幹事だった生田正治日本郵政公社総裁、 そして幹事に名を連ねる丹羽氏と奥谷氏という「同友会人脈」との関係が指摘され、とくに「生田氏の引きで選ばれたのではないか」との声がある。
 問題は、生田氏が奥谷氏に何を期待して、社外取締役に選んだのかだ。生田総裁体制下での郵政公社と、奥谷氏のザ・アールとの関係を追うと、いくつか首を傾げたくなる事実が浮かび上がってくるのである。
 奥谷氏が同友会を一つの基盤にして築いてきた人脈は、本業の総合人材プロデュース業の拡大や、数々の公職に就く過程で生かされてきた。奥谷氏は、彼女を高く評価し、行動をともにする著名人とセットで話題に上り、表舞台に伸してきたといえそうだ。
 奥谷氏は'01 年から内閣府総合規制改革会議(座長=宮内義彦オリックス会長)の委員に就いているが、過去にこんなエピソードがある。
 '03 年5月、派遣労働法改正案を審議した衆議院厚生労働委員会で民主党の城島正光衆院議員(当時)が、質問の冒頭に次のような問題を提起した。
「総合規制改革会議のメンバーの会社に偏りがあるのではないか」
 城島氏はあえて個人名を挙げなかったが、主旨は次のようなものだった。
 (1)人材派遣業から奥谷禮子ザ・アール社長と河野栄子リクルート社長の2委員が入っている、(2)座長の宮内義彦氏が代表を務めるオリックスはザ・アールの第2位株主で、リクルートはザ ・アールの取引先である、(3)委員のうち3社が事業上密接なつながりがあるが公正な議論は担保されるのか、(4)奥谷氏は厚労省労働政策審議会の委員でもあり、雇用労働政策を策定する側(厚労省)と、その改革の方向性を出す側(規制改革会議)の両方に入っているのはおかしい――。
 興味深いのは、この城島氏の質問に対する奥谷氏と宮内氏の反応だった。 奥谷氏は秘書を伴い、議員会館に城島氏を訪ね、「名誉毀損であり、抗議し、謝罪を求める」旨を通告した。さらに、当時の中山成彬厚生労働委員長宛に弁護士名で内容証明郵便を送付。城島氏の不適切な発言部分を速記録から削除し、削除できなければ訂正などの措置を講じるよう要求。城島氏の発言主旨を確認して「悪質な場合には処分等」を検討するよう求めたのである。
 さらにその数日後、今度は宮内氏からも城島氏に厳重抗議の書面が送られてきた。宮内氏は菅直人民主党代表(当時)にも抗議文を送り、城島氏の発言に関する民主党の見解を質し、「民主党の総意で規制改革に反対するのであれば、反対する具体的かつ合理的な理由を挙げて述べていただきたい」と強硬な姿勢を示した。

--------------------------------------------------------------------------------

■郵便局の接客サービスを指導
 城島氏は「国会議員の院内における発言に関して、外部から削除や訂正を求めるなど前代未聞」として、衆議院議長を通じて内閣の見解を尋ねた。これに対する内閣の小泉純一郎総理名による回答は、「(抗議書面は)『総合規制改革会議議長 宮内義彦』の名義になっているが、個人の見解をまとめた私文書と承知している。政府としてはその内容の適否および合憲性について意見を述べる立場にない。政府として議員の院内における発言内容を論ずる文書を発出したことはない」というものだった。つまり、宮内氏の抗議について政府は関知しないというものだった。
 それにしてもなぜ両氏は、これほどまでに強い反応を示したのか。
 城島氏が指摘したザ・アールの株主は、正確には奥谷氏が過半を所有する筆頭大株主で、第2位は堤清二氏、オリックス、マスダアンドカンパニーの3者が同比率である。
 ここで、奥谷氏の略歴を見てみよう。'50 年神戸市に生まれ、甲南大学卒業後、日本航空に入社し、客室乗務員として国際線に3年間搭乗した後、空港ラウンジのVIPルームに勤務する。'82年、ザ・アールを起業し、人材の派遣・紹介・教育研修などのサービスを柱にして軌道に乗せた。'86年から6年間は、 当時の堤清二セゾングループ代表との縁で、セゾングループが設立した人材派遣会社ウイルの社長を兼任した。 
 やがて、事業の成長と同友会初の女性会員という評価が加わり、公職を次 々と委嘱される。通産省の人材開発問題研究会委員、同じく航空機工業審議会委員、郵政省の郵政審議会委員、国土交通省の交通政策審議会委員、厚労省の労働政策審議会委員、国立新美術館運営協議会評議委員、さらに最近では楽天野球団経営諮問委員会委員に就任。ほかに、ローソンや日本エンタープライズの社外取締役、母校の甲南大学EBA高等教育研究所特別客員教授なども務めている。
 冒頭の日本郵政に話を戻そう。
 生田総裁は'07年10月の民営化に照準を合わせ、全国の特定郵便局を原則的に普通郵便局と一本化し、さらに郵便局職員の格付けや内部事務のアウトソーシングを進める方針を示している。 そして、すでに職員の「星認定試験」(格付け)や接客サービスの研修をザ・アールに委託しているのである。
「郵政公社を継承する日本郵政の社外取締役の会社に、業務を委託しているのは問題と思うが、生田氏の意向が働いたようだ」(郵政公社幹部) また生田氏は、奥谷氏に東京中央郵便局の「1日局長」を委嘱し、職員・手本″を示してもらったこともある。そんな生田氏の改革に、郵政公社関係者からはこんな懸念が聞かれる。
「これまで郵便局では、窓口で世間話をしてなかなか帰らないお年寄りにも、時間を惜しまないようにという接客指導が行われてきた。ザ ・アールの企業向け教育研修内容や、奥谷氏の講演を聞く限り、郵便局が大事にしてきた接客方針は否定されるのではないか」
 だが、すでに全国特定郵便局長会には改革案が提示され、民営化後は非常勤を含め40万人にも達する日本郵政の社員の業務が、一気に人材派遣会社に委託される可能性がある。パート社員の採用や教育もしかりである。

--------------------------------------------------------------------------------

■浮上する同友会の「神戸人脈」
 郵政公社側が示している改革案は、 公社の資産である普通局(約1千300局)と、特定局長が私有する特定局(約1万9千局)の二本立て体制を廃止。特定局長の特例である定年65歳および68歳までの勤務延長をなくすというものだ。
 また現在、公社が特定局長などから借り上げている2千300局の集配特定局の建屋を買い取り、土地は賃借を継続する。約1万6千局の無集配特定局の局舎と土地は「当面、借り上げを継続する」(生田総裁)としている。
 そうした合理化・効率化により、新たなビジネスチャンスが生まれる。例えば、郵政公社が保有する郵便配達用の自動車やバイクのリースがその一つだ。ちなみに、郵政公社の幹部研修の講師に、宮内オリックス会長が招かれている。宮内氏もかつて同友会副代表幹事を務めていたから、これもまた「同友会人脈」なのだろうか。
 宮内氏と生田氏はともに、日本取締役協会の設立に参画し、現在、宮内氏が会長、生田氏は副会長を務めている。さらにいえば、両氏とも奥谷氏と同じく神戸出身だ。奥谷氏と宮内氏が親しいことはよく知られている。両氏の親しさに、多くの人は、志を同じくする者同士の強い絆を見ているようだ。
 '01年7月、東京都内で『宮内義彦経営論』出版記念の夕べが開かれた。当時の竹中平蔵経済財政担当相、牛尾ウシオ電機会長、速水優日本銀行総裁、 堺屋太一元経済企画庁長官らが出席した。会場には、作家の猪瀬直樹氏とともに宮内氏にサインを求める奥谷氏の姿があった。
 さて、生田―宮内―奥谷の「神戸人脈」には、三木谷浩史楽天社長も加わっているようだ。三木谷氏は毎年、奥谷氏の誕生日に花束を贈っており、同友会では共に「次代を造る会」の副委員長に就いている。70歳を過ぎた生田氏や宮内氏が第一線を退いた暁には、奥谷氏を中心に「奥谷人脈」が財界を跋扈するのかも知れない。

(2006年5月号掲載)」

Post Office Destruction

Corrupt Postal Privatization 10

Photo 沖縄タイムスの昨年末の報道である。郵便貯金会館の改築用地として当時の郵政省貯金局が取得して、郵政公社になり、改築を取りやめて更地となっていた土地をオリックスの子会社が取得したという報道である。かんぽの宿の話だけではない。郵政省当局が返還された軍用地を取得したときの価格は62億円であったが、オリックスの子会社の取得額については、公表されていないとのことである。しかも、沖縄における戦後史に絡まる国民資産の売却であり、発表すべきである。

http://www.okinawatimes.co.jp/news/2008-12-26-M_1-001-1_002.html

「日本郵政(旧日本郵政公社)が沖縄郵便貯金会館(メルパルク沖縄)の建設を断念した那覇新都心の土地を、リースや不動産業を手がけるオリックス・アルファ(東京都、坂本修二社長)が取得し、大型商業施設の建設を計画していることが二十五日、分かった。複数の関係者によると、家電量販店最大手のヤマダ電機がテナントとして進出を検討しているという。

 土地は県立博物館・美術館の向かい側にある七千九百平方メートル。那覇新都心のメーンストリートに面する大規模用地の中で唯一、利用計画が決まっておらず開発の動向が注目されていた。

 オリックス・アルファは今年五月に土地所有者の日本郵政が実施した、土地利用事業者の入札に応募。九月十二日に取得に関する契約を締結した。取得金額は明らかにしていない。

 同社は二十五日、土地利用について「商業施設を建設し、テナントを募ることになる」と回答した。ただ、具体的な候補は「計画段階なので答えられない」としている。

 ヤマダ電機も新都心への進出について「現時点でコメントできない」と述べた。

 一方、関係者は沖縄タイムスの取材に「オリックス・アルファが土地を購入して建物を造り、ヤマダ電機が使用する計画だ」と述べた。

 オリックス・アルファは一九七二年設立で、オリックスグループ100%出資の子会社。商業施設内の設備リースのほか、商業施設開発や不動産賃貸などを手がけている。

 ヤマダ電機は二〇〇四年七月、現うるま市に沖縄一号店をオープン。これまで豊見城市、浦添市に店舗を展開している。」

なお、沖縄における不動産関連の動きについてはなかなか報道されないが、一部観測記事が見られるのでご参考まで。http://unkar.jp/read/mamono.2ch.net/newsplus/1206240284

Animal Farm 10

アニメ映画、動物農場のホームページが出来ている。リンクを貼りますの、ご覧ください。当ブログでるる説明するよりも、そこを読むほうが中身がわかりやすいと思いますので、よろしく。http://www.ghibli-museum.jp/animal/

http://www.ghibli-museum.jp/animal/neppu/kawabata/

http://www.ghibli-museum.jp/animal/neppu/tsutsumi/

Animal Farm 9

Animal Farm 8

Animal Farm 7

Animal Farm 6

Animal Farm 5

Animal Farm 4

Animal Farm 3

Animal Farm 2

英語版であれば、その映画が、全部ユーチューブに掲載されている。

Animal Farm -Geroge Orwell

東京渋谷の小さな映画館で、ジョージオーウェルの、動物農場を原作とするアニメーション映画が上映されているとのことで、見てきた。オーウェルは1945年に動物農場を執筆してベストセラーになっているが、ソビエト神話の実態をスペイン内戦に関わる中で、その恐怖を体験したことに基づいて、粛清というテロ行為の残虐さを暴き、ソ連を理想国家と見る迷妄を回避するために執筆するという政治目的があったものと思われる。

映画の企画は、オーウェルの死後の1951年である。もちろん、原作はソビエト神話の暴露という当初の意図を超えて、あらゆる全体主義の政治権力の腐敗を風刺したものである。

この映画自体は、1954年にイギリスの、ハラス&バチュラー・カートゥーン・ムービーズによって製作されたものである。ヨーロッパ最大のアニメーションスタジオであり、多くの作品が作られたという。

ちなみに、この映画は、米国中央情報局が、冷戦体制化における心理作戦のひとつとして、製作資金を秘密裏に提供したといわれる。

ところが、この映画は、その冷戦当時の全体主義を批判するばかりではなく、現代の市場原理主義の新たな社会格差を生み出すイデオロギーに対しても痛烈な風刺を投げかける内容となっている。全体主義の形態である共産主義が急速に抑圧のソビエト連邦となったように、経済の極端な自由主義が世界を格差のくびきの元で呻吟するようになったのは同根である事を気づかせる。市場原理主義と新自由主義で新たに作られた人間社会の抑圧について気づき、人間社会の一人ひとりの大切さ、、情熱と、文化と伝統などについてかんがえる機会を与える。反骨精神だけではなく、抵抗勢力の重要性についてもかんがえさせられる。政治宣伝臭はないが、重たいテーマであるだけに、通常のアニメと違って、ほっとするような開放感はないのが、見た後の感想である。

世界の優れたアニメを、宮崎駿のジブリ美術館が選定して、紹介しているというが、その中での上映である。渋谷の小さな映画館の、シネマ・アンジェリカには、ジブリ美術館の旗がかかっている。

Corrupt Postal Privatization 11

潮目が変わる中で、郵政民営化の虚妄がいよいよ表面化しつつある。ネットに残された論文も時が過ぎれば廃棄されていくが、(その点図書館とは異なるが)、森永卓郎氏の警告は今なお説得力がある。ご参考まで。

http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/o/104/index.html

Corrupt Postal Privatization 9

官邸コンファランスの議事要旨が、ネットに残っていることは前に指摘したが、その要旨の中で宮内氏の発言要旨は3箇所のようである。見やすくするために、その部分のみを掲載する。詳細は、全体の議事要旨を参照願いたい。

いずれにしても、このコンファランスは異様なものであり、株を配れば民営化反対が静まるなどと外国人が言い、ワシントンでも話題になっているというものもあり、カラス天狗の集まりの様で、北条高時の酒宴の名場面を思い出させるような会合である。小泉総理の経済指南役として活躍していたモルガン証券の外国人調査部長が日本側の参加者になっているのも奇怪である。こうした方々は、民営化見直しの国会議論の中で、全員参考人の対象としての資格がある。特に、日銀副総裁に後に就任した西村清彦東大教授など公職に就いた面々もあり、より冷静に市場原理主義の熱狂と虚妄について分析できるように大成されていることを期待するからである。今になってみれば、経済の悪魔のような発言が相次ぐ中で、政治家が沈黙するどころか流されており、後に民営化された日本郵政の役員として就職した外国のコンサル会社の社員が堂々と発言する(ドイツ総裁のツムヴィンケル氏などもマッキンゼーの社員から、総裁に転職したことであるから、もう道義もなにも、瓜田に履を納レズなどとの格言は市場原理主義者には通用しないことであろうが)、日本の政府の統治能力の綻びをうかがい知る一級の資料である。全体の議事要旨の一読を勧める。

http://www.esri.go.jp/jp/workshop/050117/gaiyou.pdf

宮内氏の第一の発言

(宮内)
3 点申し上げたい。まず、日本経済は官による経済が大きく残っており、肥大化しかねない。それが国のパフォーマンスを落としかねない。過去は意義があったであろうが、今の意義を検討しなければならない。規制改革会議では、市場化テストを行おうとしている。郵政事業は、最大のモデルケースだと思う。
2つ目に、官のなかでも郵政事業の規模が大きい。それ自身が問題。民営化にいたるまでにも、規模縮小を図らなければならない。小さくすることで、問題は小さくなる。雇用の確保が政策課題となっているが、雇用も縮小しながら、行えないか。経済がよくなれば新規雇用が生まれてくる。
3 点目に、全体が黒字と申されたが、国経済全体として、本当に黒字なのか。そこのところを、もっとディスクローズするべき。そうすると、かなりの問題となると思う。資金が合理的に流れると、実物経済も合理的になる。パフォーマンスもよくなる。

宮内氏の第二の発言

(宮内)
いいたいのは、国の事業として大きくなり過ぎているということ。

宮内氏の第三の発言

(宮内)
郵貯は個人貯蓄を有利・安全に運用。合成の誤謬ともいえるもの。個人のリスクで投資するのが理想で、民営化はその方向にそったもの。窓口ネットワークで250 兆円などを果たして運用できるのか。高度な専門能力が必要。今の人材ではこの巨額な運用な無理、人材の入れ替えが必要。
実施段階において、規模について真剣に考える必要ある。民間企業として経営できるか真剣に検討すべき

Corrupt Postal Privatization 8

もうほぼ四年近く前にもなるか、小泉首相の時代に、ドイツ郵政の総裁のツムヴィンケル氏が基調講演を行い、そのほかアメリカの関係者が参加する日本の郵政の民営化を推進する国際会議がなんと、総理官邸で開かれた。その時の日本側の参加者のリストがネットに残っている。オリックスの会長であるとの肩書きもちゃんと表示されている。ドイツ総裁は、外国に違法に送金したとして逮捕され失脚したことは関係者の記憶に新しい。日本の郵政民営化のキーパーソンの一人であったことは否定できない。逃げ隠れすることは許されるべきではない。しかも、こうした官邸で国際会議を開催することが異例であったし、民営化反対論はひとつもないという、説明会的な、あるいは民営化推進を内外の関係者が誓い合うような内容の会議である。議事要旨もある。外国の証券会社の関係者が入る込んでいるところなどは怪奇・異様しか言いようがない。外国の国益との調整会議の趣すら感じられたことである。

http://www.esri.go.jp/jp/workshop/050117/050117main.html

英語版の参加者リストなどもある。

http://www.esri.go.jp/en/workshop/050117/050117list-e.pdf

Market Fundamentalism

かんぽの宿の売却が話題になっているが、実はもっと深刻な問題は、国民皆医療保険制度の破壊の動きを、例の規制緩和会議が進めようとしたことだ。

医療雑誌の関係者のブログに、問題点の本質を突いたものがあったので、紹介したい。医療に市場原理導入をもくろむ規制改革会議の宮内義彦氏のマッチポンプという記事である。

ご参考まで。

http://ameblo.jp/t-garasu/entry-10011588055.html

Market Fundamentalism- Ugly brothers of Four

当ブログではなかなか遣わない表現であるが、市場原理主義が猛威を振るったときのときめく権力者の語録としては興味深い。宮内義彦氏については、もう十年ほど前に、テレビで, 地方で食えなければ東京に出てくればいいとの発言があり、暴言だと感じた記憶がある。ただし、いつ何のテレビの時間であったかが定かではないので引用が出来ないのが残念である。下記は、当時のネット上の書き込みに残っていた表現である。奥田氏についても当時の役職である。

[<<<<<格差拡大4兄弟>>>>>

「格差が出ることは悪いとは思わない。成功者をねたんだり、能力のある者の足を引っ張ったりする
 風潮を慎まないと社会は発展しない」
  (小泉純一郎 第89代内閣総理大臣)

「競争が進むとみんなが豊かになっていく」
  (竹中平蔵  第3次小泉改造内閣総務大臣)

「格差があるにしても、差を付けられた方が凍死したり餓死したりはしていない」
  (奥田 碩   日本経団連会長 トヨタ自動車会長)

「パートタイマーと無職のどちらがいいか、ということ」
  (宮内義彦  規制改革・民間開放推進会議議長 オリックス会長) ]

Corrupt Postal Privatization 7

Japanese largest circulation newspaper " the Yomiuri Shimbun" reported on January 10, 2009 in its English language version daily "the Yomiuri  Daily". Headline reads 'Japan Post-Orix Deal 'Suspcicious'/LDP's Hatoyama among critics of Kanpo no Yado Inns.

「Internal Affairs and Communications Minister Kunio Hatoyama has stirred up controversy by voicing opposition to a Japan Post plan to sell all of its Kampo no Yado inns to Orix Corp.

The issue will likely be discussed in the Diet and by various government bodies. It has emerged as a key dispute relating to the privatization of postal businesses.

"It's possible the public will see the deal as a rigged race. I want Japan Post to reconsider it," Hatoyama told reporters Tuesday evening in Tokyo.

Explaining the reason for his opposition to the bulk sale of the inns, Hatoyama said, "We mustn't do anything that might draw suspicion. [And Orix] Chairman Yoshihiko Miyauchi participated extensively in discussions relating to postal privatization."

On Dec. 26, about 10 days before the minister's remark, Japan Post Holdings Co. announced its decision to sell all the inns to Orix Real Estate Corp., an Orix subsidiary.

Hatoyama said he had doubts about the decision after hearing the announcement. He said the reason for and the process of selecting Orix were not clear, nor was the decision by Japan Post to sell the inns in the middle of a recession and to sell them all at once.

Hatoyama ordered his ministry to examine the selection process that led to Orix being chosen as the buyer.

He also consulted aides of Prime Minister Taro Aso--including Shunichi Yamaguchi, the prime minister's adviser in charge of revitalization of provincial regions--and decided to present his view that Japan Post should reconsider the deal.

Miyauchi served as chairman of the government's council for regulatory reform under the administration of then Prime Minister Junichiro Koizumi.

Miyauchi is seen as one of the leading players in the structural reform drive conducted by Koizumi and former Internal Affairs and Communications Minister Heizo Takenaka, now a Keio University professor.

Hatoyama has recently been critical of the structural reform drive and about the postal privatization of which he has said a drastic review is necessary.

Some politicians pointed out that underlying Hatoyama's remark was the involvement in the deal of the Orix chairman.

On Tuesday evening, Hatoyama said, "I'm not a free-market fundamentalist at all," and, "My way of thinking is different from Mr. Miyauchi's"

The government owns all shares in Japan Post. To spin off the operation of Kampo no Yado inns as a new company, approval of the internal affairs and communications minister is necessary under laws related to postal privatization.

"It's highly likely I won't give my approval," Hatoyama said. But politicians close to him said Hatoyama expects Japan Post will rethink its decision without his having to withhold approval.

Some political observers said it would be irrational for the government to intervene in a deal with a private company. But a high-ranking government official supported Hatoyama on Thursday.

"The deal is too suspicious. Why is a private company able to buy up the people's assets at such low prices?" the official said.

The Democratic Party of Japan and other opposition parties also see the deal with Orix as problematic, and plan to summon Miyauchi and Japan Post Holdings Co. President Yoshifumi Nishikawa as unsworn witnesses in front of the House of Representatives Budget Committee to ask questions about the deal.

Yukio Edano, former chairman of the DPJ's Policy Research Council, who is a director of the Budget Committee, told reporters in the Diet building on Thursday: "It's really shameless. In setting up a flow of events that would allow such a deal, the actions of Japan Post have been odd."

At an informal meeting Thursday, executives of the lower house's Committee on Internal Affairs and Communications demanded that thet the ministry submit detailed documentation of the deal with Orix. 」

Conservation 2

石油依存度が高くなったのもそれほど古くなく、日本ではわずかに50年だと、作家の石川英輔氏が述べていることを紹介する。フォードがT型フォードを発売したのが1908年であるからアメリカでは100年の歴史になる。その短い期間に、医学が目覚しく進歩しているはずなのに、現実には環境と生活が激変して、老人病が、年齢に関係なくあらわれるようになってしまった。気の毒なのは、子供たちで、生活習慣病にかかる子供が増えている。牛肉と魚の消費量が逆転したのが1988年で、自家用乗用車の保有が100%になったのが、1987年、小児成人病という言葉が定着したのが1990年だった。

石川氏は、石油の産出量が10分の一になっても日本のお家芸である小さなものづくり技術を生かせば石油の消費量がその程度だった昭和二十年代の生活水準に戻るわけではないという。冷蔵庫は使用電力が10年前の製品に比べて20%程度になっているし、自動車も省エねに向かっている。乗用車の大部分は深夜電力による充電で動くようになると。

週刊東洋経済の昨年12月10日号に掲載された自動車ジャーナリストでレースドライバーの清水和夫氏の発言を、最後に紹介している。

「たった一人の70キログラムの肉体を運ぶのに、1.5~2トンの車でエネルギーを大量に使う。100馬力といえば、電力で言えば75キロワット、馬100匹分。50世帯文のエネルギーにもあたる。たった一人の人間が移動するのが自動車というのはばかげている。大は省を兼ねるというパラダイムを小は大を兼ねるに切り替えたとき、自動車は初めて進化する。」「私たちは多分小は大を兼ねるというライフす足りるを持ちえている国民だと思うので、日本が率先することに期待します」という発言に驚いている。

以上、出版ダイジェストの評論記事を紹介した。傾聴に値する主張である。サブタイトルのように日本的転換で危機を希望に転じることが必要である。日本で、市場原理主義者が行ったような大規模化が解決策ではないようである。

Conservation

出版ダイジェストという出版社三社(晶文社、農文協、ミネルヴァ書房)が連合して毎月三回発行される読書家向けのミニ新聞がある。ほとんどの記事は、書評であるが、一面は、時事評論となっている。さて、元旦号は、「小は大を兼ねる」日本的転換で危機を希望に転じるという、農文協「増刊 現代農業」編集部の署名の入った記事が掲載されている。

要旨は、現在の危機が「100年に一度」の危機であれば、不安におののくだけでなく100年単位で歴史を見直すことが必要である。

100年前に、日本、朝鮮、中国の農村を旅した米国人のF H  キング(土壌物理学者)が、東アジア農業の自給力と永続性に驚嘆したが、思想史家の渡辺京二氏が、キングの著書(戦時下の昭和19年に東亜4千年の農民として邦訳)について、増刊 現代農業の2009年2月号に以下のように述べている。「キングは土壌から作物を育てる養分を流出するにま化せ、代わりに大量の化学肥料を投与して産出を維持するアメリカ農業との対比において、水を活用し、生活の生み出す廃物を土壌に還元することによって、永続的な小作を可能にしてきた東アジアの農業の特性を高く評価した。」「古代メソポタミアの事跡を思い返すまでもなく、人類が農業を営んだ土地はやがて土壌が枯渇して荒廃に帰す場合が多かった。(中略)しかも東アジアの農業は長期に持続しただけでなく、それによって稠密な人口を維持してきた実績があった」「キングは自然に適応し、自然に過大な負荷をかけずに住む範囲で生活を成り立たせる節約の精神に出会ったのだった」

しかし、戦後日本の農政は、東アジアの歴史的な発展の方向を目指すのではなく、むしろキングが危惧した資源浪費的な米国農業に範をとり、構造政策ー多数の小規模経営を淘汰して、大規模経営中心の農業構造に再編する政策をとった。経営規模五ヘクタール以上の大規模層を目指した。1990年に2万6千戸が、2000年に4万3千戸となった。

ところが、京都大学の野田公夫氏は指摘して、5ヘクタール層が増えたといっても、1908年の水準に追いついただけだという、梶井功氏の指摘を、梶井ショックと造語している。また、三橋時雄によれば、日本近世の農業生産力の発展は経営規模の縮小を伴っていたという。江戸時代から明治にかけて農業経済規模の縮小が続き、1908年はその終点であったという。キングが驚嘆した日本農業の持久力と永続性は小さい農業だから達成されたとする。(つづく)

Corrupt Postal Privatization 6

いろいろな情報が出回る、2チャンネルなどへのリンク。ご参考まで。

http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1231373480/

http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1209654405/

http://d.hatena.ne.jp/Takaon/comment?date=20090109#c

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0109&f=business_0109_029.shtml

Corrupt Postal Privatization 5

昨日の日本経済新聞は、市場原理主義を裸のままで主張する暴論であった。

総務相の「待った」に異議あり、と題する社説である。

 「日本郵政が赤字続きの宿泊施設「かんぽの宿」の一括譲渡先にオリックスグループを選んだのに対し、鳩山邦夫総務相が待ったをかけた。オリックスの宮内義彦会長が小泉政権の規制改革・民間開放推進会議の議長を務め、民営化議論を主導していたとして「国民が出来レースと受け取る可能性がある」という。譲渡手続きの認可を拒むことも示唆した。」

 「総務相の姿勢は到底納得できない。両社はともに「公正な競争入札を経た決定」と説明し、譲渡契約も調印済みだ。不正の疑いがあるなら徹底的に調べればよい。だが対象企業の経営者の公職歴や主張を盾に入札結果を拒むのは筋が通らない。」

対象企業の公職歴や主張と関係するから、認可の拒否の問題が出てくるのだ。李下に冠を正さずというではないかと既に総務省は発言している。タクシーの規制緩和で、オリックスのリース自動車の台数が急増するなどの事実もあるから指摘されているのではないのか。

 「かんぽの宿は郵政民営化前の簡易保険事業が余資運用の一環として全国に整備した福祉施設である。採算の合わない投資やずさんな運営が重なり、2007年度は40億円、08年度上期も26億円の赤字を出している。日本郵政株式会社法は民営化から5年となる12年9月末までにかんぽの宿の施設を譲渡・廃止すると決めている。」

採算の合わない投資とか杜撰な運営とあるが、事実に反する。赤字を出しているとするが、これは減価償却の問題があるのではないのか。むしろ、施設の償却は、簡易保険が黒字であれば、早く償却すれば、黒字にすぐ転化できるものではないのか。日本郵政株式会社法が、民営化から5年内に廃止または譲渡すると書いていること自体がいかさまな法律の証拠だ。しかも、かんぽの宿の施設は税金で作られたわけではない。

 「総務相が認可した08年度の事業計画に沿い、日本郵政は昨年4月に譲渡先の募集を始めた。27社が名乗りを上げ、2回の入札を経て、最も高い金額を提示したオリックスに70施設を一括譲渡することを年末に決めた。4月に予定した譲渡後も施設に勤める約3000人の雇用は維持する。赤字事業を極力早く手放すのは経営健全化を急ぐ日本郵政として合理的な判断だ。オリックスにはホテル再生のノウハウもある。」

売り方にも問題がある。株価を吊り上げるのに活用された、株式分割の手も使おうとしているのではないか。参議院で、郵政の株式売却法案が可決されている事実に照らしても、拙速に株式売却を進めるべきではない。土地の、しかも国民資産であった、しかし私物化された不動産を売却するときに、所管大臣の認可が必要ないとしたことがおかしいのだ。民営会社の社長の人事すら、国会の査問を受けていない。竹中元総務大臣のときに、国会承認もなく任用されている。

 「鳩山氏はかんぽの宿を「国民共有の財産」と呼び「売却には一点の曇りもないようにしなければ」と言う。宮内氏が小泉純一郎元首相の改革路線を支えたのは事実で、それを批判するのは自由だ。しかし、随意契約でなく入札という手続きを経た結果を、十分な根拠もなく「お手盛り」のように言うのは明らかに行き過ぎである。こんなことでは公職を引き受ける経営者もいなくなる。」経済財政諮問会議のように、何ら公的な指示のない、一部の財界人や評論化が、どんどん政策を実施すること自体が非民主的なのである。公を私物化することが問題であって、公職を引き受けるからには、李下に冠を正さず、瓜田に履を納れずとの自制心やモラルがあってしかるべきだろう。規制緩和と、派遣労働法との関係をもこの新聞社の社説担当は知らないかのようである。ニュージーランドの郵政民営化を誉めそやして、その失敗は報道しない、また反省もないという新聞社であるが、ここまで無知を装うことは悪に至る。

 「郵政民営化の見直し論や国会での野党による追及をにらんでの発言だろうが、所管大臣が入札結果に堂々と介入するのは常軌を逸している。譲渡をやめてもかんぽの宿の赤字は消えない。重荷は誰が負うのか。」重荷なのか。日本経済新聞が常軌を逸してきたのではないのか。市場原理主義は破綻したのだ。結果が異常だから介入しているのではないのか。かんぽの宿だけの話ではない。伊勢志摩や日光の郵便貯金のカネで作ったリゾート施設がわずかに、4億円で売られた話を、この社説の執筆者は知っているのだろうか。言いがかりをつけるのにはいい加減にすべきである。

鳩山総務大臣の今後の追及に、当ブログは期待するところ大である。

Corrupt Postal Privatization 4

毎日新聞の報道である。「日本郵政の「かんぽの宿」のオリックスへの一括譲渡について、鳩山邦夫総務相は9日の閣議後会見で、入札の経緯などについて週明けから詳しい調査を始める方針を明らかにした。9日の衆院予算委員会では、民主党の枝野幸男議員がオリックスの宮内義彦会長の参考人招致を要求。かんぽの宿問題は国会審議にも波及してきた。」小泉内閣当時にも参考人招致を要求されたが、出席したことがない。村上ファンドの問題のときであったか。

Corrupt Deregulation

http://www.asyura2.com/0406/hasan36/msg/471.html

興味深いリンクである。内橋克人氏と、副島隆彦氏の論評の写しが掲載されている。

Corrupt Postal Privatization 2

<>News from Tokyo

Internal Affairs and Communications Minister Kunio Hatoyama said Tuesday evening at an improptu press conference after attending a dinner party of the members of Diet from Kyushu(one of the Japan's main islands),he will seek a reconsideration by Japan Post Holdings Co of its plan to sell all 70 “Kampo-no-Yado” resort and spa facilities in Japan to a subsidiary real estate company of the major leasing company Orix Corp. Hatoyama told reporters at a Tokyo hotel that the sale “may be seen as a race whose result has already been decided” because Orix Chairman Yoshihiko Miyauchi had been involved in the government’s plan to privatize Japan Post. Mr Miyauchi has been known as a czar of free market and Mr. Deregulation because he chaired for long time the Koizumi governments Deregulation committees.

’’I want Japan Post to give it a second thought,’’ Hatoyama said. ‘‘I’m not sure about hastily selling them (the facilities) in the current financial and economic situation. I also question why they will be sold in a lump (to one entity). It is difficult for people to understand.’’ On Dec 26, Japan Post Holdings Co said it had decided to transfer the 70 resort facilities to Orix by spinning off the Kampo-no-Yado, or Kampo Inn, business to a company it will set up on April 1 and selling the new firm to the leasing firm. The timing of the news release reportedly might have been done intentionally to avoid the attention of the law makers who left the Tokyo metropolitan area to go back to their home district.

On January 8th, two days after the Minister's press disclosure, the Japan Post disclosed at the strong request of the Ministry, the amount of the sale of the resort facilities amounting about ten billion yen , probably far below the market price.

<>

Corrupt Privatization 1

かんぽの宿の一括譲渡の額である。投売りである。簿価をも下回る数字である。通常の企業であれば、売らないだろう。総務大臣の要求があって、大臣発言後二日たって、やっと数字を出すのも異常である。情報公開の水準が恐ろしく低下しているようである。郵便貯金の普及促進施設である伊勢志摩や、日光の施設を、それぞれ、4億円で(伊勢志摩の場合251を投資した)投売りしたが、購入したのは自治体を迂回して近鉄が購入した。細い糸が見え隠れするようである。この際、郵政民営化の中で行われた、(準備会社のときを含めて)すべての不動産売買について点検・検証すべきである。「総務省の田中順一官房長は8日、衆院総務委員会の理事懇談会で、日本郵政が昨年12月に保養・宿泊施設「かんぽの宿」70施設をオリックス不動産(東京)に一括売却することを決めた経緯を説明、譲渡予定額が108億8600万円であることを明らかにした。
 かんぽの宿の売却をめぐっては鳩山邦夫総務相が6日、「オリックスの宮内(義彦)会長は郵政民営化の議論もした規制改革会議の議長をやった。そこに一括譲渡となると、国民が『できレースではないか』と受け取る可能性がある」と述べ、見直しを求める考えを表明。日本郵政は譲渡予定額を公表していなかったが、8日になって監督官庁である同省に文書で説明した]

Fake Privatization 137

民営郵政とオリックス社を巡るスキャンダルの内容が明らかになりつつある。参議院議員の長谷川憲正氏のメールマガジンが配信された。

「昨年末に、かんぽの宿全国70施設がオリックスに一括譲渡との驚くべきニュースが流れ、早速、本日(7日)、国民新党政策審議会で日本郵政幹部から説明を聴取しました。
譲渡の方法は日本郵政株式会社を分割して新しい会社を作り、その株を一括してオリックスに譲渡するというもので、西川日本郵政社長は国会答弁で「今、株の売却は全く考えておりません」とのことでしたが、この手法を使うと、日本郵政株式会社の株を売ったと同じことになります。それに、一括しての譲渡先がオリックスという点については、オリックスの宮内義彦会長は、規制改革会議の座長であり、郵政民営化を推進した当事者でありますし、その当事者が民営化による利益を直接手に入れるというのは余りにも破廉恥!であり、「出来レース」と言われても仕方ありあません。
今日の説明を聞いていても不明瞭なことばかりで、全く納得のいくものではありませんでした。この売却についてのアドバイザリー契約をメルリリンチ日本証券と結んでいたようです。
説明を聞いていた議員からは、「景気の悪い今売却することは最低の価格で売ることとなる」「考え方が異常だ。オリックスに利になるようにしている。地方活性化に役立てるべきだ。」「利害が抵触することを考えなかったのか」「国民に対する背信行為だ」「国会が終わった12月26日を待って発表したのは国会軽視だ。」などの意見が出されました。
国民新党としては、このオリックスへの一括譲渡は問題点が多く不適切であり、認めるべきでないとして、本日午後5時半、亀井久興幹事長、自見庄三郎、亀井郁夫、森田高の各先生と私長谷川憲正が、総務省大臣室に鳩山総務大臣に申し入れを行いました。」

Legend of Tono 2

《柳田國男の遠野物語が350部、50銭で初刷されたのは明治43(1910)年である。まもなく100年になる。同年末には『時代と農政』を出版するが、柳田にとって図らずも、(戦後農地解放があり、小作の金納が実現して再版)農政学との別れを告げる蹉跌の書となった。柳田は、農政官僚として全国の旅を続けるうちに、権力化する明治政府のお達しに従うよりも、「常民」の精神と文化に耳を傾けるほうが、経世済民になるとの思いだったのかもしれない。民俗学の確立に奔走するようになる。
 南方熊楠との往復書簡が頻繁に交わされたのもこの頃で、明治政府の神社合祀政策に反対する行動を繰り広げている。柳田は、土着の学問に執着し、「農政学者・官僚として活躍した時期においても欧米の経済理論の直訳的受容を極力排除した。(中略)経済の自由放任を否認し、生産よりも分配の適正を重視し、そのための国家の役割を強調していた」(岩本由輝『論争する柳田國男』御茶ノ水書房、1985年)。
 遠野物語は,民話集であることは事実であるが、日本版の農村残酷物語でもある。貧困のあまり、兄が母親を殺し、親が子供を殺し、野猿が村の女を盗み、狼が人間を襲う話などは、明治の末のこの国の地方や農村が惨状にあり、国の病となっている現実を想起させるに十分な出版である。柳田は初版本の序に、「要するにこの書は現在の事実なり」と豪語している。
 日露戦争があり、柳田は利根川沿いのお社に英文で「In Memory of the Conquest over the Russians」と銘する碑を旅順陥落の日に建立する。折角の東洋の覚醒を捨て坂を転がり落ちるように神社合祀などの精神世界の西洋かぶれの統制強化を嘲るかのようである。柳田は、農政学の先輩の河上肇などのマルクス主義からは程遠い地平から、民族の伝承の集大成でこの国の安寧を目指した。
《全体の組織総合の学問というのが欠けている。「政治」という漠然たる語で、暗示せられて居る一つの学問が正しくそれに該当する。》とも述べており、民俗学は、文字通りのポリティカル・スタディであった。明治43年は大逆事件の起きた年である。韓国併合もあった。明治から対象に至り、日本は欧州の動乱で、地中海に軍艦を派遣しただけで、国際連盟の理事国となり、ドイツからの南洋群島の委任統治を譲り受ける。後の驕りは推して知るべしだ。
 今年の4月にワシントンで開催された国際通貨金融委員会の文書が公表されているが、日本の政策実施状況についての報告は国内情勢と乖離していないか。若年労働力等の能力向上策、人材派遣業自由化、公正取引委員会の強化、国債発行の削減など新自由主義の政策が端的に報告されている。
 構造改革を財政諮問会議を通じて強化するとも述べるが、もっとも興味深いのは、日本政府が、直接投資を2010年までに、25倍増のGDPの5%に拡大すると約束するとのくだりである。代表演説は抽象的な文言にとどまっているが、国際通貨基金の発表した文書には数字込みで記録されている。奇異である。
 ちなみに、世界競争力センターの研究によれば、日本の外国直接投資は、GDPの0.2%にしか過ぎないと指摘で、この5%の数字は、この国の有り様にも関わることになる。国会で議論された数値目標だろうか。労働力の流動化などについて安易に約束するが、米国は中間選挙後に修正をしたから、日本は先進国の中では最低の最低賃金になるが、そんなことで政策の誤りにならないのだろうか。4月14日の代表演説の、国内経済政策の部分を、引用する。
 「我が国は、経済活性化と財政再建の二つの目標は両立可能であるばかりでなく相互に強化し合うものであるとの考え方…構造改革努力とともに、安易な財政出動に頼らない…国債発行について過去最大の減額幅を見込み…2010年代半ばに向け、債務残高対GDP比率を安定的に引き下げるため、…2011年度までに国・地方合計のプライマリー・バランスを確実に黒字化…税の自然増収を安易な歳出等へ振り向けることなく歳出削減を実施…高齢化による社会保障支出の増大や、基礎年金国庫負担割合の引上げ、少子化対応の支出等により…財政再建の道のりは平坦ではない。徹底した歳出削減に加えて、安定的な財源を確保する必要…このため、本年秋以降、抜本的一体的な税制改革について議論し、2007年度を目途に消費税を含む税体系の抜本的改革を実現させるべく取り組んでいきます」と発言している。
 長々と、柳田國男のことを書いたのは、他でもない、新しい『遠野物語』の出版が必要で、地方や農政が国の病となり、医療が打ち捨てられて、限界集落が拡大し、老人が面倒を見る人もなく、廃屋に閉じ込められている残酷物語が現出しているからである。民営化と称する官僚支配と一部資本家の、外国資本と連携する、まことしやかな会社合祀劇も盛んだからである。
 郵政民営化などは、むしろ金融混乱の原因ともなりかねない。敗戦国が戦勝国クラブの常任理事になるのは無理があるが、通貨基金の理事国といって、国内の悲惨を見過ごしながら、人気取りの大盤振る舞いをするのは、中東の戦争のときの二の舞になり、尊敬もされない。金融機関が金余りの現象にあり、一方で、公共事業を中止して、デフレの縮小経済の死にいたる病の政策を継続し、政府資金の供給こそ必要なときに民営化を推進する。過剰な外国直接投資を招聘するのは、乗っ取りを助長することにしかならない。
 「税の自然増収を安易な歳出等へ振り向けることなく」などとは、冷血の作文のように聞こえる。柳田や南方熊楠が嘆いた、合祀の際の、神木の乱伐のようでもある。
 参議院選挙があって、幸いにして、新自由主義の無思想を修正してこの国の新たな進路を見つけ出すために、政治という総合の学問を再構築する余裕が生まれたようにも思う。(2007年9月に執筆された評論である。)

Legend of Tono, the 100th Anniversary

遠野物語が柳田國男著で出版されてからまもなく百年になる。2010年の六月である。英文訳が、ロナルド・モース氏の手によって翻訳されて、その改訳版が米国で出版されている。1975年に国際文化基金が始めて出版したが、絶版になっていたのが、訳者の手で改訳されて百年記念出版となっている。Legend_of_tono 慶賀すべきことである。日本の民俗学を知る上で、英語版出版の意義は大きい。ベストセラーになることを期待する。

Fake Privatization

時事通信社の報道である。1月7日夕刻の情報である。

「国民新党は7日、日本郵政がオリックスの子会社と交わした保養・宿泊施設「かんぽの宿」の譲渡契約について「オリックスの宮内義彦会長は規制改革・民間開放推進会議の議長として郵政民営化を推進した当事者であり、不明朗の極みだ。不当な利益誘導そのものだ」として、鳩山邦夫総務相が求めた契約見直しに賛同する声明を発表した。」

Fake Privatization 135

「小泉改革を利権にした男」講談社の書評があったので当ブログに掲載する。ご参考まで。

「今日は、新しい本が出版されたので、紹介いたします。
 地方の書店は、だんだんと立ち行かなくなり、県庁所在地の本屋でも、政治や経済の単行本はなかなか手にとって見ることができかねる状況になっています。書評をみて、取り寄せ注文で購入する事例が増えているようです。書籍の再販制度がいかに重要かがわかります。

 戦後の政治家の中で、漢籍の素養のあった吉田茂氏を除き、学殖豊かであった総理は大平正芳氏である。大平総理が、立ち寄った本屋が、東京・港区虎ノ門の虎ノ門書房である。1階は雑誌をはじめベストセラー本や文庫本が所狭しと並んでいるが、2階売り場は、いわゆるお堅い本が並んでいる。世の中の動きに敏感な読者が訪れるところであるから、経済や政治の本で、その2階の動きを見れば、どんな本が売れているのかよくわかるし、あるいは、ベストセラーにならないが1冊数千円もするような学術とジャーナリズムの間をいくような本なども結構書棚に納まっている。この国の知的な水準を示すような本屋さんである。
 いま、この書店に、2列の平積みで売られている本がある。有森隆+グループK著の『「小泉規制改革」を利権にした男 宮内義彦』という長ったらしい題名の講談社刊(1680円)の単行本である。ベストセラーになる気配であるが、先日訪れた県庁所在地の本屋さんにはまだ見当たらなかったので、地方でのこれからの売れ行きに期待したい。
 本の帯には、[「規制緩和の旗手」と「改革利権の最大の受益者」の一人二役を演じた経済人の「光と影」]とあり、裏表紙側には、[宮内は、何を狙って規制緩和を推進したのか、ビジネスチャンスの拡大が、彼の目的であろう。規制を少し動かすだけで、ヒトの流れ、モノの流れ、カネの流れが変わるからだ。規制を撤廃すれば、既得権者に向かっていた流れを断ち、新しい商機を生み出すことができるのである。規制緩和は、既得権者が独占していた利権を奪うことを可能にした。新語辞典風に言えば「改革利権」である]と書いてある。
 著者は、中小企業者との雑談の中で宮内義彦に関心を寄せ始めたと書き出すが、宮内の地方切り捨て発言である。「過疎地の自然死を待つといわんばかりの宮内の発言を読んで、この人はニヒリストではないか」と思った。宮内はホリエモンや村上ファンドのような時代のあだ花ではないとも言う。時代の澱を浮かび上がらせる作業が執筆の動機だと述べる。要すれば、小泉構造改革の功罪を検証するために、宮内義彦という経営者の軌跡をチェックすることに大きな意味があるとする。
 序章は、政商とは何かという議論をしたうえで、その変遷について書く。第1章は「規制緩和を糧として」という題で、高知県で失敗した株式会社病院の実例をあげて、「混合医療」の問題に迫る。医療関係者には必読である。会社方式の学校に反対するなど、いわゆる宮内委員会での反対意見を黙殺する強硬さを分析する。第2章では、村上ファンドとの関係を詳述する。第3章は、あおぞら銀行上場で大儲け、エンロンと組んで電力ビジネスヘ参戦などの小見出しをつけたうえで、日米の2つの会計基準を使い分ける粉飾の方法について解説する。第4章は、「生身の宮内義雄」と題する人物評価である。第5章は、プロ野球のオリックスのオーナーとしての言行不一致を解き明かす。話題になったプロ野球界の騒動だけに、簡明に理解できる。第6章は、「本当は何を変えようとしたのか」との題で、市場化テストのことや、議事録が作成されなかった会議の模様、日本取締役協会設立の内幕について触れる。第7章では、城島正光衆議院議員(当時)の国会質問をめぐって発生したいわゆるザ・アール事件について述べたうえで、宮内の人脈について解説する。ちなみに、郵政民営化の関連では、奥谷禮子ザ・アール社長の日本郵政株式会社の社外取締役就任については、「日本郵政公社総裁・生田正治との関係が指摘されている。(中略)日本取締役協会を立ち上げた同志である。宮内人脈の後押しを受け、奥谷の日本郵政の社外取締役就任が決まったと言っても過言ではない。(中略)社外取締役の会社に〔接客サービスの研修などを〕委託しているのは、透明性にかけるとする声は強い」と記述しており、そのほか、ゆうちょ銀行社長人事をめぐる駆け引きについても言及している。
 いずれにしても、勇気のいる出版である。去年の8月、月刊現代の記事で、名誉を傷つけられたとして、発行元の講談社と記事の筆者に対して、計2億2000万円の損害賠償を求める訴訟が、宮内義彦側から起こされている。月刊現代編集部は、「長期にわたる綿密な取材に基づいた記事であり、非常識な賠償請求額にもあきれ果てる」とコメントしていたが、今回の単行本を含め、出版社の、大日本雄弁会講談社の旧名に恥じない今後の追及を期待したい。
 郵政民営化問題を含め、失われた20年の中で、構造改革なるものの影の部分を読み取るための貴重な出版である。とくに地方の読者に勧めたい。地方切り捨てに悲しみ茫然自失する必要もなく、こうしたすぐれたノンフィクションの読書に親しみ、原因がわかれば、問題の解決はたやすい。春の統一地方選挙、夏の国政選挙では、市場原理主義の残照を消すためにも一読を勧めたい。虎ノ門の本屋さんの学殖を地方でも広げていただきたい。」(政治評論家のコーナーに掲載されている書評であり、昨年2008年1月はじめに執筆されたようである。)

Fake Privatization 134

Fake Privatization 133

伊勢志摩と日光にある、リゾート法の下で建設された、郵便貯金の普及宣伝施設が、数百億円を越える投資額で建設された高品質のリゾート、国民が長期滞在出来るリゾート施設が、なぜ、わずかに、それぞれ4億円で民間の特定の会社に(地方自治体を迂回するという込み入った手法をとりながら)売却されたのか、疑問が残る。鳩山総務大臣のかんぽの宿の売却問題の調査とあわせて、究明されてしかるべき話である。

Fake Privatization 132

時事通信による続報である。「日本郵政のオリックスに対する「かんぽの宿」70施設の譲渡契約に鳩山邦夫総務相が「待った」を掛けたのは、同相が郵政民営化の進め方にかねて疑問を感じていたからだ。3月には郵政民営化法に基づき民営化のあり方を見直す予定で、その前に日本郵政が一括譲渡を決めたのは拙速と判断したもようだ。
 ただ、譲渡交渉は同相就任前の昨年4月にスタート。財務アドバイザーを介することで客観性を維持し、競争入札により12月にオリックスへの譲渡が決まった経緯がある。このため、総務省はどのような見直しが妥当か、さまざまな角度から検討する方針。
 突然の横やりに関し、オリックスは「赤字に陥った事業の全施設と従業員を引き受けてほしいという入札条件の下に選ばれたと認識している」(社長室広報)と困惑を隠せない。譲渡する側の日本郵政も同相の意向を測りかねている。」 中央郵便局などの再開発、社宅を転用したマンション建設、他の遊休土地資産の売却敬意についての調査も行われてしかるべきである。

Fake Privatization 131

鳩山総務大臣の勇気ある発言についての報道があった。いかさま郵政民営化で、民営化とは郵政の土地や資産を、一部の民間企業や関係者で山分けすることだとかが、まことしやかな噂となったこともあった。実際に中央郵便局や、社宅、その他の資料が、アングラにも流通している事実がある。郵政民営化の闇の部分がだんだん明らかにされることを期待したい。その意味でも、鳩山総務大臣の指摘は重い。郵政の土地・建物資産の価額は、簿価でも2兆7千億、時価だったら、天文学の世界。国鉄の民営化でもこれだけの土地資産は動かなかった。国民資産の収奪である可能性が高い。文化や伝統を守る気配はない。東京駅の前の伝統建築を破壊して、摩天楼のような外国の金融機関のオフィス街や、あるいは外国移民の手助けをする案内所でもつくろうという気なのか。郵政公社の元理事で民営化を推進した、観光庁の幹部の関与の噂も囁かれている。大阪では、外国の会社が運営するサーカスのための劇場を作るという。ばかげた話である。歌舞伎座がようやく改築されるご時勢に、外国文化の宣伝のための劇場をつくることが民営化だったのか。鳩山総務大臣は、当然不認可とすべきである。背後関係が究明されることになろう。もちろん、郵政会社法で、民営化後5年以内に廃止か売却するなどと書いていること事態がいかさまな法律である。法律制定過程自体が憲法違反であったと指摘されるところである。

「日本郵政が宿泊施設「かんぽの宿」をオリックス不動産(東京)に一括譲渡することについて、鳩山総務相は6日夜、「なぜ景気が悪いなかで売らなければいけないのか。国民が納得しなければ、不認可も十分あり得る」と難色を示した。東京都内で記者団に語った。

 鳩山総務相は難色を示す理由として、景気後退で売却条件が悪化していることや、一括譲渡にしたことで施設がある地域ごとの事情が考慮されていないことを挙げた。

 日本郵政はオリックス不動産と昨年12月、かんぽの宿など70施設と社宅を数百億円で譲渡する契約を締結。ただ、かんぽの宿の事業を分離する新会社を設立するには総務相の認可が必要で、1月末にも申請する方針。日本郵政は「コメントできない」としている。オリックス不動産の親会社オリックスは、「一括譲渡は入札の条件であり、2度の競争入札を経て選ばれた」(広報担当)として、譲渡契約に問題はないとの認識を示した。

 「かんぽの宿」は日本郵政株式会社法により、民営化から5年以内の譲渡か廃止が定められている。 」

Bill Richardson

アメリカ大統領選に出馬したビル・リチャードソン ニューメキシコ州知事は、オバマ大統領予定者から、商務長官就任を指名されていたが、ニューメキシコ州政府と取引関係にある企業が捜査を受けているとして、それが長引くことが予想されるとして、商務長官就任を辞退する声明を発表した。同氏からの電子メールの内容である。ご参考まで。

Governor Bill Richardson
________________________



Dear (名前を省略),

For nearly three decades, I have been honored to serve my state and our nation in
Congress, at the U.N., as Secretary of Energy and as governor. So when the President-elect asked me to serve as Secretary of Commerce, I felt a duty to answer the call.

I felt that duty particularly because America is facing such extraordinary economic
challenges. The Department of Commerce must play an important role in solving them by helping to grow the new jobs and businesses America so badly needs.

It is also because of that sense of urgency about the work of the Commerce Department that I have asked the President-elect not to move forward with my nomination at this time.

I do so with great sorrow. But a pending investigation of a company that has done business with New Mexico state government promises to extend for several weeks or, perhaps, even months.

Let me say unequivocally that I and my Administration have acted properly in all matters and that this investigation will bear out that fact. But I have concluded that the ongoing investigation also would have forced an untenable delay in the confirmation process.

Given the gravity of the economic situation the nation is facing, I could not in good
conscience ask the President-elect and his Administration to delay for one day the
important work that needs to be done.

So, for now, I will remain in the job I love, Governor of New Mexico, and will continue to
work every day, with Lieutenant Governor Diane Denish, to make a positive difference in
the lives of New Mexicans. I believe she will be a terrific governor in the future.

I appreciate the confidence President-elect Obama has shown in me, and value our
friendship and working partnership. I told him that I am eager to serve in the future in
any way he deems useful. And like all Americans, I pray for his success and the success of our beloved country.

I've included President-elect Obama's statement in response to my own:

    Statement of the President-elect:

    It's with deep regret that I accept Governor Bill Richardson's decision to withdraw
his name for nomination as the next Secretary of Commerce.

    He is an outstanding public servant and would have brought to the job of Commerce
Secretary and our economic team great insights accumulated through an extraordinary career in federal and state office.

    It is a measure of his willingness to put the nation first that he has removed himself
as a candidate for the Cabinet in order to avoid any delay in filling this important
economic post at this critical time.

    Although we must move quickly to fill the void left by Governor Richardson's decision,
I look forward to his future service to our country and in my administration.

Thank you for your past and continued support.

I look forward to putting this matter to rest and in the meantime I am preparing for the
upcoming New Mexico legislative session.



All my best wishes,

Bill Richardson
Governor of New Mexico

Market Failure 2

極端な保護主義の広がりを抑えることも必要であるが、極端な市場開放もまた問題があることが世界的に露呈している。貿易立国日本も重要であるが、輸出産業の育成保護は大切であるが、それ以上に、国内の農業や漁業や、自給率の改善等、日本の国土の中での職の安全などについても施策を講ずることが必要である。

経済危機が深まる中で政府の役割についての再定義が行われつつあり、規制や権限の問題について議論が活発になっているのは好ましい事態である。厚生労働省がインターネットによる医薬品の販売を規制する方針を採ったというが、歓迎すべき事態である。離島や中山間地に住む人などにとってはインターネットによる購買は便利であり、規制する名との意見はあるが、そこに配慮することは当然として、医薬品の販売を野放図に行うことは当然規制の対象とすべきである。事実、ネットの世界では、バイアグラなど、その他の純麻薬のまがい物までが、国境を越えて販売されている実態にアリ、世界に先駆けて市場化しつつあるネットの規制を検討することは重要である。国土交通省が復活しようとするタクシーの参入規制も重要である。新自由主義の経済の下では、低賃金の雇用の場所としてタクシー業界が徴用されたことは事実ではあるが、そうした構造的な低賃金業界を作り出すことは社会に歪みをもたらすばかりであり、規制緩和の失敗例であるから是正すべきである。低価格で散髪をする理髪店などが横行しているが、そうした店に洗髪設備を地方自治体などが義務付けるなども良好な政策である。コンビニの浪費的な流通システムなどにも行政のメスが入ってよい。24時間営業で、経営的にも本質的に過剰なエネルギー消費型の店舗ネットワークが、低成長化の日本にふさわしい携帯であるのか見直されてしかるべきである。価格支配があり、訴訟も相次いでいる業界である。

小泉政権の下での、郵政民営化などは真っ先に見直されるべき課題である。医療、教育、運輸など多くの分野で、民間の力が一部の寡占状況が生まれる問い改悪の政策が実行された。外国の保険業界と結託した、混合医療の制度などが、幸いにして一部ながら導入されたが、本質は、高額で高度な医療も出来るだけ保険制度でカバーしていくことが実は、医療保険制度を守る方策ではないだろうか。国民皆保険制度を日本は、60年代に至って達成したが、この点は、欧米をしのぐ優れた制度であり、また、先人の苦労が会って達成した制度であり、何とか守ることが必要であるが、昨今の風潮はこれを破壊しようという勢力が跋扈したことであった。賢い、社会的弱者を守る政府が必要である。企業の活力を後押しするおせっかいや、国を借金漬けにしてでも国民を守る気概の政府が求められている。国が赤字であればあるほど、景気をよくして、将来の税収を確保する策を求めることが正論であって、痛みを我慢しろという政策が虚妄であったことは明らかになった。大きな「民」の一部を優遇して、小さな「民」をないがしろにする、市場原理主義や新自由主義の政治経済政策が世界的にも破綻した事実を冷厳に捉えなおすことが、日本の再興を目指し、また世界を安定に向けて貢献する新たな道である。道が開けたようにも思う。

Market Failure

米国から世界に広がった金融危機は、経済活動に対する政府の関与の仕方を根本から変更することを求めている。日米の金融危機の一因には監督や規制の甘さがある。金融優先で、日銀の現役の総裁が投機資金に手を出すという不祥事も見られた、しかもなお現在そうした面々が政府の諮問開銀などに参加しており、政府の役割が本来の役割に立ち戻ることが期待されている。資本主義の活力を生かすには国の介入が少ないほうがいいと信じられていたが、実は野放しにしただけであった。日本は規制が多すぎるとの意見であったが、それも虚妄であった。

サッチャー・レーガンの時代の米英の経済政策が、規制緩和を、民営化をと喧伝されたが実は、金融危機を招く原因を作っただけであった。金融当局は、市場を信頼できる市場にしようと努力したが、実際には予算が削減され、人員が削減され、また、幹部の中には市場に、信頼できない市場にオモネル主張をして、市場原理主義に取り込まれていった。所得も蓄えもない人にまで住宅ローンを貸した。証券化して売った。証券化の金融工学がもてはやされて、詐欺まがいのことをする会社に、一流大学の卒業生が争って就職した。それを称揚したのはマスコミで、金融危機の再来を防止するためには、特に日本のマスコミの国民による監視の強化が必要となってきた。日本の場合、新聞が寡占の状況にあり、特に地方新聞は、共同通信社の配信記事を下地にして記事を作成している場合が多く、経済記事は特に市場原理主義の影響を強く受けてきた。例えば郵政民営化などは、地方紙には中央の情報が掲載されるばかりで, 地方の意見はほとんど中央に伝えられることはなかった。

三十年代のケインズ政策が完全に復活した。ショックドクトリンの破滅的なミルトンフリードマンの政策が捨てられた。ケインズ政策は、財政を悪化させる傾向があることは事実であるが、国民の安全と福祉が大切であれば、雇用や景気を優先させることは当然であり、冷血の市場原理主義に変わって、大胆な財政活用に踏み切ることは政治の要諦である。

空港や港湾の整備といった公共事業、環境対策車や太陽電池などの新しい開発、教育や社会福祉政策の充実は、新自由主義の政策ではまったくないがしろにされてきたことであるが、要約にして、取り上げられることになる。象徴的であるが、ブッシュ政権は一貫して環境問題に不熱心であった。隣国の中国なども、京都議定書には参加せず、開発途上国との言い訳で、公害の垂れ流しに近い現状にある。東シナ海が、ごみの海と化している。

雇用では、派遣労働が蔓延したが、これも新自由主義の政策の結果だ。派遣労働法の廃止または改定が強く求められる。社会の雇用体系の中に、意図的に格差を作り出す物で、日本の企業文化とはほど通り代物であったが、人間の労働をコスト要素だけと判断する企業からは受け入れられたが、日本の伝統や文化、ものづくりを却って破壊するシステムとなった。当面の失業救済策ばかりではなく、根本的な労働供給のシステムが、誤ったことを修正すべきである。日本には、奴隷制の労働の文化は一切残存していない。外国では未だに日給や、週給の国があるが、そうした制度を取り入れるべきではなく、西欧の優れたところに絞って見習うことが必要であるが、最近は、外国の搾取的な制度の側面に着目した制度改正が行われてきたことは嘆かわしいことであった。

米国では、自動車会社の救済が行われているが、それは誰を救済しているのかとの疑問が付きまとう。市場原理主義を救済するのであれば的外れであるから、要注意である。WTOなどもそろそろ見直したほうがいい。バランスの中で自由な貿易が行われることは重要であるが、野放図な、支配と従属の交易のシステムは新たな植民地主義の到来をスラ思わせるものであった。農産物の市場開放も、一つの超大国の保護された農業の産物を世界に広める仕掛けと思われても仕方がないものであった。(つづく)

Creativity

日本の独創性についてノーベル化学賞受賞者の島津製作所フェロー田中耕一氏http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E8%80%95%E4%B8%80が、日本のものづくりの長所などについて議論している。日本経済新聞元旦号の特集記事である。

日本のものづくりはチームワークであり、仲良し倶楽部にとどまる場合もあるが、誤解があった。「チームワークは独創力と競争力を低下させる元凶。これからの日本は世界最先端の研究開発を行わなければならない。だから、独創的、カリスマ的エリートを育てて採用し、その人が部下を指導すれば、日本は良くなる」という誤解だという。ものづくりにチームワークは必須で、一人では全部は出来ない、若い日と場学んで育つ道場にもなる。

企業の研究者は、専門分野を深堀りすることは不得意だが、何かと何かをあわせて論を生み出す融合についてはチャンスがある。異分野の融合が行われるのが現場。日本の中で確立している。ところが、日本は独創的なことを、最先端のことを行えるはずのシステムを壊そうとしていたのではないか。総合工学である。自分がノーベル賞を受賞したときに、何で私が?と思っていた、企業に基礎研究者がいないと自分もそのかんがえ方に染まっていた。

欧米にもいい点はある。失敗したときに、次はがんばろうと、こそばゆくなるくらいに褒める。

ものづくりは失敗が許されないので、避けることばかりに注意が注がれていたが、最先端の製品開発はほとんどが失敗。失敗を乗り越えるためには欧米型の褒めて育てる文化も取り入れたほうがいい。

以上、要旨であるが、外国崇拝の新自由主義が自滅しようとしている現在、改めて新鮮な評論となっている。最後の褒めて育てる文化を推奨しているが、実は日本でもある。一度失敗して50点、二回失敗すれば100点との加点主義の現場も日本にはある。減点主義になっているのは、最近の経営者の、特に金融会社の経営者の外国物まねの産物なのではないのか。

Lese Majeste 2

Thailand 12月5日は、タイの国王陛下の81歳の誕生日である。若くして国王に即位され、62年を閲する英明の君主である。バンコク国際空港は、奇しくもこの日を期して、11月25日にデモ隊が占拠して機能を停止してから10日ぶりに再開された。いかにもタイらしく、デモ隊の空港占拠で足止めされた観光客に対して、政府は1日2000バーツ(約5400円)を支給するという。デモ隊の動員費が1日300バーツであるから、足止めをくった35万人の外国人観光客に対する異例の厚遇である。炊き出しをしてデモ隊が観光客にふるまってもいる。憲法裁判所が政府与党の解散を命じて、同時に首相の5年間の公民権停止を命じたことで、タクシン元首相を追放したクーデタの後にタクシン派が政権を維持するとして就任していたサマク政権に続いて、ソムチャイ政権も崩壊した。デモ隊は、バンコクの知識階層を中心とする市民民主化同盟が中心であるが、その怒りは、汚職の罪で二年間の懲役判決を受けて国外に逃亡しているタクシン元首相に向けられている。タクシン元首相は、北部のチェンマイを地元とする華僑の財閥で、大成功した携帯電話会社の株を外国勢力に売却したばかりか、脱税をしたとして、軍のクーデタで政権を失った。イギリスのマンチェスターのサッカーチームを所有するほどの大富豪であるから、ロンドンに亡命を求めていたが、英国政府はビザの発給をしないと声明しており、現在は中国に滞在している。仏教国であるタイでは、喜捨することをタンブン、托鉢をタクバーツというから、不文律は、利益を独り占めしないということである。外国帰りの、市場原理主義の洗礼を受けたかのような、華人経営者、政治家のエリートには、古臭いものに見えたのかもしれないが、政敵を追い出し、外国に資産を売り払い、しかも税金を払わないという、タイの文化と伝統に反する行動が怨嗟の的となった。日本で、カネを儲けて何が悪いと居直った役人上がりの若手のファンド投資家の言動にも通じる話である。それでは、脱税などの汚職があったにしても、タクシン政権が農村部で人気が依然として残っているのは皮肉な現象で、その理由が問われてしかるべきであるが、これも、小泉政権登場の時に見られたように、地方やフリーターなど、新自由主義で被害を受ける側が、劇場型政治のプロパガンダで、支持をした現象と同一であるとすればわかりやすい。郵政民営化の時には、政府広報までが、「知能指数の低い」主婦層を標的にしたことと同様であり、最近では、2兆円のばら撒きが経済効果が殆どないことがわかっていても、撤回されることもなく、利益誘導が行われるのと同様である。

 タイの空港占拠のデモ隊が黄色の服を身に着けていたが、これは王室の色である。国王陛下は、反政府デモや、空港占拠について特段の評論を行っていないが、タイの内外では、タクシンが、国体の基本である国王の権威を貶めたのではないか、共和制を意図したのではないかとの話がある。レーゼ・セマジェステは、重罪である。国王妃殿下は、警察と衝突してデモ隊から死者がでた際の葬儀を司式され、それ以来警察のデモ隊取り締まりも消極的になったと言われる。ネパールでも王政の廃止があり、毛沢東派の政権奪取があり、チベットの弾圧のように、ダライラマの亡命政権との交渉決裂があり、北京政府が共産主義ならぬ米中経済同盟とも言うべき市場原理主義化を強める中で、考えさせる話である。ちなみに、中国の国内の雲南省あたりには数百万人のタイ族人口があり、タイ政府は、電波が長距離で伝播しやすい夜間に 大電力のラジオ放送を続けてきている。南東アジアでは、最も同化に成功した華僑社会とされるバンコックであるが、近年の新自由主義はそうした問題にも火をつけて紛争を拡大しようとしている。幸いにして、タイの軍は完全な国軍として機能している。タクシン追放のクーデタの時の司令官は、タイのイスラム教徒の名望家の出身の軍人であったことを記憶にとどめたい。日本でも小泉・竹中政治がはなやかなりし時に、有楽町の外国特派員協会の記者会見で、亀井静香代議士の選挙区に刺客として立候補した今を時めく若手経営者が、外国の大統領制を引用して共和制を称揚した事件があり、それを大マスコミは全く報道しなかったことも記憶に新しい。

 国王陛下は、2日の国軍パレードには出席されたが、4日の誕生日前夜の仏教儀式には、休養を理由に欠席されている。この儀式で国王陛下は国民に訓話を行うのを恒例にしていたが取りやめになり、新首相を選出する特別国会の開会も延期されている。そうした中で、同日、各国大使がタイ外務省を訪れ、国際的な信頼を回復するため空港の警備強化と再発防止を求めながら、空港占拠は極めて不適切な手段だったと遺憾の意を表明する声明を発表している。この外交使節の中に日本も含まれているようであるが、デモ隊の抗議の権利の尊重と内政不干渉の原則を前提とすべきは当然としても、西欧列強の、特に世界的に見えないあやつり糸で繋がったネオコンや新自由主義の追従に加担してならない。

 ソンマイさんという日本留学経験者で慶応大学出身の方が、80年代の初めにタイ政府の大蔵大臣に就任したことがある。タイ経済はいつでも成長できる潜在能力があるが、余り成長すると、国内に歪が生じて格差が拡大して、かえって政治的な不安定を招く恐れがあると指摘していた。タイの東北部はイサーンと呼ばれる貧困地帯であって、まだタイ共産党の動きがみられ、貧困撲滅計画を立てて、政府をあげて力を入れていたころの話だ。その後、教訓を忘れて、通貨危機があり、国際通貨基金の介入があり、バンコックの市内には高層ビルが林立したが、逆に政治は不安定化したのではないだろうか。市内には高速鉄道が開通し、高速道路が張り巡らされ、地下鉄が開通したが、その分、屋台や露天の数も増えたようだ。国民に対する所得の分配は、仏教国としての文化と伝統にささえられているから、過激な貧困とはならなくとも、豊な自然環境の下での農業生産のおかげで、飢餓がないという僥倖に支えられていただけのことかもしれない。タイに進駐した日本軍の元軍属から聞いた話しであるが、タイでは米の飯を食べ残して捨てることに驚いたという。日本では食料不足で、芋が主食となっていた時代のことである。

タクシン元首相が建設を進めた空港を占拠するという象徴的な手法があり、その混乱が収束に向かう中で、王室の権威と権力との分離という叡智の下に、もともと備わっている天才的な綱渡りのような平衡感覚が加わって、新政権が用意周到に登場することになろう。

 さて、9月15日のリーマンブラザーズの破綻から、世界の潮目が変わった。上げ潮は実は引き潮で、市場原理主義は、自ら暗礁に乗り上げた。しかし、新自由主義の世界が終焉を見たことがはっきりしても、問題解決の世界的な枠組み作りは遅々としており、またネオコンの残存勢力もまだまだ暗躍して、混乱が引き続いて発生する。インドのムンバイでの大規模なテロは、こうした間隙を突いて発生している。ニューヨークタイムス氏の記者、トマス・フリードマン氏は、平たくなった世界、というベストセラーの中でムンバイの経済的な成功を誉めそやしているが、むしろテロの標的となった。カナダのラルストン・ソウル氏の、グローバリズムの崩壊という本も同じ頃にベストセラーとなり、世界の空港の本屋の店頭に積まれたが、残念ながら、日本では、フリードマンの主張が翻訳されるばかりの偏向すら生じた。市場原理主義は、政治宣伝・広告とも密着して異論を排除した。

インドのテロ対応能力の脆弱性が指摘されている。インド経済が大きく伸張した中でインドの実は治安能力は劣化していたのではないかとの分析である。インド情報機関の中で、テロ対策の担当官は数百人という小規模で、警察といえば、汚職がはびこる原因になる低い給料(初任給は、約6000円相当)で、防弾チョッキなどの装備不足に加えて、訓練不足であるという。テロリストの武器が、AK-47のライフル銃であったから、マスケット銃では使い物になる筈もない。沿岸の警備能力も手薄で、7000キロの海岸があるが、実動できる船は百隻に満たないという。インドの特殊部隊の定員は7400人であるが、ムンバイ到着は首都デリーの近郊から発信したため到着が遅れ、ホテル内部の図面も入手できていなかったとの失態で、国民をテロから守るための政策の立ち遅れを批判する反政府デモが相次いでいる。国内の失敗を外国にそらすという意味での、インドとパキスタンとの対立の激化も懸念される。ニューオリンズを襲ったハリケーン・カトリーナの大災害の時にも露呈したことであるが、市場原理主義の下では、経済的な繁栄の中であっても、災害対応能力が不足しがちである。インド洋の大地震の時にも、復興対策よりも、リゾート開発が優先されるという由々しき事態も発生した。災害発生の危機をカネ儲けの機会と捉えてしまう危険な発想であるが、新自由主義が退潮に向かった今、日本の国内では、もう一度、こうした危機管理能力の向上を具体的に図ることが重要である。役人叩きではなく、私益の最大化ばかりではなく、どうしたら公の能力、国家の統治能力を向上させることが出来るのか、政治家改革を含めた、日本の国体にふさわしい公務員改革が論じられてしかるべきである。

日本の政治も、与党が精密な世論調査をして、選挙に大敗を喫する蓋然性が高いから解散をしないというのは、おかしな理由である。政党による政治の私物化である。総理大臣にそもそも解散権があるのかないのかと言う憲法上の問題があるが、それにしても、解散権が明文上内閣にあることは、はっきりしているわけであるから、閣僚の中から、全く異議の出ないのも不思議な話である。野党から、内閣不信任案が出ないのも不思議な話である。野党の中で、政策の詰めが今から期待される。政権交代があってからでは遅いのである。連立を予定する野党の中で意見がまとまらないというのであれば、政界再編は必須となる。郵政民営化法案が参議院で否決されて、当時の首相が衆議院を解散するために、当時の農水大臣を罷免して強行した前例もあるのだから、議会制民主主義の本義に忠実であろうとする閣僚は、誰もいないのか。構造改悪を微妙に克服しようとする動きも見えるが、変化のスピードが遅く悠長に過ぎる。年末を越して一層情勢は悪化する。むしろ、残存するネオコン勢力に利する時間を与えてしまう。国籍法の改悪などは、間隙につけ入る日本を破壊しようとする新自由主義の陰謀がまかり通っている好例である。政治経済が縮小して混乱するのは、拝金主義の望むところである。市場原理主義に対抗するには、郵便局を郵便、貯金、保険の三事業いったいの郵政公社に戻し、その他の民営化を見直し、タクシー、医療、その他の規制緩和を停止して、金融の規制を強化して、公共政策予算の大幅な増加に踏み切り、官から民へ、中央から地方へ、大かな政府から小さな政府へという、根拠のない呪文を早期にやめることが急がれる。100年の経済破綻を経験しつつある外国の新大統領は、市場原理主義を捨てて、大規模な公共事業に着手しようとしている。国民が結束して、希望を取り戻すために、解散を含め、政策転換の早期の断行が待たれる。もし、自滅した新自由主義の破壊を日本で継続するというのであれば、断固抵抗して、用意周到に安定した、救国政権を登場させなければならない。タイの情勢と同様の国難である。

Professor Andrew Bacevich 2

Professor Anrew Bacevich

アンドルー ベースヴィッチ、ボストン大学教授の経歴が、ウィキにある。

http://en.wikipedia.org/wiki/Andrew_Bacevich

The war in Afghanistan is now in its eighth year. An operation launched with expectations of a quick, decisive victory has failed signally to accomplish that objective. Granted, the diversion of resources to Iraq forced commanders in Afghanistan to make do with less. Yet that doesn't explain the lack of progress. The real problem is that Washington has misunderstood the nature of the challengeAfghanistan poses and misread America's interests there.

One of history's enduring lessons is that Afghans don't appreciate it when outsiders tell them how to govern their affairs—just ask the British or the Soviets. U.S. success in overthrowing the Taliban seemed to suggest this lesson no longer applied, at least to us.

But we're now discovering that the challenges of pacifying Afghanistan dwarf those posed by Iraq. Afghanistan is a much bigger country—nearly the size of Texas—and has a larger population that's just as fractious. Moreover, unlike Iraq, Afghanistan possesses almost none of the prerequisites of modernity; its literacy rate, for example, is 28 percent, barely a third of Iraq's. In terms of effectiveness and legitimacy, the government in Kabul lags well behind Baghdad—not exactly a lofty standard. Apart from opium (last year's crop totaled about 8,000 metric tons), Afghans produce almost nothing the world wants.

Meanwhile, the chief effect of military operations in Afghanistan so far has been to push radical Islamists across the Pakistani border. As a result, efforts to stabilize Afghanistan are contributing to the destabilization of Pakistan, with potentially devastating implications. No country poses a greater potential threat to U.S. national security—today and for the foreseeable future—than Pakistan. To risk the stability of that nuclear-armed state in the vain hope of salvaging Afghanistan would be a terrible mistake.

All this means that we need to change course. The war in Afghanistan (like the Iraq War) won't be won militarily. It can be settled—if imperfectly—only through politics. And America's real political objective in Afghanistan is actually quite modest: to ensure that terrorist groups like Al Qaeda can't use the country as a safe haven for launching attacks against the West. Accomplishing that won't require creating a modern, cohesive nation-state.

U.S. officials tend to assume that power in Afghanistan ought to be exercised from Kabul. Yet the real influence in Afghanistan has traditionally rested with tribal leaders and warlords. Offered the right incentives, warlords can accomplish U.S. objectives more effectively and cheaply than Western combat battalions. The basis of U.S. strategy in Afghanistan should therefore become decentralization and outsourcing, offering cash and other emoluments to local leaders who will collaborate with us in keeping terrorists out of their territory.

This doesn't mean Washington should blindly trust that Afghan warlords will become America's loyal partners. U.S. intelligence agencies should continue to watch Afghanistan closely, and the Pentagon should crush any jihadist activities that local powers fail to stop themselves. But U.S. power—especially military power—is quite limited these days, and U.S. priorities lie elsewhere. Rather than sending more troops to the region, the new American president should start withdrawing them and devise a more realistic—and more affordable—strategy for Afghanistan.

Bacevich is a professor of history and international relations at Boston University and the author of “The Limits of Power: The End of American Exceptionalism.”

Middle East

イスラエルとパレスチナとの戦争である。中東情報がいよいよ大切になった。

お勧めの情報サイトである。東京財団の主任研究員佐々木良昭先生のサイトである。http://www.tkfd.or.jp/blog/sasaki/

Fake Privatization 130

2000年に、なんと八年前にカナダで報道された、ニュージーランドの民営化政策の失敗についての記事である。http://www.commondreams.org/views/081500-106.htm

Gekko Kamen 2

A Happy New Year

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。当ブログも、毎日書くことは出来ませんが、微力ながら、着実に、市場原理主義の虚妄についての議論を続けて行きたいと思います。コメントもお寄せください。また、気に入りましたら、友人・知人の皆さんにもご紹介ください。

I wish you a Happy New Year 2009. This blog is coming to you from Tokyo, Japan. This blog discusses problems of the new liberalism and market fundamentalism which swayed and almost destroyed the world stability and order during the past decades. Much appreciated if  readers could leave comments. Please introduce  to your friends and acquaintances about views and opinions of this blog from Tokyo. Last but not least I sincerely pray for the Peace on earth.

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

興味深いリンク