構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Corrupt Postal Privatization 7 | トップページ | Market Fundamentalism »

Market Fundamentalism- Ugly brothers of Four

当ブログではなかなか遣わない表現であるが、市場原理主義が猛威を振るったときのときめく権力者の語録としては興味深い。宮内義彦氏については、もう十年ほど前に、テレビで, 地方で食えなければ東京に出てくればいいとの発言があり、暴言だと感じた記憶がある。ただし、いつ何のテレビの時間であったかが定かではないので引用が出来ないのが残念である。下記は、当時のネット上の書き込みに残っていた表現である。奥田氏についても当時の役職である。

[<<<<<格差拡大4兄弟>>>>>

「格差が出ることは悪いとは思わない。成功者をねたんだり、能力のある者の足を引っ張ったりする
 風潮を慎まないと社会は発展しない」
  (小泉純一郎 第89代内閣総理大臣)

「競争が進むとみんなが豊かになっていく」
  (竹中平蔵  第3次小泉改造内閣総務大臣)

「格差があるにしても、差を付けられた方が凍死したり餓死したりはしていない」
  (奥田 碩   日本経団連会長 トヨタ自動車会長)

「パートタイマーと無職のどちらがいいか、ということ」
  (宮内義彦  規制改革・民間開放推進会議議長 オリックス会長) ]

|

« Corrupt Postal Privatization 7 | トップページ | Market Fundamentalism »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/43699747

この記事へのトラックバック一覧です: Market Fundamentalism- Ugly brothers of Four:

« Corrupt Postal Privatization 7 | トップページ | Market Fundamentalism »