構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Positive Commentary | トップページ | Protest 2 »

Protest against the apparent intervention of internal affairs

規制緩和や民営化などの市場原理主義の問題が、国内で議論されるようになったが、それに危機を感じたのか、アメリカの生保協会の声が上がった。市場原理主義がすっかり退潮に向かう中でアメリカにも残党があり、日本の簡易保険を圧殺しようとした動きの中で、日本国内の走り使いの連中が糾弾されようとする渦中での動きである。かんぽの宿で糾弾されようとしている規制緩和の推進者を応援しようとする声明のように見える。日本の文化を良く知るものであれば、こうした逆なでするような露骨な応援発言はしないものだが、そこはアングロサクソン特有の強圧と露骨さである。生保協会会長の名前は、小泉元総理とも官邸の会見で郵政民営化を主張して、新聞のコラム、特に動静欄に掲載されていた御仁である。内政干渉はやめろと抗議しておきたい。Please stop the intervention of internal affairs, that is the one of the principles of international law among the civilized nations.

ワシントンから直送のこんな記事の配信を受けて、日本の新聞、特に地方の新聞が記事を書いているのだ。外国関係者の日本のマスコミに対する支配、内部干渉にも反対する。

以下、共同通信のマスコミ関係者にワシントンから直送流布される情報のコピーである。今までこうした配信があることすらご存じない、日本のマスコミ関係者もきっと多いと思う。日英両語で書かれている。なんだか、占領軍の司令文書のような趣である。こんなものがあると、資料をご送付いただいた同志に感謝する。

英文では、日米両政府とはなっていない。貿易代表部が良くやったと書いてあるだけであるが、日本語では日米両政府となっているのも特徴である。都合のいい翻訳である。

「規制改革で日米両政府を称賛  米生命保険協会
PR33172
☆共JBN 外0038(産業、保険)(09・1・15)
【産業担当デスク殿】33172
◎規制改革で日米両政府を称賛  米生命保険協会

【ワシントン15日PRN=共同JBN】米国生命保険協会(ACLI)は15日、「規制改革および競争政策イニシアチブ」(以下「規制改革イニシアチブ」)など「成長のための日米経済パートナーシップ」に基づく成果に関し日米両国政府を称賛した。
 ACLIのフランク・キーティング会長は「規制改革イニシアチブへの両国政府の関与の度合いと成果は目覚ましいものがあり、多くのことが達成された。しかし、まだ多くの重要な問題が残っており、特に株式会社かんぽ生命保険に民間生命保険会社との競争拡大が認められる前に公平な条件を確保することが必要である」と語った。
 ACLIのコメントは過去8年間に日本の改革が前進したことを示す最近の米通商代表部(USTR)の概要報告(「日本の改革政策は前進、まだ重要な作業は残る」、トレードファクト2009年1月号)に対してなされたもの。規制改革イニシアチブが2001年半ばに発表されて以来(そして実際に数十年続くのだが)、米政府は日本市場の一層の開放、ビジネス環境の改善、米企業にとって公正な条件整備を目指して幅広い規制改革問題に関し日本と集中協議を重ねてきた。両政府の改革の約束は毎年の「日米両国首脳への要望書」で明確にされた。ごく最近の要望書(2008年7月5日公表)の中で日本政府は「郵政金融機関の事業範囲を拡大するには常に公平な競争条件を確保すべきである」と認めた。
 キーティング会長は「われわれは日本政府の確約を評価し、そして当然のことながら市場が発展するにつれてそれらの約束を守ることを期待する」と語った。米政府の日本に対する直近の勧告には、郵政の保険と郵政銀行業務は厳密なグローバル・ベストプラクティスに基づいた規制を行い、他の市場参加者と競争するためにこれらの業務の拡大が認められる前に公平な競争条件を確保する要請が含まれている。
 USTRは保険・金融サービスの分野で規制改革イニシアチブのハイライトとして以下の成果を挙げた。
 *銀行経由の保険商品販売の完全自由化。
 *民間保険商品とその他金融商品販売で郵便局ネットワークへのアクセス拡大。
 *郵政銀行・保険業務を規制して他の認可金融機関と同じベースに置き、これまで規制されてこなかった保険組合を中央政府の監督下に置く措置を通じて、より健全な銀行・保険市場の公平な条件を整えるために現在進められている活動。
 *金融規制の透明性を高める措置の実施。
 米国生命保険協会(ACLI)は首都ワシントンを本拠地とする業界団体で、353の会員企業は米国生命保険業界の総資産の93%、保険料の93%、年金掛け金の94%を占めている。ACLIの会員企業は生命保険と年金保険に加えて、401(k)を含む年金、長期介護保険、所得補償保険、その他退職・金融保護商品、再保険を提供する。ACLIの公開ウェブサイトはwww.acli.comからアクセスできる。
(了)

▽問い合わせ先
George Burke of the American Council of Life Insurers,
+1-202-624-2412,
georgeburke@acli.com
ACLI Praises Work of USTR, Calls for Continued Engagement
PR33172

WASHINGTON, Jan. 15 /PRN=KYODO JBN/ --

    The American Council of Life Insurers (ACLI) congratulated the U.S. and
Japanese governments for achievements under the U.S.-Japan Economic Partnership
for Growth, including the Regulatory Reform and Competition Policy Initiative
("Regulatory Reform Initiative").

    "The two governments' engagement level and achievements under the
Regulatory Reform Initiative are remarkable, and much has been accomplished,"
ACLI CEO & President Frank Keating said.  "A number of important issues remain,
however, not least of which is the ongoing need to ensure a level playing field
before Japan Post Insurance is allowed to expand its competition with private
sector insurance companies," he added.

    ACLI's comments came in response to USTR's recent publication outlining the
progress made on reform in Japan over the last eight years ("Reform Agenda with
Japan Yields Results; Important Work Remains," Trade Facts, January 2009). 
Since the Regulatory Reform Initiative was launched in mid-2001 (and, indeed,
for several decades running), the U.S. government has engaged Japan in
intensive negotiations on a broad range of regulatory reform issues aimed at
further opening the Japanese market, improving its business environment, and
leveling the playing field for U.S. companies.  Both governments' reform
commitments have been articulated in an annual "Report to Leaders" document. 
In the most recent "Report to Leaders" (released on July 5, 2008), the
Government of Japan acknowledged that "equivalent conditions of competition
should always be ensured in expanding the business scope of postal financial
institutions."

    "We applaud the Government of Japan's commitments, and, of course, expect
it to abide by them as the market evolves," said Keating.  The U.S.
Government's most recent recommendations include urging Japan to 'ensure that
postal insurance and postal banking services are held to strict global best
practices for regulation and that equivalent conditions of competition are
achieved before expansions in these services are permitted in competition with
other market participants'.

    In the insurance and financial services area, USTR cited the following
accomplishments as highlights of the Regulatory Reform Initiative:

    -- Full liberalization of sales of insurance products through banks;
    -- Provision of greater access to the post office network for sales of
       private sector insurance and other financial products;
    -- Ongoing efforts to improve the playing field for a more sound banking
       and insurance market through actions to regulate postal banking and
       postal insurance businesses on the same basis as other licensed
       financial institutions and to bring under central government
       supervision previously unregulated insurance cooperatives; and
    -- Implementation of measures to improve financial regulatory
       transparency.


    The American Council of Life Insurers (ACLI) is a Washington, D.C.-based
trade association whose 353 member companies account for 93 percent of the life
insurance industry's total assets in the United States, 93 percent of life
insurance premiums and 94 percent of annuity considerations. In addition to
life insurance and annuities, ACLI member companies offer pensions, including
401(k)s, long-term care insurance, disability income insurance and other
retirement and financial protection products, as well as reinsurance. ACLI's
public Web site can be accessed at www.acli.com.


SOURCE: American Council of Life Insurers

    CONTACT: George Burke of the American Council of Life Insurers,
             +1-202-624-2412,
             georgeburke@acli.com」


|

« Positive Commentary | トップページ | Protest 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/43761807

この記事へのトラックバック一覧です: Protest against the apparent intervention of internal affairs:

« Positive Commentary | トップページ | Protest 2 »