構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Who is killing the local communities? | トップページ | Structural Destruction »

Who is kiling the local communities? 2

岩崎芳太郎氏の、地方を殺すのは誰かとの著書を紹介したが、当ブログはご恵贈を受けた。それには、挨拶状がついている。市場原理主義や構造「改悪」の理不尽について、端的に説明する、地方の経営者がしたためた切々たる情熱を秘めた文章となっているので、紹介したい。

「ご挨拶

 小泉・竹中構造改革という名の亡国的失政により、多くの地方の企業家が金融機関に潰されていく中で、いわさきグループはなんとか何回かの危機をギリギリのところで凌いで今日まで生き残ることが出来ました。実際、長信銀不要論が喧伝され、長信銀三行が次々に破綻・消滅していった時、日本型他人資本主義の破壊を米国エスタブリッシュメントは狙い、仕掛けてきているのではないかとの予感と不安はここまでドンピシャリに当たるとは思いませんでした。しかも、ここまで完璧に彼等の思惑通りになってしまうと、アンごろサクソンとユダヤのリーダーたちの戦略的思考力やインテリジェンスパワーが日本人のリーダー達のそれより遥かに優れている事が、再び実証されたという妙に冷めた定款を持つとともに、多くの知識人とマスコミ人と官僚と一群の政治家が再三再四、いとも簡単に彼等の期待通りの役割を演じ、結果として米国のエスタブリッシュメントの手先として動くことに対して、日本人の一人として、怒りと情けなさを禁じえませんでした。一方、5,000人以上の社員を抱える企業の経営者としては、日々プラグマティストとして、時価会計やBIS基準や金融検査マニュアルや税効果会計や規制緩和や民営化などの名の下で起こるすべての外部環境の変化を現実のものとして受け入れて、経営していかねば会社は潰れてしまいます。「世界がどうだ」、「日本がどうだ」、「地域がどうだ」、「社会がどうだ」そんなことに係わるゆとりをもてるべくもなく、ひたすら、「負ければ賊軍」と己を鼓舞し、「個」の経営に徹せざるを得ませんでした。然るに皮肉なもので、具体的な「個」の経営の局面局面で、経営者としての責任感を自覚すればする程、逆に、所与のものである外部環境を改善するために、能動的にアクションする事も今の経営者は経営の一環とすべきなのではないかと感じるようになって、数年が経ちます。また、その思いはこの国の状況が日増しに悪化していくのを目の当りにし、より強いものになっていきました。そして、もうひとつ、それ以上に強く感じるようになった事は「他の誰かが、いずれ何かをやってくれるのでは」という期待を持つことは出来ないという失望感と焦燥感でした。

 2008年も年次改革要望書において、米国政府はアメリカ流金融資本主義に都合の良い構造にこの国のシステムを変えるべく「構造改革」「規制緩和」を日本政府へ要求しています。「レッセ・フェール」「グローバルスタンダード」「市場原理主義」「新自由主義」なんと呼ぼうが、こちらの論理に正当性が与えられ、その支持派が日本においてもマジョリティーである限り、この国の経営環境は、日本の地方の資本家や企業家にとって、公正な競争ができるものになるとは思えません。「個」の経営努力では限界を感じる日々が続いています。「負ければ賊軍」。歯医者となってから、ルールの不公正にクレームしても後の祭りです。『シュムペーターの期待する創造的破壊の役目を担うためにも負けるわけにはいきません。日本型資本主義が破滅しないためにも』そういう思いの中で出版した拙著であります。

 御一読賜り、御感想・御批判をどしどし頂ければ幸甚に存じます。

                                          平成21年1月吉日

                                            岩崎 芳太郎」

以上のあいさつ文であるが、新自由主義、規制緩和、構造改革の虚妄に敢然と立ち向かおうとする, 地方企業の経営者、岩崎芳太郎氏の今後の活躍と更なる発展を祈るばかりである。

著書は、まもなく書店の店頭に並ぶ。当ブログの読者にも一読を切に勧める。

|

« Who is killing the local communities? | トップページ | Structural Destruction »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/43766385

この記事へのトラックバック一覧です: Who is kiling the local communities? 2:

« Who is killing the local communities? | トップページ | Structural Destruction »