構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Corrupt Postal Privatization 51 | トップページ | Corrupt Postal Privatization 53 »

Corrupt Posatal Privatization 52

2月2日の参議院本会議では、自見庄三郎議員の代表質問があった。その概要の報道があった。http://www.chugoku-np.co.jp/NewsPack/CN2009020201000678_Detail.html

「自見庄三郎氏(民主・新緑風会・国民新・日本、比例)

 オリックス(グループ)が「かんぽの宿」を安く買い、運用か売却して巨額の利益を上げ、株価が上がると事前に知り得た人やファンドがあったのではないか。譲渡を白紙に戻すべきだ。

 オリックスの筆頭株主である信託銀行を介した疑わしい流れがある。同行は日本郵政公社の130兆円に上る旧勘定の管理業務を引き受けているが、監視しているか。」というものであるが、鳩山大臣の答弁をのぞいては、おざなりのものであった。信託銀行の件については証券取引委員会もノーマークであるとの答弁であり、疑惑がいよいよ深まることとなった。

参議院テレビの中で、自見庄三郎議員の演説の動画が掲載されているので、ご一覧をお願いする。http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/library/reference.php?page=1&cd=3021&tx_mode=consider&sel_kaigi_code=0&dt_singi_date_s=2009-01-05&dt_singi_date_e=2009-02-02&tx_speaker=&sel_speaker_join=A

|

« Corrupt Postal Privatization 51 | トップページ | Corrupt Postal Privatization 53 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/43939085

この記事へのトラックバック一覧です: Corrupt Posatal Privatization 52:

« Corrupt Postal Privatization 51 | トップページ | Corrupt Postal Privatization 53 »