構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Corrupt Postal Privatization 62 | トップページ | Corrupt Postal Privatization 64 »

Corrupt Postal Privatization 63

旧日本郵政公社が民営化前の2007年3月に売却した、鹿児島県指宿市の「かんぽの宿指宿」(簡易保険保養センター)の土地の一部が、4か月後に同市側に転売されていたことがわかった。

購入した不動産会社は土地・建物の全体の評価額を1万円としていたが、市側は、土地のわずか約5%を購入するだけで約1500万円を支払っていた。

 5日の衆院予算委員会で、民主党の川内博史衆院議員が明らかにした。

 日本郵政などによると、この「かんぽの宿」の土地は1万9422平方メートルで、東京都内の不動産会社が購入。07年7月、指宿市土地開発公社が市道拡幅のための用地として、この土地の一部1040平方メートルを不動産会社から1456万円で購入した。同公社では「評価額が1万円とは知らなかった」としている。

 この不動産会社は、「かんぽの宿鳥取岩井」(鳥取県岩美町)を購入後、1万円と評価しながら、地元の社会福祉法人に6000万円で転売していたことが判明している。

以上、2月5日20時44分配信の読売新聞ネットから。

|

« Corrupt Postal Privatization 62 | トップページ | Corrupt Postal Privatization 64 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/43965961

この記事へのトラックバック一覧です: Corrupt Postal Privatization 63:

« Corrupt Postal Privatization 62 | トップページ | Corrupt Postal Privatization 64 »