構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Corrupt Postal Privatization 66 | トップページ | Fake Privatization »

Corrupt Postal Privatization 67

伊東敏朗氏は間違いで、伊藤和博氏が正しい。伊藤氏は執行役で、常務執行役ではない。

ちなみに、伊東敏朗氏は旧郵政省出身である。

国会傍聴記by下町の太陽・宮崎信行なるブログからの引用である。

「かんぽの宿に関して大きな証言が出ました。

 参考人の西川善文・日本郵政株式会社社長は、

 かんぽの宿70施設+社宅9施設=79施設の一括(バルク)売却を担当した日本郵政の伊藤和博執行役・CRE部門資産ソリューション部長は、「三井住友銀行の関係者という縁で入ってもらった」と明言しました。「社長なので採用には直接かかわっていない」とのことですが、西川さんは元住友銀行頭取。日本郵政と旧住友銀行の密接な関係が浮き彫りになりました。

【追記2009-2-5 18時】

 初エントリーから6時間半ほど、「伊藤和博」さんのところに、「伊東敏朗」常務執行役の名前が入っていましたので、訂正します。これに伴い初エントリーの見出し「常務執行役」→「執行役」です。タイトルと内容を訂正します。冒頭に「(未定稿)」の文字を入れていたとはいえ、失礼しました。おわびします。 【追記おわり】

 伊藤さん本人は、住友行員ではなく、西川答弁によると、日本債券信用銀行(現在のあおぞら銀行)出身で、不動産会社で株式会社ザイマックス(港区赤坂1丁目1番1号というすごい本社所在地)などを経て入社。川内質問では、長谷工コーポレーションにも所属していたとのこと。

|

« Corrupt Postal Privatization 66 | トップページ | Fake Privatization »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/43966648

この記事へのトラックバック一覧です: Corrupt Postal Privatization 67:

« Corrupt Postal Privatization 66 | トップページ | Fake Privatization »